ミツマタ考  馬酔木 木五倍子 檀香梅 小葉の三葉躑躅

山小屋の番人

2016-04-03
花や樹木いろいろ
8 COMMENTS
 アセビ(馬酔木)の白い花が咲いています

 ツツジ科の常緑低木で庭木にもされますが、有毒なので要注意です

   キブシ(木五倍子)も咲き始め

  キブシ科 キブシ属 キブシStachyurus praecox  木五倍子
   北海道・本州・四国・九州  落葉低木
   日本固有種  染色原料のフシ(五倍子)の代用にしたのでこの名が付いた


 コバノミツバツツジも咲いていました

  この辺りの里山では一番よく見るツツジです

 黄色い花はダンコウバイ(檀香梅)です


 檀香ビャクダンの漢名 枝を折ると芳香がするそうです


 ダンコウバイは幹の節から直接房状に花を付けます

  よく似た花にアブラチャンがありますが、
    アブラチャンは節から花柄が出てその先に房状の花を付けます
      アブラチャンについては  →  こちら  

 クスノキ科 クロモジ属 ダンコウバイ Lindera obtusiloba 檀香梅
  本州(新潟・関東以西)・四国・九州に自生 落葉小木 庭木にも利用


 杉林の谷に黄色く丸い花を付けた小木が


 ミツマタの花です

 ジンチョウゲ科の落葉低木 製紙原料として有名です
   各地で自生していますが 元は栽培していたものらしい

 前にも紹介しましたが 同じジンチョウゲ科のコショウノキ 

  コショウノキについては  →  こちら



 ジンチョウゲ科 ミツマタ属 ミツマタ Edgeworthia chrysantha 三椏 三枝
  中国中南部・ヒマラヤ原産 奈良時代ころに渡来か
  必ず3本に分枝するのでミツマタと呼ばれる

  古代には三枝と書いてサキクサ、のちにサイグササエグサと呼ばれ
   にも使われるようになった、ではミツエダと読むこともある

  最古の文献は 万葉集、柿本人麻呂の和歌に歌われている

  春されば まず三枝(さきくさ)の 幸(さき)くあれば
           後にも逢む な恋ひそ吾妹  (『万葉集』10巻-1895) 

    サキクサは「三つ」に掛かる枕詞でもある
   
 ミツマタ製紙原料として文献に登場したのは江戸時代の直前1598年だそうだ
 それ以前は観賞用だったとの説があるが、
              製紙に使わないはずがないという人もいる

 古代から和紙の原料としてはガンピ(雁皮)とコウゾ(楮)が利用されてきた
 ガンピで漉いた和紙を斐紙と呼び珍重していたそうだ
  ガンピミツマタと同じジンチョウゲ科の落葉低木なので
   古代では識別しなかったのではという意見もある

 江戸時代 ミツマタは 栽培は容易だが繊維が弱く 
     品質の劣るものとされコウゾなどに混ぜて使われたらしい

 明治政府ガンピを主原料に紙幣を製造しようとしたが、
       ガンピは栽培が難しく必要量が確保できなかった
 苛性ソーダを使う新製法によりミツマタから上質の繊維が得られるようになり
 日本の紙幣ミツマタを主原料にして、製造され、世界に誇る品質となっている

 手すき和紙の原料としてはミツマタコウゾも激減しているが
 紙幣の原料として栽培するので生産量はミツマタコウゾよりずっと多いそうだ
 ミツマタは島根・岡山・高知・徳島・愛媛・山 口で契約栽培されている

  岡山県の山でよく見るのは栽培放棄したものや
    栽培地から種が飛んで野生化したものだと思われる

                (一部ウィキペディアなどから引用)

スポンサーサイト



Comments 8

There are no comments yet.

東北の温泉バカ  

No title

こちらもキブシの花が咲き、タテハ蝶の
仲間たちが見られるようになりました。 「ナイス」

2016/04/03 (Sun) 12:43

山小屋の番人  

No title

> Kenちゃん
有難うございます
森の木にも花が咲きました

2016/04/03 (Sun) 20:06

chat bleu  

No title

山のお花,すてきですね
いつもブログを拝見させて頂くことを楽しみにしています。
ナイス☆です。

2016/04/04 (Mon) 07:30

山小屋の番人  

No title

> chat bleuさん
有難うございます
樹にも草にも花が咲いています

2016/04/04 (Mon) 20:31

、  

No title

おはようございます。
春ですネ♪
色々たくさんの花が咲いて、
撮るのが楽しいですネ♪
ナイス!

2016/04/06 (Wed) 06:50

山小屋の番人  

No title

> ヒデッチさん
有難うございます
いろんな花が次々に咲いて撮るのが大変です

2016/04/06 (Wed) 22:10

こよみちゃん  

No title

こんにちは。
私は山の中で育ちましたので野山を駆け巡るとこのようなお花は普通に咲いてました。
でも、名前ははっきりと知りません。
「キブシ」って言う名前なんですね、、、かんざしと呼び
頭に挿して遊びました。
郷愁いっぱいの心で帰りますm(__)m。

2016/04/07 (Thu) 10:25

山小屋の番人  

No title

> こよみちゃん
有難うございます
私も子供の頃は勝手に名づけて遊んだものです
キブシはほんとに揺れる花かんざしですよね

2016/04/08 (Fri) 07:32

Leave a reply