ミサゴ 抱卵はじめる

山小屋の番人

2016-04-23
タカとハヤブサ
4 COMMENTS
 山道の 新緑の枝のぽっかり開いた隙間に ミサゴの巣が見えました
  すでに抱卵に入っているようです



 交代する親鳥のペア



  抱卵中の親鳥


 抱卵中の野鳥の巣を撮影することは、慎むべきことですが

  天然のブラインド状態の中でわずかの隙間から撮影を試みました

 このフィールドは 毎年3~4個のミサゴの営巣があり 観察を続けています

 巣立ち直前まで撮影は控えているのですが わずかな隙間からこっそり撮りました

  この隙間もすぐに新緑に覆われてしまうでしょう

   ヒナが出た頃こっそり覗けるところが欲しいのですが

     親鳥にプレッシャーをかけないことが第一です 無理はできないです


スポンサーサイト



Comments 4

There are no comments yet.

東北の温泉バカ  

No title

そんな優しい心が大事ですよネ!!
この世界、追いかけ過ぎの人も多いので。

2016/04/23 (Sat) 12:39

鳥撮りいっぽ  

No title

こんばんは!
ミサゴの巣貴重ですね!
猛禽は人が近づくとすぐ営巣放棄すると聞くので
ストレスを与えないようにするのが
大事ですね!
僕もミサゴの巣を一つ知ってますが
今年はまだ行けてないです

2016/04/23 (Sat) 20:08

山小屋の番人  

No title

> Kenちゃん
有難うございます
プレッシャーにならないよう深追いしないことを心がけているつもりですが・・・
無事に巣立ってくれればと思います、
ちょっとだけ見せてほしいなとも

2016/04/24 (Sun) 00:04

山小屋の番人  

No title

> 鳥撮りいっぽさん
有難うございます
鳥のことを第一に考えないとね
他に丸見えの巣もあるのですよ、
ただここの倍ぐらい離れた距離で見るのですが、
遠いのでミサゴは全く気にしてなくていいのですが、撮影には遠いです
これからはその巣をメインに観察を続けようと思っています

2016/04/24 (Sun) 00:13

Leave a reply