ウスノキの赤い実 オオバギボウシにツマグロコシボソハナアブが 

山小屋の番人

2019-07-21
花や樹木いろいろ
0 COMMENTS
 雨が続いて、カメラをもって出られないので
   少し前の在庫から

 峡谷の沢沿いの道の辺
   岩場に樹高20㎝程の草のような樹木が群がって生えていた
 ぽつぽつと赤い実がついている
DSC_6447.jpg
  帰ってから調べてみた、 ウスノキというらしい
   5月頃黄緑色で釣鐘型の花をつけ7月頃赤い実がなる

 赤い実には五つの稜があり 先端がへこんでのようになるのでウスノキという
DSC_6448.jpg
  赤い実は食べられる、ナツハゼコケモモブルーベリーの仲間だそうだ

 茎は緑で毛が密生し、葉にも毛がある
DSC_6766.jpg
  ツツジ目 ツツジ科 スノキ属 
       ウスノキ Vaccinium hirtum 臼の木
   北海道・本州・四国・九州北部
   山地の日当たりのよい岩場に生育、樹高0.5m~1.5m

 地域により変異が大きいらしい、撮影地では樹高はほぼ20㎝しかなかった
  
 ウスノキの周辺には
  オオバギボウシの淡い薄紫の花が咲いていた
DSC_6494.jpg

 虫が来ていた  ツマグロコシボソハナアブだと思う
DSC_6465.jpg

 オスのようだ  オスは翅が褄黒でなく全体に黒っぽくなるという
DSC_6476.jpg
  ハエ目 ハエ亜目 ハナアブ科 
      ツマグロコシボソハナアブ Allobaccha apicalis 褄黒腰細花虻
   本州・四国・九州

 おまけはマンネングサの一種  
  渓流の道縁は黄色い花の絨毯だった
DSC_6430.jpg
  
 
 
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply