猛毒 ヒメツチハンミョウ

山小屋の番人

2018-04-13
甲虫類
3 COMMENTS
 この時期は季節の変化が速いので
    花も虫もちょっとサボるとすぐに季節外れの写真になってしまいます。
 賞味期限切れすれすれの写真から
 ヒメツチハンミョウ♀だと思います
 ツチハンミョウの仲間はオスの触覚の形状で判別できるのですが
   メスの触覚は目立った違いがないのが何種かいるようです。
 ツチハンミョウカンタリジンという猛毒成分を持っています
   見付けても下手に触らぬようご用心
 翅は退化して飛べません
  大きな腹部で5000個もの卵を産みます
 孵化した幼虫はハナバチにとり付いて巣に運ばれ、
      ハナバチの卵と蓄えた蜜や花粉を食べて育ちます
 正面顔が何だか不気味に見えてきます
  ハンミョウは全く別の種の昆虫です。
 ツチハンミョウハンミョウについての蘊蓄は  →  こちらでも
  甲虫目 ツチハンミョウ科 ツチハンミョウ属
             ヒメツチハンミョウ  Meloe coarctatus 姫土斑猫
    本州・四国・九州
スポンサーサイト



Comments 3

There are no comments yet.

ぶるーびー  

No title

こんにちは。
ハンミョウは、過去に2度見て、その美しい色に
感動しましたが、これは危険なのですね。
頭はアリのようで、何だか不思議な姿ですね。

2018/04/13 (Fri) 15:16

山小屋の番人  

No title

> ぶるーびーさん
有難うございます。
ハンミョウは鋭い顎を持っていますが毒はないですね
ツチハンミョウはベジタリアンですが毒の塊のような虫です

2018/04/13 (Fri) 22:04

hanakanne  

No title

日本の虫で猛毒を持つツチハンミョウが居ることさえ知りませんでした。
どの様な場所に居るのでしょうか!

2018/04/15 (Sun) 07:00

Leave a reply