カシルリオトシブミ ムナグロツヤハムシ オオメキバネハムシダマシ ヨツキボシカミキリ

山小屋の番人

2019-07-16
甲虫類
0 COMMENTS
 最近山道で見つけた小さい甲虫から

 イタドリの葉の上にいた 3mmほどの甲虫 ハムシかなと思ったが
 カシルリオトシブミ  オトシブミの仲間だった
DSC_5337.jpg

  よく見ると金属光沢が美しい
DSC_5423.jpg

  隣にいるのはアミメアリかな
DSC_5451.jpg
  甲虫目 オトシブミ科 アシナガオトシブミ亜科
             カシルリオトシブミ Euops splendidus 
    本州・四国・九州  出現期 4月~8月
    メスはイタドリ、ガマズミなどの葉を巻いて揺籃を作る


  黄色い甲虫がいた  ムナグロツヤハムシと思われる
DSC_5584.jpg
   触角が片方切れていた

 ウリハムシによく似ているが周囲の植生からムナグロツヤハムシかなと推測した
DSC_5590.jpg
  甲虫目 ハムシ科 ヒゲナガハムシ亜科 
          ムナグロツヤハムシ  Arthrotus niger 
    北海道・本州・四国・九州  出現期 4月~10月
    食草 ハンノキ、クワ、イタヤカエデなど
    黄褐色・赤褐色・黒など色彩変異が大きい


 ハムシのようでハムシでない それは・・・、
  オオメキバネハムシダマシという
DSC_6168.jpg

 ハムシに似ているがえらく毛深い   たんにハムシダマシともいうそうだ
DSC_6200.jpg
  甲虫目 ゴミムシダマシ科 ハムシダマし亜科 
          オオメキバネハムシダマシ Lagria rufipennis  
    北海道・本州・四国・九州  出現期 5月~10月 
    幼虫は朽木や落ち葉の下などで腐植物を食べて育つ


  黄色い条が派手なカミキリムシがいた
  ヨツキボシカミキリ
DSC_6362.jpg

  おそらくメス  オスは黄色部分が白っぽいらしい
DSC_6372.jpg
  甲虫目 カミキリムシ科 フトカミキリ亜科 
           ヨツキボシカミキリ Epiglenea comes 
    北海道・本州・四国・九州  出現期 5月~7月
    ヌルデ、オニグルミなどの枯れ木や衰弱木につく
 
 


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply