スケバハゴロモ 白い幼虫

山小屋の番人

2017-08-13
虫いろいろ
4 COMMENTS
 渓流沿いの草むらに白い綿毛のようなものがたくさんついています
  動いています  生き物です  スケバハゴロモの幼虫です

 一匹だけを見ると 尻の方からたくさんの毛が出ています

 ヒゲは蝋物質の分泌物で触ると簡単に取れてしまいます

 成虫がいました

 スケバハゴロモの名はこの透き通った翅にちなんでいます

 セミやウンカと同じカメムシ目の仲間で、針状の口を刺して汁を吸います
  少し前に紹介したベッコウハゴロモは同じ仲間です

            ベッコウハゴロモは  →  こちら
         以前の スケバハゴロモは  →  こちら など
 
 
スポンサーサイト



Comments 4

There are no comments yet.

pierootoko  

No title

貴重なシャッター
情熱頭を垂れます

まとめ写真集出版されていないのですか
であれば
是非
出版社へのapproach願います

2017/08/13 (Sun) 20:13

山小屋の番人  

No title

> pierootokoさん
有難うございます。
恐れ入ります、
そんな大したものではないです
気まぐれお爺の道楽ですから
気に入られたらまた覗きにおいでください

2017/08/13 (Sun) 22:04

くろうさぎ  

No title

なんですか、この昆虫の幼虫は・・・びっくりと同時に感心しています。けったいな形。
なぜこのような形になったのでしょうかね~? やっぱり不思議で興味深いです。ナイス

2017/08/15 (Tue) 09:18

山小屋の番人  

No title

> くろうさぎさん
有難うございます。
変わってますよね
何のためかはわかりませんが一部の昆虫には蝋成分を分泌するものがいます
昔はある種のカイガラムシの分泌物を「戸滑り」と呼んで敷居に無っていましたね

2017/08/15 (Tue) 09:55

Leave a reply