ヒメアカネ キイトトンボ イチモンジセセリ イヌビワの実

山小屋の番人

2019-09-08
花や樹木いろいろ
0 COMMENTS
 湿原を取り巻く 草むらに ヒメアカネがいた
   まだ黄色い 羽化後間もないオスのようだ
DSC_9436.jpg
  止まっている花のつぼみはヒヨドリバナ

 成熟すると赤くなる国内最小赤とんぼ(アカネ属)
DSC_9447.jpg
    成熟したヒメアカネについては  →  こちらを参照

DSC_9441.jpg
   トンボ目 トンボ科 アカネ属 
        ヒメアカネ Sympetrum parvulum 姫茜 
     東アジア・極東
     北海道・本州・四国・九州 
     丘陵や低山地の湿原・休耕田  成虫出現期 7月~12月
       19都道府県でRDBに記載

  キイトトンボもまだ飛んでいた
DSC_9408.jpg

 イネ科の草に停まっていたのはイチモンジセセリ
DSC_9544.jpg
  幼虫はイネツトムシとも呼ばれる稲の葉を食害する害虫でもあります。

 帰り道で見た イヌビワのまだ未熟な果実(イチジク状果)
DSC_9573.jpg
  なぜ和名に枇杷が付くのかわからないが、野生のイチジク

   バラ目 クワ科 イチジク属 
           イヌビワ Ficus erecta 犬枇杷
     本州関西以西・四国・九州・沖縄 
     落葉小喬木 9月~10月に熟す 
     食感も味もイチジクそっくりだがさほど甘くない
      イヌビワコバチが花粉媒介する、共生関係

  子供の頃 川岸によく生えており河原唐柿と呼んでいた
   物のない時代で見つけたら食べる子もいたが、
    しいて食べようとは思わなかった。 一応、味は知っている。
 ※唐柿(とうがき)イチジクの古い別名、
  岡山弁では今も使用  若者は知らないかも


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply