裏山のエビネとキエビネ ムカシヤンマにも会えた

山小屋の番人

2016-05-05
トンボ
2 COMMENTS
 エビネの咲く季節になりました

  裏山のたった一株の自生地を確かめに行きました

 綺麗に咲いています

 6年前は花茎が2本の小さい株でした
  ここまでになると見つかるなよと嬉しくもあり心配でもありです

   ごく普通の地味な地エビネなのですが 谷間にあるとはっとします




 別の谷ではキエビネも無事に咲きました

  これも大きな株になると 心配が増えます

 キエビネエビネより姿も花も大きくて黄色も鮮やかなのでよく目立ちます




 山道の岩の崖に トンボがいました

  細長い縁紋に黒い目玉はムカシヤンマです  ♂です

  側の水の滴る崖で育ったのでしょう

 これもオスですが、羽化して間もないようです 縁紋の色がまだついて無い

 コンクリート吹付の断崖にへばり付くようにとまっていました

 これも羽化して間もないけど メスです


 このメスは色もしっかりして 一人前です


 全体にまだ羽化して間もないようで、交尾産卵の期は熟していないようです

  高い所でじっとしている奴ばかりです


  トンボ目 ムカシヤンマ科 ムカシヤンマ属
                ムカシヤンマ Tanypteryx pryeri 昔蜻蜒
   日本固有種  東北以南の本州・九州  なぜか四国にはいないらしい
    幼虫は谷間の水の滴る崖の苔の中に穴を掘って生活する
    成虫になるまでに3年を要する 綺麗な水に棲み環境の変化に弱い
   岡山県 留意種  全国22都府県でRDBに記載
  

スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

han*no*r*kazen*k*ori  

No title

裏山ですかいいですね。
市内で自生のエビネまだ見たことがありません。
あるんですね。

2016/05/05 (Thu) 20:58

山小屋の番人  

No title

> han*no*r*kazen*k*oriさん
有難うございます
もし近くで見つけることがあったら、掘って持ち帰るなどということはしないで自生地を保護してほしいですね

2016/05/05 (Thu) 22:45

Leave a reply