スジグロチャバネセセリ?  ウラキンシジミ  ゴマダラカミキリにコフキコガネ

山小屋の番人

2013-06-27
甲虫類
16 COMMENTS
  ヒイゴ池湿地で見たものの中にこんなのもいました
 
   スジグロチャバネセセリではないかと

    スジグロチャバネセセリなら 環境省、岡山県ともに 準絶滅危惧
 
       よく似たヘリグロチャバネセセリというのもいるそうですが、私には分かりません
 
 
   ここにも ウラキンシジミがいました

 
 
   ノハナショウブにはゴマダラカミキリ

 
   葉陰でも  忙しい最中 あは(^^;)

 
 
  コフキコガネは黄金色のコガネムシ

 
     なんだかんだ言っても  いろいろいますね
 
 
スポンサーサイト



Comments 16

There are no comments yet.

東北の温泉バカ  

No title

鳥枯れの時期でも、被写体には困りませんね。
ヒイゴ池湿地は、優れた自然環境ですネ~!!

2013/06/27 (Thu) 22:22

ほうづき  

No title

色々な虫たち、元気よく動き回っていますね。ナイス!

私は写真に撮って、名前を調べて楽しんでいます。
名前を調べるのに、時間がかかってしまいます。
難しいです。

2013/06/27 (Thu) 22:27

向日葵  

No title

ホントにいっぱい色々といますね~♪

ここは昆虫たちの楽園かな(*^_^*)

2013/06/27 (Thu) 23:24

山小屋の番人  

No title

Kenちゃん
有難うございます
野鳥に会いたいです・・・
ここは良い所ですよ

2013/06/28 (Fri) 07:16

山小屋の番人  

No title

ほうづきさん
有難うございます
私も同じです
今は、ネットで検索するといろんなことが調べられるので便利になりましたね

2013/06/28 (Fri) 07:20

山小屋の番人  

No title

向日葵さん
有難うございます
野鳥の集まる環境ではないですが、虫にとっては楽園かも

2013/06/28 (Fri) 07:22

野鳥太郎  

No title

本当ですね。 こうしてよく観察すると、実に色々な生き物が見れますね。
それだけ豊かな自然が残っているということでしょう。 素晴らしいです!
こういう場所が一杯増えると良いですね。
ナイス!

2013/06/28 (Fri) 07:36

sakaku  

No title

今年は蝶の発生が早いのでもう出てるようですね。
スジグロかヘリグロのどちらかでしょう。
表の模様を見ないことには判断できない難しい蝶です。しかもたった1ヶ所で黒い色があるかないかですから。
♂のスジグロは性票があるので簡単ですが、写真は♀なので翅開かない限り写真では無理ですね。

2013/06/28 (Fri) 08:24

ancolie  

No title

きれいですね~!ナイス♪
ゴマダラカミキリは見かけたことありますが、珍しいセセリやシジミチョウです。コフキコガネはほとんどみかけなくなったような。。。

2013/06/28 (Fri) 12:21

山小屋の番人  

No title

野鳥太郎さん
有難うございます
こんなところは少なくなりました
いつまでも大切にしたいですね

2013/06/28 (Fri) 19:48

山小屋の番人  

No title

sakakuさん
有難うございます
sakakuさんに解からないものが分かるはずもありませんね

2013/06/28 (Fri) 19:53

山小屋の番人  

No title

あんこりさん
有難うございます
そうですね
コフキコガネも最近は少ないですね

2013/06/28 (Fri) 20:48

えみこちょ  

No title

ウラキンシジミ・・・こちらでは幻の蝶です。
ほんとに羨ましいです。
素敵なものを見つける目も、うらやましい~!

2013/06/28 (Fri) 22:20

山小屋の番人  

No title

えみこちょさん
有難うございます
私などはまだまだ初心者です、
えみこちょさんには何度もご教示頂きました
皆さんに支えられてものを見る目も少しづつ鍛えられたのだと思います
これからもよろしくお願いします

2013/06/28 (Fri) 23:38

中米コスタリカの野鳥ガイド  

No title

サムネイルが虫に占拠されていたので、びっくりしました。ひょっとして鳥がいないのでしょうか。今日訪問した複数のブログで、ご自身のフィールドに鳥がいないと嘆いておられました。営巣、子育てを考慮しても、極端に鳥影が少なくなることなどコスタリカではありえないので、不思議に思います。もっとも、他の被写体もいますから、息抜きにはいいのかもしれませんね。スジグロチャバネセセリはお目目がパッチリ、翅の葉脈のようなしっかりした模様も素敵ですね。ナイス!

2013/06/29 (Sat) 03:11

山小屋の番人  

No title

ツユキさん
有難うございます
野鳥がまるっきりいなくなった訳ではないんですが、営巣、子育て中なのと
山の緑が一番繁る頃なので見えにくく、撮影困難なだけですね
オオルリ、キビタキ、ウグイス、ホトトギスなどは声は今でもよく聞こえます、
池や水路にはカイツブリやバンの親子がいます、
アオバズクやブッポウソウは子育て中を見ることができます
一番見えにくい時期ですが、そのうち紹介しますね

それに虫や花も今でないと見れないものが沢山出るときなのですよ (^^;)

2013/06/29 (Sat) 04:46

Leave a reply