アゲハの天敵アゲハヒメバチ 

山小屋の番人

2016-08-31
ハチの仲間
0 COMMENTS
 近頃 ハチにも興味を向けるようにしていたら
                橙色の綺麗な蜂を見つけました

 アゲハヒメバチというそうです
DSC_1564.jpg

 長い触角 背中の尖がりや腹部の串団子のような体節
DSC_1597.jpg

 アゲハチョウにだけ寄生する寄生蜂だそうです
DSC_1611.jpg
 
 体長は18㎜程度
DSC_1638.jpg

 ハチ目 ヒメバチ科 アゲハヒメバチ Holcojoppa mactator 揚羽姫蜂
 
 アゲハチョウを飼育したことのある人にとってはよく知られた蜂のようです

 ヒメバチ科寄生蜂のグループで、
    アゲハヒメバチはアゲハチョウ科にだけ寄生するそうです
 アゲハの幼虫(一齢でも終齢でも無関係)の体内に卵を産み付け、
 アゲハが蛹になるまでは一齢のままゆっくり育ち、
   蛹になると急速に内部から食べ尽くして成虫にまで育って、
              蛹の殻を食い破って出てくるそうです
  
  宿主が幼虫の間は生命維持に直結しない生殖組織などを食べながら、
        蛹にまで成長するのを待つというのは何とも不気味です

  ヒメバチ科は国内で1500種以上、世界では15,000種が知られており、
  100,000種以上が生息していると推定できるそうです

  他にも繭に寄生するコマユバチ科や狩人蜂の仲間など
   生きたままの宿主を体内から食い尽くして出てくる寄生蜂は多いようです

  地球の生命にとってこうした形態は珍しくないものの一つと言えるかも

  あの映画「エイリアン」の怪物の故郷は案外地球だったり・・・

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply