シロヨトウヤドリヒメバチ ナミヒメクモバチ ノアザミ

山小屋の番人

2019-06-11
ハチの仲間
4 COMMENTS
 シロヨトウヤドリヒメバチだと思います
DSC_0285.jpg
 「シロヨトウ」に寄生するヒメバチの意と思えます。
   ただ国内には「シロヨトウ」と呼ばれるヨトウガの仲間はいません。
   似た名前ではクサシロキヨトウという食草がイネ科のヨトウムシがいるそうですが、
    関係はよく分かりません。  寄生蜂なのだから寄生主はいるはずですが・・・

 体長20㎜程の大き目のヒメバチ
DSC_0296.jpg
   葉の上を動き回っていた
  ヒメバチは寄生蜂で寄主であるチョウやガの幼虫か蛹に寄生し
    内部を喰い尽くして成虫が出てきます

DSC_0290.jpg
  ハチ目 ヒメバチ科 
     シロヨトウヤドリヒメバチ Spilichneumon ammonius 白夜盗寄生姫蜂
    詳細不明


  同じ場所でもう一つ 蜂を見つけた。
 ヒメクモバチの一種のようだ
  ナミヒメクモバチかな
DSC_0536.jpg

 ナミヒメクモバチは普通種のありふれたヒメクモバチだそうだが、私は初めて見た
DSC_0563.jpg
  ハチ目 クモバチ科 ムカシクモバチ亜科 ヒメクモバチ属 
             ナミヒメクモバチ Auplopus carbonarius 並姫蜘蛛蜂
    北海道・本州・四国・九州
    蜘蛛を狩る狩蜂 毒針で麻酔し、余分な足を切り取る
    草の葉裏に泥巣を作り、獲物の蜘蛛に卵を産み付け封印する

  多くのクモバチが土中に巣穴を掘るのに対して、
          ヒメクモバチは葉裏に泥巣を作る

 おまけ ノアザミの花
DSC_0594.jpg



スポンサーサイト



Comments 4

There are no comments yet.

青野孝昭  

シロヨトウヤドリヒメバチ、ナミヒメクモバチの写真、拝見しました。
素晴らしい写真ですね。同定については専門家ではないので断言できませんが、
よろしいのではないでしょうか。 
青野孝昭

2019/06/15 (Sat) 15:06

山小屋の番人  

To 青野孝昭さん

青野先生
ご訪問ありがとうございます。
草の上をせわしなく動き回るので少し追いかけるのが精いっぱいで、ピンボケの写真でお恥ずかしいです。
ヒメバチもクモバチも初めて見る種類だったので自信などなくて恐る恐る発表したものでした。

2019/06/15 (Sat) 19:25

himesijimi  

シロヨトウヤドリヒメバチ・・・

こんにちは・・・
蜂は酷似したものが多く、種名に窮してます。

2019/06/22 (Sat) 16:22
山小屋の番人

山小屋の番人  

To himesijimiさん

私も自信ありません。
間違っていたら教えてくださいね。

2019/06/23 (Sun) 18:19

Leave a reply