台風一過 タカは飛ばず ツマグロヒョウモン マルウンカ スカシダワラ ヤマトムカシハナバチヤドリ ツルリンドウ ケアクシバ

山小屋の番人

2016-09-21
ハチの仲間
2 COMMENTS
 台風16号は南寄りのコースを通過したので
             我が家の付近では大した被害なく済みました
   たくさんの地域で大変な被害が出ました
     お見舞い申し上げます
 今日は台風一過 タカの渡は見られるかと見に行きましたが
      全く見られませんでした 
    東日本がまだ荒れ模様のようですね
 そういうことで   在庫から 虫などを
 交尾するツマグロヒョウモン
 マルウンカ テントウムシではありません
  マルウンカについては  →   こちら
 これはマユです スカシダワラ(透かし俵)と呼ばれています
  正体はあの白髪太郎クスサンです、中に蛹が見えます
  クスサンヤママユガの仲間なので網状の繭も絹糸に似た成分ですが
                            糸は採れません
   昔は幼虫のお腹を裂いてテグスを作ったそうです
 ヤマトムカシハナバチヤドリといいます 
 ハチ目 ミツバチ科 ヤマトムカシハナバチヤドリ Epeolus japonicus
  アシブトムカシハナバチに寄生するそうです
  ツルリンドウが咲いています
 赤い実はケアクシバです
 ツツジ科 スノキ属 ケアクシバ 毛灰汁柴
     Vaccinium japonicum Miq.var. ciliare Matsum. ex Komatsu
  落葉小低木 西日本に分布
  東日本に分布するアクシバの変種
 参考 ケアクシバの花         2011/6/25 撮影
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

chat bleu  

No title

クスサンの繭,初めて見ました
面白いですね
ナイス☆です。

2016/09/22 (Thu) 08:11

山小屋の番人  

No title

> chat bleuさん
有難うございます
こんなスケスケの繭で天敵から身を守れるのか不思議ですがこれも進化の妙でしょうか

2016/09/22 (Thu) 08:48

Leave a reply