峠の山小屋Ⅱ

コンビナートのチュウヒ ハヤブサ

 チュウヒです 青空をバックに 悠々と飛翔しています 翼の裏も綺麗な色のチュウヒです 葦原の上を飛ぶチュウヒは絵になります 振り向くと コンビナートでした 大工場地帯の一角で・・・  ハヤブサも...

ツルシギ アオアシシギも

 ツルシギが アオアシシギと 一緒にいます  この前は1羽だけだったのですが 2羽になっていました    水浴び   水を飲むときは 上を向いて流し込みます       アオアシシギもつられて    いろいろ見せてくれました  春と秋の一時期だけですが、また 元気に戻ってきてほしいです   ...

コチョウゲンボウのお食事

畑の中にコチョウゲンボウが飛び込みました 足元に何やら白いものが・・・ スズメ!!!  あっという間に・・・ さすが狩りの名手獲物を踏みつけ 羽をくわえて 引っこ抜く引き抜いた羽根を 吐き捨て・・・   何度も繰り返し・・・ あらかた羽をむしると くわえて少し移動しました 羽根の散乱する 調理場から 食卓へ 運んだということらしいようやく食べ始めました しばらくすると 赤い肉の塊にしか見えなくなっ...

ホウロクシギ

少し前の画像ですが  ホウロクシギです よく似た ダイシャクシギは 翼の裏が白いので区別できます 日本に来る最大のシギだと聞いています 鳴き声はけっこうカワイイ  長い嘴を丸々泥に差し込んで エサを探しています この日はずっと2羽で行動していました 主にカニを食べています  泥を洗ってから食べるようです...

ホシムクドリ コチョウゲンボウ

ホシムクドリ 今年も来ました       5・6羽の群だった すぐ逃げられた (^^;) 一番大きな畑の真ん中に コチョウゲンボウ   この秋二度目の確認だった...

キッコウハグマ コウヤボウキ クチナガガガンボ ノコンギク センボンヤリ

 前回のセンブリの咲くところで 一番 沢山 咲いているのは 野菊の仲間です  ノコンギクでしょうか    野菊については似たものが色々あるのでよく分りません  林縁の半木陰に 可愛らしい花が咲いていました        キッコウハグマです    キッコウは亀甲 葉の形から    ハグマは白熊 白熊とはヤクの毛で作った白いふさふさしたものでお坊さんの払子や           大名行列の毛槍、歌舞伎...

センブリ イヌセンブリ ツルリンドウ

  センブリの花を見に行きました     先日 10月8日 咲き始めたセンブリを見に行ってから                10日余りが過ぎています                   この前の記事は  こちらです  センブリは満開状態ですが 相変わらず イノシシが掘り返して ぐちゃぐちゃ・・・    掘り返されたセンブリ生育地      前夜についたイノシシの...

高原のトンボ オオルリボシヤンマほか

  昨夜からの雨が続いています  昨日の写真の整理がまだできないので、       先日 高原の池で見たトンボです  アオイトトンボ オス  ホソミイトトンボ メス  オオルリボシヤンマ オス     オオルリボシヤンマは 夏に来た時には 池の上をすいすい飛び回っていましたが      速いので、カメラで追いきれなくて、悔しい思いをさせられました       役目を終えた 老熟のオオルリボ...

ジイソブ アカタテハ アケビ キイロスズメ ヤマラッキョウ

  ツルニンジンの花は ジイソブと呼ばれるそうです 爺さんのそばかすだとか  ツルニンジン    もうほとんど時期外れですが まだ咲いていました   キキョウ科です  高原の谷津田のそばには  オタカラコウの花に アカタテハが訪れています      オタカラコウは一部の県では絶滅危惧Ⅰ類だそうです  ベニシジミも来て 大きいのと小さいのが並びました  山道で見上げると アケビが熟れて ぶら下がって...

うつぶし(空五倍子)    ガマズミの実 フユノハナワラビ

  ふし(五倍子) またはうつぶし(空五倍子)と呼ばれるものがあります  ヌルデシロアブラムシがヌルデの葉に寄生してできた虫こぶです  葉の変形だからなのか、葉とともに紅葉しています          ふしは中が空洞になっているので うつぶしとも呼びます  タンニンを多く含み黒色染料やお歯黒の原料として古代より利用されてきた       インキや白髪染の原料にもなるそうです  平安貴族の 喪服の色...

やっと見つけたアキアカネ マイコアカネ アオモンイトトンボ ヤマトシジミ

  稲刈りの始まった 平野部の田園地帯で  今年初めての アキアカネを見つけた   アキアカネ  メス    トンボ目 トンボ科 アカネ属 アキアカネ     赤とんぼの歌に歌われた 日本を代表する、最も多く見られる(はずの)赤とんぼ     付近を探してもこの一頭だけだった     近年 アキアカネは激減している  温暖化の影響とか、米作農法の変化、     あるいは新種の農薬のせいとか いくつ...

アオアシシギ ツルシギ ハマシギ

  この前 台風が近づいて大荒れの日に  アオアシシギがあつまっていました     アオアシシギは旅鳥といっても夏と冬の一時期を除いて普通に見られるシギです  中に赤い肢のシギが・・・    ツルシギです     小さいシギはハマシギかな  ツルシギの冬羽です    チドリ目 シギ科 クサシギ属 ツルシギ     環境省 絶滅危惧Ⅱ類     日本では春と秋の旅鳥    たまに1羽か2羽を見る程度...

ハヤブサ チョウゲンボウ ミサゴも

  ハヤブサが青空に舞っています  チョウゲンボウが ホバリング  青空と白い雲のバックがいいという人もいるんだけど     チョウゲンボウが 小さくなるからどうなんだろう  ミサゴも ふわり 飛んできました ...

オニバス 異世界の妖怪植物

 まるで 妖怪?   オニバスの花でした      前回の タシギのいる 水を抜いた ため池の底です    スイレン科 オニバス属 オニバス       日本最大の一年生草本       環境省 絶滅危惧Ⅱ類       岡山県 準絶滅危惧     水があると 葉と花だけが 水面に見えるのですが     すべてが見えると まるで異世界の妖怪植物のようです   隣の水を満たした池で オニバスの葉の上に...

タシギ

  台風19号が日本列島を縦断中    我が家でも猛烈な風を経験しましたが、           幸いにも大した被害もなく遠ざかりつつあります    被災された方にお見舞い申し上げます    進行方向のお方はどうぞお気をつけてください在庫からタシギです    緑の葉は 枯れかかったヒシ  水を抜いたため池の底に 20羽以上の群がいました  水浴び   日本では冬鳥ということだが    田植の後にも...

ノビタキ

  ノビタキをこのフィールドで確認したのは10月1日でした  最近はたくさんのノビタキを見ることができます  ススキの穂で風に吹かれて  セイタカアワダチソウの花も咲いて  もうしばらくは楽しませてくれそう...

電柱にオオタカが! 

 電柱に トビではない何かの後姿が  ノスリ? でもない  オオタカ?  まさか  オオタカだ! 目が合った   オオタカは いつも 樹木の しかも中段に 隠れるようにとまっています     用心深いので 普通 電柱に止まることは ないです  飛び出した     まだ若者のようです        いつの時代も 変わったことをするのは 若者の特権?...

センブリ  ツルリンドウ サカハチチョウ

  センブリが咲きました   センブリは日本の三大民間薬のひとつ 苦味健胃薬として有名です    今は薬用は栽培されています  野生のセンブリは希少です、守っていきましょう    小さいものはこれで全草 10㎝ 以下     花が咲くのは 二年目です         花が咲くと 種を作って枯れます      センブリは 二年草です 発芽した年は 小さなロゼット状です              この...

赤い月 皆既月食

 2014/10/8 19:18  月に叢雲     もうずぐ皆既というときに うっすらと雲が覆った 2014/10/8 19:24    雲はほぼ消えたが まだ少しもやっと 2014/10/8 19:45  赤い月     周囲に星が瞬く  雲が綺麗に晴れた 追記 月の右側の明るい星が天王星だそうです...

ムナグロ

  畑の中に ムナグロの群が います    ざっと100羽以上     幼鳥は黄色みが強いというが  個体差も大きいらしい  冬羽の成鳥か 幼鳥かは 私には分からない    嘴に泥がついて         春と秋の一時期 お立寄りの旅鳥  ...