峠の山小屋Ⅱ

マミジロハエトリ ヤブラン キンミズヒキ

 マミジロハエトリの正面顔 大きなぎょろ目が何となく可愛い  マミジロの所以の目の上が白いのはオス 獲物を見つけ、跳びかかって仕留めるハエトリグモは目が特に発達している  大小合わせて4対8個の単眼を持つ 江戸時代には 獲物を襲う様子が鷹に似ていると、  座敷鷹と呼ばれ愛玩用に飼育されたそうだ  マミジロハエトリの蘊蓄については  →   こちらや こちらに ヤブランの花が咲いていた キンミズヒキも...