炎天下のコオニユリ チダケサシ

山小屋の番人

2016-07-25
ユリとヒガンバナ
0 COMMENTS
 強烈な日差しを受けて コオニユリが開きました


  炎のような色です

  よく似たオニユリは野生化したものもありますが、
  栽培品種(食用ユリ根)として奈良時代に渡来したものだそうです
  多量のムカゴが出来ますが、種子はできません(3倍体)
   ※オニユリは苦みがあり、現在ではコオニユリを改良した栽培品種が
    食用ゆり根として広まっているそうです

 コオニユリは自生種と考えられているようです、種子が実ります、

   コオニユリも球根は食用になるそうですが、
      むやみに採取しないで保護したいですね
 ユリ科 ユリ属 コオニユリ Lilium leichtlinii 小鬼百合
  全国の草原や林縁

   コオニユリについては  →  こちら


 コオニユリの咲いた近くに 淡いピンクの花が咲いていました


 チダケサシ です
 ユキノシタ科 チダケサシ属 チダケサシ Astilbe microphylla 乳茸刺
  本州・四国・九州  湿原、湿った草原や林縁 
    岡山県では標高400m以上の高原で見られる 
  チダケというキノコを茎で刺して持ち帰っていたことから名付けられたという
  細くて丈夫な茎が特徴ということ
 
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply