セトウチホトトギス

山小屋の番人

2015-09-20
ユリとヒガンバナ
4 COMMENTS
 久しぶりにセトウチホトトギスを見ました
 タカの渡を見に行って知り合った地元のバーダーTさんのお宅の裏庭です
  道路のほとりに沢山あったのをヤマジノホトトギスと思って
  一株持ち帰ったそうですが、毀れ種が芽吹いたりして大きな群落になっています
  裏庭と言っても雑木林につながる山裾の斜面はほとんど自生地と同じ条件
 ヤマジノホトトギスによく似ているが
   花柱の部分にも紫の斑点があり 花被片の基部に黄色い斑点がある
  花期が9月半ばから10月中旬で、
   ヤマジノホトトギスの花が終わった後に咲く
 Tさんは私の話を聞きセトウチホトトギスではないかと思い
  見せてくださいました 間違いなくセトウチホトトギスです
  元生えていた場所の周囲を見に行ったら、
    様子が変わって一株も無かったそうです
     道端の雑草と看做されているので保護は難しいですね
      一方で愛好家からは注目の花らしい
  貴重な株になってしまったので、できれば周囲に広がり増えてほしいです
 ユリ科 ホトトギス属 セトウチホトトギス Tricyrtis setouchiensis 
                     瀬戸内杜鵑草
   〔近畿・中国・四国・九州〕の一部(瀬戸内沿岸)
    葉腋に散房花序をつける  
    一部の県で絶滅危惧  

  
スポンサーサイト



Comments 4

There are no comments yet.

fwi*606*  

No title

繊細で綺麗ですね。瀬戸内海周辺で見られるんでしょうか。

2015/09/21 (Mon) 17:30

山小屋の番人  

No title

> fwi*606*さん
有難うございます
瀬戸内沿岸の県にあると解説されていますが
近くに自生地はなくなりました

2015/09/21 (Mon) 21:20

S-Bird  

No title

ホトトギスも色々種類があるのですね。葉っぱも家のホトトギスとは違って艶もありそうです。
絶えることなく増えていってほしいですね。

2015/09/23 (Wed) 10:44

山小屋の番人  

No title

> S-Birdさん
有難うございます
なんとか残ってほしいと思いますが、どんどんなくなっているようです

2015/09/23 (Wed) 18:38

Leave a reply