高原のキビタキ 渓谷のミヤマカワトンボ

山小屋の番人

2019-06-25
小鳥?(スズメ目)
0 COMMENTS
 吉備高原の雑木林を車で走っていると キビタキの声が・・・
  近い!  車を停めて耳を澄ます 
  注意深く辺りを見回す。  いたいた キビタキのオス
DSC_2960.jpg

 近くに巣があるのかな 
  初夏から声は繰り返し聞いてきたが 今季初の撮影だ
DSC_2968.jpg

 背後から
DSC_2974.jpg
  スズメ目 ヒタキ科 キビタキ属 キビタキ Ficedula narcissina 黄鶲 
    サハリンから日本列島中国の一部で繁殖、
    冬はフィリピンなど東南アジアで越冬
    日本では夏鳥 全国の山間部で営巣
      岡山県 留意種

       キビタキについては  →  こちらも 


 谷へ降りると渓流のほとりに ひらひら飛んでいるのは
   ミヤマカワトンボ オスです 
DSC_2936.jpg

 近くへ来た 国内最大のカワトンボ 
DSC_2945.jpg
  青い金属光沢 珍しく縁紋がないトンボ

 少し離れた草の陰に メスもいた
DSC_2957.jpg
   メスには白い偽縁紋がある 体色はあかがね色

  トンボ目 カワトンボ科 アオハダトンボ属 
              ミヤマカワトンボ Calopteryx cornelia 深山川蜻蛉
    日本特産種
    北海道南部・本州・四国・九州
    水のきれいな上流、渓流に生息

  ミヤマカワトンボについては  →  こちらなども


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply