アカハライモリ 今では希少種

山小屋の番人

2019-08-03
ヘビやカエル魚貝など
2 COMMENTS
 高原のため池を覗くと 
     ぽっかりと 黒い影が浮かんできた、
  アカハライモリ
DSC_7579.jpg
  かつては ため池と言わず、用水路や野井戸や田んぼ周りの様々な水辺で見られた。
   カエルとイモリは子供時代の遊び相手だった

 イモリの黒焼きは惚れ薬だっていうのは江戸時代からの伝説、落語のネタだ
   今でも民間薬として販売されているらしい  怪しげなものだが・・・
    それほど身近な生き物だったということだろう
DSC_7589.jpg
  昔から単にイモリと呼ばれてきた 
    アカハライモリの生息地域には他種のイモリはいないそうだ

 赤い腹が見える  黒い斑の赤い腹アカハライモリの名前の由来
DSC_7609.jpg
  有尾目 イモリ科 イモリ属 アカハライモリ Cynops pyrrhogaster 赤腹井守
   本州・四国・九州  日本固有種
   繁殖法は体内受精 
   産卵は止水域 卵を一個づつ水草などに産み付ける
   ふぐ毒と同じテトロドトキシンを皮膚粘液に持つ
     環境省 準絶滅危惧
     岡山県 準絶滅危惧  27都県でRDBに記載
  
  ※毒は少量なのでほぼ問題ないが
    イモリを触った手で 目や口元などは擦らない方がいいだろう



スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

meru  

お腹が赤いのが見えて感動しました。
いつか会えます様に。

2019/08/05 (Mon) 04:09
山小屋の番人

山小屋の番人  

To meruさん

赤い腹があざやかです。
毒があるぞ という警戒色だそうです。
こっちではまだ山の池には残っています。
会えるといいですね。

2019/08/05 (Mon) 08:25

Leave a reply