峠の山小屋Ⅱ

カワガラス 巣立ち

 巣立ち直後のカワガラスのおチビ 巣立ちと言えば かっこいいが  巣からポロリと落っこちたところ 朝から親が餌を見せながらも与えずに 出ておいでと 巣立ちを促していた  とうとう巣から落っこちて なんとか巣立ちです  おかあさーん!  おっとっと  元気いいから 羽が伸びたらすぐ飛べそう 広い世の中に出てきたどー わー!!!!!! お腹すいたよ~!   しばらくは親から餌をもらいます...

ホソミイトトンボ お目覚め  ルリシジミは羽化

 ぽかぽか陽気に誘われて   ホソミイトトンボが 冬眠から目覚めました  ホソミイトトンボは珍しく成虫で冬眠するトンボです   これからコバルトブルーに変身します    観察を続けて 美しい姿を紹介したいです ユリワサビの花に来た蝶はルリシジミかな  ルリシジミは蛹で越冬するので最近羽化したばかりのはず...

カタクリ ヤマエンゴサク ビロードツリアブ  

 カタクリが咲きました 昼過ぎ  日が当たるときれいに開きます  満開はもう少し先 2週間ぐらいは楽しめるかも  ユリ科 カタクリ属 カタクリ   西日本には少ないらしいが岡山県には石灰岩地帯に点在する   発芽から開花まで7~8年を要する ヤマエンゴサクも一緒に咲いています  ケシ科 キケマン属 ヤマエンゴサク   本州、四国、九州  一部の県で絶滅危惧Ⅰ類 ビロードツリアブが 蜜を吸いに...

春の花続々 ヒトリシズカ イチリンソウ アマナ ノジスミレ ナガバノタチツボスミレ 

 春らしくなりました 桜の花だよりも聞こえてきます ヒトリシズカが顔を出しています イチリンソウも アマナも咲きました 日当たりのいい道のほとりに スミレが咲いています ノジスミレ ナガバノタチツボスミレ  どっちもこの辺りではお馴染みのスミレです...

キジ にらみ合い

 キジが草むらでこっちを睨んでいます  キジも恋の季節です    ライバルが鉢合わせ しばらく続くにらみ合い 一触即発  この後ゆっくりと左右に分かれていった、...

ハイイロチュウヒ ノスリ そろそろ見納め?

 ハイイロチュウヒがブロッコリーの畑を飛んでいました  花に埋もれて   収穫後の畑は 赤いホトケノザと白いナズナの花盛り ノスリが   飛び立つ  カラスが追いかける  冬の間ずっと見てきた光景ですが そろそろ見納めかな ノスリは国内でも繁殖しているそうですが、    ハイイロチュウヒの故郷はシベリアです ...

3/20 イワツバメ初認  ジャコウアゲハのサナギ

 イワツバメが到着です 昨年はもっと早く来たと思うのだが、  気になって毎日空を見上げていました  昨日(3/20)午前11時過ぎ     毎年営巣する橋の上空に約20羽のイワツバメが現れました 小グループに分かれて周囲を飛び回っています 尾羽が短くてずんぐりと見えます  イワツバメです   イワツバメは普通のツバメより一足先に帰ってくるのですが         ツバメもそろそろ姿を見せる頃ですね 橋...

アオイスミレ ユリワサビ ワサビ ユキワリイチゲも

 今年の初スミレはアオイスミレです  なかなか咲かないのでやきもきしていました アオイスミレは春一番に咲くスミレの仲間です 丸い葉が葵に似ているというのですが ユリワサビが一緒に咲いていました 小さくてもワサビの仲間  本物のワサビはまだ小さな葉が出たところです あとひと月ほどで花が咲くと思います ここは いまユキワリイチゲも満開です 駐車場のそばの大群落    見つけても持ち帰らないようにね...

セリバオウレンと訪花昆虫 ユキワリイチゲ フキノトウ

 フキノトウが顔を出しています 谷間では セリバオウレンが咲きました  オウレンはキンポウゲ科の常緑多年草、生薬(胃腸薬)として有名   葉の形でキクバオウレン、セリバオウレン、コセリバオウレンの変種がある 虫が集まってきます   クロフトモモホソバエのようです  沢山の小さな虫がいます ハナムグリヨツメハネカクシの一種のようです     ニホンハナムグリヨツメハネカクシではないかと思います ユキ...

スズシロソウ ケスハマソウの赤花? アズマイチゲ ヤマネコノメ テングチョウ ハエ?

 急に暖かくなりました 谷を歩くと汗が・・・ スズシロソウの花が咲きだしています ケスハマソウは満開です 淡いピンクのケスハマソウ  白花しかないと言われていますが    ほんのわずかピンクがかったものも アズマイチゲが咲いていた ネコノメソウも     ヤマネコノメかな 花が咲くと 虫が来るのは自然なこと テングチョウは越冬からお目覚め アブと思ったら ハエのようです 何バエでしょう    ハエ...

冬に逆戻り ミヤマホオジロ オシドリ

冬に逆戻りしたような一日でした 寒波と言っても3月の10日だし、県北の中国山地ではないしと  タカを括って、高台へ行ってみた  のぼった途端にびっくりした    町内と言えども標高500mの高原は真っ白けの雪だった日陰では道も真っ白  ノーマルタイヤで行く道じゃないと すぐ引き返した 雪のない谷へ下りて一安心  路肩でミヤマホオジロが餌を探していた 他には何もいない、雪も舞っているし  諦めて帰っ...

ヤマセミ 今度はお嬢さん

確かこの辺りだったよなあ  この前いたのは 川沿いの道を上流へ 車を走らせていた あ!! いた!  番らしい2羽が 谷川を横切る電線に 並んでいる     車を止めて カメラを向ける    飛ばれた!    残った1羽にピントを合わせる ヤマセミの お嬢さん \(^o^)/   先に飛んだほうが 男の子だったのかな  オスは胸のあたりにうす茶色がある             この前会ったのはオスだった...

セツブンソウ 白花? イブキスミレは蕾

 セツブンソウがまだ咲いていた    全く管理されていない 野生のセツブンソウは か細く見える白い萼片 黄色い蜜腺(本来の花弁)青紫の葯が 美しい花だ 変わったセツブンソウを見つけた 葯が真っ白 白花?  素心と呼ぶらしい   相当珍しいようだ 一部の愛好家の間では珍重されているらしい これも白花   いつまでもひっそりと咲き続けてほしいね スミレはまだ蕾 おそらくイブキスミレと思う   暖かくな...

ケスハマソウは雪の中 ユキワリイチゲも

通行止めがやっと解除になったし、雨も上がって さあ北へ 川沿いの道を外れて、高原に差し掛かると    なんと!  あたり一面 雪 雪 雪    屋根も畑も真っ白け でも 前夜の雪ではない様子      おそらく しっかり積もっていた雪が        前夜の雨で あらかた溶けた 名残のようだ 目的の谷の入り口 お目当てのケスハマソウは雪の中でも咲いていた   濡れた葉の表面が短い毛に覆われているこ...

ヤマルリソウ 谷川のオシドリ

 今日 ウグイスの初音を聞きました  春は確実に近づいています谷間の崖に ヤマルリソウが咲き始めていました  ホソバナコバイモも花盛り 谷川で鳴き声がするので 木立の隙間から見下ろすと 真下にいました オシドリです つがいかな 枝の間を透かして見ると少し上流に群がいました オシドリは北日本で繁殖するそうだから あと少しで居なくなるのかな...