巨大な牙のコアシダカグモ 足長はザトウムシ

山小屋の番人

2019-07-20
昆虫以外
0 COMMENTS
 巨大な牙が不気味に光り 八個の単眼が二段に並ぶ
DSC_6398.jpg

 肢には特徴的な豹紋  おそらくコアシダカグモだろう
DSC_6422.jpg
 
 クモ目 アシダカグモ科 コアシダカグモ属 
         コアシダカグモ Sinopoda forcipata 小脚高蜘蛛
   本州・四国・九州 19世紀ころの外来種らしい、
   大型の徘徊性蜘蛛 ゴキブリ、バッタ、子ネズミなど小動物を捕食
  アシダカグモが主に屋内に生息するのに対して
  コアシダカグモは自然度の高い森林に生息する


 もう一つ変な虫
  ザトウムシ  おそらくヒコナミザトウムシではないかと
DSC_6269.jpg

 全体像がこれ  肢の長さは尋常ではない
DSC_6283.jpg

   ザトウムシについては  →  こちら


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply