猛毒 斑猫とは  ハンミョウ と ヒメツチハンミョウ

山小屋の番人

2012-06-30
甲虫類
18 COMMENTS
 ハンミョウです

         漢字で書くと 斑猫  鮮やかな模様
 
     大きく凶悪な感じの大あご

                     見るからにハンターですね
 
          甲虫目 ハンミョウ科 ハンミョウ
 
 ところで斑猫という言葉を調べてみると
  古代中国の神農本草経集注という書物に出て来るらしい
  猛毒の虫で毒や薬として利用されたようだ 暗殺の毒としても使用されたらしい

  日本ではいつ頃から使われたか定かではないが、
      平安後期には毒虫としての斑猫が知られていた
  江戸時代の初めに「本草綱目」と言う中国の百科事典のような書物が伝えられたときには
  日本で斑猫と呼ばれるものは別の虫であるがやはり有毒だと信じられていた
 
     実はハンミョウにはまったく毒はない 
  
  中国古来の猛毒の斑猫とは何だろう
    芫菁(ゲンセイ)とも呼ばれるこの正体は
      ハンミョウとは全く別の
               甲虫目 ツチハンミョウ科 キオビゲンセイ という虫だ
 
    ツチハンミョウ科の虫は 致死量30㎎カンタリジンという猛毒を体内に蓄えている
          キオビゲンセイは日本には居ないらしい
 
   日本にもいる  ツチハンミョウ科の ヒメツチハンミョウがこれだ

  攫んだりすると黄色い体液を出す、皮膚に付くと水泡が出来たりただれたりする
 
   体内にカンタリジンを持っているので干して粉にすると殺傷力のある毒が出来るかも
  
中国の斑猫が正しく伝えられていたら 
   戦国時代から江戸時代に沢山の暗殺が成功して
    日本の歴史は変わっていたかもね
  
  ヒメツチハンミョウは飛べない虫だが 
     ツチハンミョウ科マメハンミョウは大豆などの害虫で
      大量発生することも有るようで要注意
 
 
スポンサーサイト



Comments 18

There are no comments yet.

東北の温泉バカ  

No title

これはキレイ!!、宝石ですよね。

2012/06/30 (Sat) 20:53

山小屋の番人  

No title

東北の温泉バカさん
有難うございます、
綺麗ですよね

2012/06/30 (Sat) 21:32

マンボウ  

No title

ツチハンミョウですか!Σ(゚ρ゚;) 珍しいのがいましたね。MFにもいるらしいので、ここ数年探していますがまだ会えていません。良いね!☆

2012/06/30 (Sat) 21:37

山小屋の番人  

No title

マンボウさん
有難うございます、
偶然見つけたのですが、あとで、触らなくてよかった~~(^_^)v

2012/06/30 (Sat) 21:47

sakaku  

No title

良く調べましたね、自分も10年前に調べたです。
「猫」はミョウとも読みますが、虫に関係する意味は出てこなかったです。
漢字でハンミョウハ「斑猫、斑蝥」と書きますが「蝥」はボウ、ミョウと読み、根切り虫をを意味します。
マメハンミョウは毒があり、中国では漢方に使われてたようです。
元々マメハンミョウに「螌蝥」の字が当てられてたようで、斑蝥・螌蝥=斑猫として同じ熟語だとしてあったです。
今ではどんな書物を参考にしたか覚えてませんが。調べた結果がこんなんでした。

2012/06/30 (Sat) 22:08

山小屋の番人  

No title

sakakuさん
有難うございます、
自分で原典から調べたのなら自慢できますが、解説文の受け売りです (^^;)

2012/06/30 (Sat) 22:11

あまがえる  

No title

俳句では 斑猫も使いますが
みちおしえ(道教え)の方をよく使います

2012/06/30 (Sat) 22:25

山小屋の番人  

No title

あまがえるさん
有難うございます、
ミチオシエはソフトで優しい呼び方ですよね

2012/06/30 (Sat) 22:59

野鳥太郎  

No title

ハンミョウ、綺麗ですね。
私は見た覚えがないのですが、地域性でしょうか?
中国では、猛毒をもつハンミョウの仲間がいるんですね。
こういう虫が猛毒を持つ必要は、何のためでしょう?
毒と聞くだけで、ちょっと恐いです^^;

2012/07/01 (Sun) 08:08

山小屋の番人  

No title

野鳥太郎さん
有難うございます、
ハンミョウとツチハンミョウはまったく違うものなんですよ
猛毒を持つのはツチハンミョウです
ハンミョウは本州以南に広く分布するようで都市部でも公園や神社の境内など開けた所にいます、人が近づくと2mほど飛んで逃げることを繰り返すのでまるで道案内をしているように見えます

2012/07/01 (Sun) 08:25

ancolie  

No title

毒と聞いてドキっとしました。日本には猛毒を持つハンミョウはいないと聞いて一安心しました。
ハンミョウもヒメツチハンミョウも見たことありませんが、後者には注意が必要ですね。覚えておかなくては・・・。ポチリ♪

2012/07/01 (Sun) 11:05

山小屋の番人  

No title

あんこりさん
有難うございます、
ハンミョウは毒はありませんがツチハンミョウは毒がありますよ
と言っても噛んだり刺したりはしません、

2012/07/01 (Sun) 12:32

まめわらびー  

No title

ハンミョウ、美しいですね。ポチ☆
やはり正面からよりも背後から撮りたい虫さん(笑)。
ヒメツチハンミョウは初めて遭遇した時にはびっくりしました。
何千個も卵を産む生態といい不思議がいっぱいです。

2012/07/01 (Sun) 22:06

山小屋の番人  

No title

まめわらびーさん
そうですね、背中で語る奴です
ヒメツチハンミョウはとても不思議な生態ですね

2012/07/01 (Sun) 22:17

えみこちょ  

No title

ハンミョウの色が青っぽいですね。MFのものはもう少し赤みがかっています。地域によってちょっと違うのかも?
とってもキレイですね!

毒の話、面白かったです。勉強になりました!

2012/07/02 (Mon) 20:59

山小屋の番人  

No title

えみこちょさん
有難うございます、
ハンミョウの色はカメラの色再現性の違いかも、

毒の話はヒメツチハンミョウを撮ったので、講談などに出て来る斑猫の毒について考えてみました

2012/07/02 (Mon) 23:45

夢子ちゃん♪  

No title

こんなに綺麗なのに毒虫?って思ったら濡れ衣なんですね
ええ迷惑やなぁ^^
ハンミョウに汚名をきせたのはなんでやろね

2012/07/04 (Wed) 17:51

山小屋の番人  

No title

ゆめこさん
古い時代に中国から入ってきた言葉には間違って伝わったものが沢山有りますね
斑猫もその一つでしょう、遣唐使の誰かが実物を持ち込んだことが有ったのかも
国内にも斑猫がいないかと探したんでしょうね、誰かが間違えたんですね
マメハンミョウにたどり着いたら正解だったのにねえ

2012/07/04 (Wed) 19:13

Leave a reply