冬の葦原はオオジュリンの楽園

山小屋の番人

2018-01-30
小鳥?(スズメ目)
0 COMMENTS

 葦の茂みで小鳥が飛び回っています


 冬の葦原といえばオオジュリンです


 葦の茎をついばんで中の虫を探しています


 縦じま模様がくっきりと


 オスの夏羽は頭やのどが黒いのですがノビタキと同じで擦り切れて黒くなります

 喉の黒さが見えはじめています

 これはホオジロ♀ですね ホオジロは葦の穂を食べていました




  スズメ目 ホオジロ科 ホオジロ属 
             オオジュリン Emberiza schoeniclus 大寿林
   ユーラシア大陸北部で繁殖、冬は南部やアフリカで越冬
   国内では、北海道、東北で繁殖し、本州以南で越冬
    一部の都府県で 絶滅危惧Ⅰ類・Ⅱ類 準絶滅危惧 などに指定
 
   夏羽は頭が黒くなるがその前にいなくなるので、ここではまず見られない
 


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply