峠の山小屋Ⅱ

ユウシュンラン再び  ナガバタチツボスミレ

 先日、ユウシュンランの初撮りを紹介しましたが、  雨も降って、短時間で数枚撮っただけだったので、  天気のいい日に改めて探して見ました          この前の記事は  →   こちら  落ち着いてよく見ると 点々と林床に白い花が見えました 今回の写真はすべて別個体です     全体に白い花の唇弁に口紅の様な赤い筋模様   この花を「清楚」と見るか「妖艶」と見るか 不思議なランです たくさんの...

フデリンドウ 

 “CRCエラー”というのがあります  2TBのHDDが認識できなくなって、あわてました   最近の撮影分が全部だめになったかと冷や汗が出ましたが、    1週間以上かかって、何とか主なファイルを救出できました (^^;)        こまめにバックアップをしないと大変なことになりますね その中から 先日撮った フデリンドウです 虫は マダラコシボソハナアブでしょうか このように見るとリンドウその...

オオルリ やっと会えた

 オオルリは10日ぐらい前から声は聴いていました やっと撮れました ボケボケだけど  いろいろ声は聞こえてきます   今日はコマドリも鳴いていました キビタキの声も聞こえました       なかなか撮るのは難しいですね...

シハイスミレ ナガバノタチツボスミレも

 シハイスミレにもいろんなタイプがあるようです 丘の上の日当たり良好の所で見つけたシハイスミレ  葉はとても小さい  白っぽい花も 伸びてきた葉が立ち上がっています、葉裏は当然紫褐色  これらが標準のシハイスミレと思っていたら 明るい林床で これもシハイスミレ? 最初 ヒナスミレ?と思ったのですが  シハイスミレでした  葉が大きく長いですね この色が好きです 長い距が 上に反っています  同じ区...

発見! ユウシュンラン (^_^)v

 やや湿ったちょっと暗めの林床で見つけました 野生ランです キンランの仲間のようです、 ユウシュンランという蘭に該当するように思いますが、いかがでしょうか?   実際の草丈は8㎝ぐらいです チョット見た目はギンランに似ています ギンラン以上に葉が小さくて、従属栄養の従属度が高いと思われます  環境省RDBではユウシュンランはギンランの亜種という扱いになっています 暫定的にユウシュンランとしておきます...

春の里山 探鳥会 

 今日は地元の探鳥会でした 里山と周囲の田園を一回り  桜は散りましたが春の里山は花いっぱいです アケビの花 大きいピンクの花が雌花 小ぶりなのが雄花 コバノミツバツツジは満開 里山を紫に染めています  雄しべが10本あります 東日本に多いミツバツツジは雄しべが5本です ウグイスが 大きな声で囀っています  囀りがだいぶ上達しています 足元にスミレの群生があります ノジスミレと思ったのですが  側...

ツリスガラ 初見

 枯れた葦の茂みに小鳥がいます  オオジュリンかと思ったらちょっと違う ツリスガラ!  私には初めての出会いです \(^o^)/ 過眼線が茶色いのはメスでしょう (オスは黒い過眼線) 葦の茎をはがして虫を探しています スズメ目 ツリスガラ科 ツリスガラ属 ツリスガラ  過去には珍しい迷鳥とされていたが、  1970年代から九州を中心に西日本で越冬する個体が見られるようになった   岡山県 準絶滅危惧 ...

エンレイソウ

 エンレイソウです     カタクリの花を見た後にそばの谷間で見つけました 3枚の大きな葉が輪生し、小さな花が1輪 3枚の萼片、花弁は無し、6本の雄蕊、先端が3裂した花柱  萼片の色は濃い紫褐色から緑色まで変化が多い  中国山地の標高1000m近い沢の近くでよく見たのですが、            標高400mの沢にも生えていました...

ご近所でカタクリ ヤマエンゴサク アマナ キバナノアマナ

 毎年見に行く「カタクリの里」の話をしていたら   年配の知り合いが「もっと近くにもあるよ」と教えてくれました 早速行ってみました 小規模のカレンフェルトのようなごつごつと石灰岩の露出した斜面に  ピンクの花が咲いていました 岩の間に 沢山のカタクリの花が散らばって咲いています 手入れのされていない 自然のままの岩山です   石灰岩の隙間に潜り込んだ球根は誰にも取れないのでしょうが    地元の一...

ヒナスミレ タカオスミレ

 ヒナスミレは峡谷の林床に咲くスミレです スミレのプリンセスだとか 葉の大きいシハイスミレのような感じですが、   シハイスミレは 日当たりのいい乾いた丘の上などに生えます ヒナスミレは湿り気の多いちょっと暗めの谷間が似合います  花を覗き込むと小さな甲虫がいます ハムシの一種でしょうか ヒナスミレも葉の裏が紫色になりますが シハイスミレより葉が柔らかいです  スミレ科 スミレ属 ヒナスミレ   ...

お昼寝青大将 ニホンカナヘビ 春蘭 タカハシテンナンショウ

 今回はヘビの写真です  見たくない人は パスしてください 林床に シュンランが咲き始めました  アオダイショウがお昼寝の様子 アオダイショウは南西諸島を除いた本土では最大の蛇です 全長約2m 物音に気付いてお目覚め まだ眠そう  相当な大物でした ニホンカナヘビも 動き出しています おまけは  タカハシテンナンショウ   高梁市の名前の付いたマムシグサの仲間です  ...

コショウノキ アブラチャン キブシ カマドウマ ヒシバッタ ベニチャワンタケ?

 谷を流れる風が芳香を運んできます コショウノキの花が咲いています  コショウノキはジンチョウゲの仲間でよく似た芳香を放ちます  薄暗い峡谷でこの香りを嗅ぐと嬉しくなります 黄色い花は ダンコウバイ? アブラチャンでした  アブラチャンとダンコウバイはそっくりですが       花柄があるのがアブラチャンです  クスノキ科 クロモジ属 アブラチャン 油瀝青 キブシの花も咲きました  右の花に止まっ...

トウゴクサバノオ オオマルバコンロンソウ シロバナネコノメ ヤマネコノメ

 トウゴクサバノオが咲きました   去年初めて知った花です   キンポウゲ科 シロカネソウ属 トウゴクサバノオ   宮城以南の本州、四国、九州に分布   岡山県・広島県 絶滅危惧Ⅱ類  谷川のほとりで ユリワサビかなと見過ごしていた花がちょっと違った これはオオマルバコンロンソウでは? 花は普通のアブラナ科の白花だが、 丸い葉(三出複葉)が変わっている   谷川沿いの道のほとりに 無造作にたくさん...