峠の山小屋Ⅱ

ダビドサナエ ミヤマカワトンボ アゲハモドキ イチモンジチョウ

  渓流に住むサナエトンボです    ダビドサナエ  メス      普通種だそうですが 3年ぶりに見た   ミヤマカワトンボも渓流のトンボです                       オス    翅を閉じたり広げたり        アゲハかと思ったら アゲハモドキという蛾でした     有毒のアゲハであるジャコウアゲハのメスに擬態しているそうです   ...

溪谷のカエル達  シュレーゲルアオガエル ヤマアカガエル? それとも・・・

  謎のランを見に行った谷で見たカエルです   葉っぱに止まっているのは シュレーゲルアオガエルです           緑の葉に同化しているつもりでしょうか              ちっとも逃げようとしない     突っついたらやっと動いた    アマガエルとの違いは アマガエルには鼻づらから鼓膜にかけて黒い筋があります     こんなところにも     シュレーゲルアオガエル...

謎のランはクモキリソウ?  サイハイランは咲き始め

去年の9月8日に、花が終わって結実したランを見つけました   そろそろ 花が咲くのではと気になって見に行きました  まだ花が咲くのは10日以上先のようです    クモキリソウの仲間のようですが、正体は不明     クモキリソウか ジガバチソウだと思うけど 花の時期に忘れずに見に来ないと  咲いている花が見たいと サイハイランの群生地を訪ねてみたら  咲き始めていたんだけどまだちょっと早かっ...

ヒイゴ池(続) トキソウがいっぱい ニホンアカガエル ゴホントゲザトウムシ  

  ヒイゴ池湿地にはトキソウの花が最盛期のようです    ラン科 トキソウ属 トキソウ       日当たりのよい原野、湿地にはえる 盗掘により減少           環境省 準絶滅危惧          岡山県 絶滅危惧Ⅱ類      花がトキの羽のような色だから トキソウ    ひげがいっぱいの顔         小さな虫がいます      小さなハナアブが 近づいて&...

ヒイゴ池湿地のトンボたち ハッチョウトンボ、フタスジサナエ ムカシヤンマ 

 そろそろハッチョウトンボの季節かと         ヒイゴ池湿地に行ってみました    まだちょっと早かったようで なかなか見つかりませんでした   探し回って オスが4頭だけでした  メスは1頭も見つからなかった                        10日後あたりがいい頃かな   ハッチョウトンボは体長18㎜  1円玉(20㎜)に隠れる小ささ   トンボ目 トンボ科 ハッチョ...

キビタキ レンゲツツジ フタスジサナエ

  キビタキは山に入るとすぐに声が聞こえてきます、(我が家からでも聞こえますが 山の中!)    もう子育て中だと思うのですが    緑の中に燃えるような橙色が鮮やかです    声も素晴らしいですよね     レンゲツツジも鮮やかな橙色です  ヤマツツジのような色ですが   栽培種の皐月のような大きな花がシャクナゲのように房咲になるので豪華です      ほとんどなくなりましたが、思わ...

空中散布 今年もやるそうです

  いつもの丘の入口から一番奥まった、キャンプ場の案内板の隅に張り紙がありました       やっぱり今年もやるんだ      松くい虫防除事業そのものを止めろと言っているのではなくて、     生態系に重大なダメージを与える空中散布だけは止めてほしいと言っているのですが     ダメなようです       もうここまで来ると 一日でも早く松くい虫が蔓延して松が...

カラスアゲハ ウスバシロチョウ

  白い花の皐月に ミヤマカラスアゲハが訪れました  カラスアゲハでした   強い日差しに黒い羽根がきらめいて 綺麗なんだが、 コントラストが強すぎて・・・  追記  翅の輝きが綺麗なのでうっかりミヤマカラスアゲハと思いこみましたが      sakakuさんのご指摘のとおり カラスアゲハでした         以前の記事の ミヤマカラスアゲハと 比べてみてください     前翅に黒い毛の筋があるのはオスの...

オオイトトンボとジュンサイ オグマサナエ ヨツボシトンボ ツマグロヒョウモン

  丘の池では オオイトトンボが成熟を迎えていました    オオイトトンボ オス  ジュンサイの船に乗って   一緒にいるのはハムシの仲間かな   ジュンサイと言えば栽培植物かと思ったら、      オオイトトンボ以上に多くの都府県でRDBリストに記載されていました    交尾  ハートマークが出来てますね   水草に産卵中   岩の上で一休みする オグマサナエ   環境省 絶滅危...

ブッポウソウ到着

  裏山にブッポウソウが到着しました   高い梢にペアがいました   飛んでいる方がオスでしょうか   求愛給餌 餌の虫をプレゼントします  仲がいいですね   右のオスが獲った虫を左のメスに与えています    巣に付くともっと近くで見られるようになります  追記     ブッポウソウの 過去の記事は これとか これとか      ついでに声のブッポウソウと呼ばれるコノハズ...

アオモンイトトンボ アジアイトトンボ セスジイトトンボ

  イトトンボを探しに郊外のため池に行ってみました               高原の池とはちょっと違う平野の池です   アオモンイトトンボ オス   アオモンイトトンボ  メス   橙色が濃いのは若く未熟なメスだとか    ちょっと成熟度が進んだ?  メス     トンボ目 イトトンボ科 アジアイトトンボ属 アオモンイトトンボ     面白い光景です     左はアジアイ...

エビネとキエビネ オオルリは梢で

  エビネがやっと咲きました    裏山の秘密の場所です  一株だけの自生のエビネ      株が大きく育つと嬉しいような 誰かに見つかって盗掘される心配もありで・・・        エビネなんかだれも見向きもしなくなるといいのですが        今でも市内で愛好家のエビネ展が開催されます  まだまだ油断は禁物です     キエビネも気になってもう一つの秘密の場所へ 行ってみ...

ある日のキジ

  キジが川原を歩いていた           がんばれー         相手が見つかったかどうかは?  ...

ハルゼミ ヨツボシトンボ

  松林でハルゼミが鳴いています            鳴いていたから  オスですね    松の若枝を昇ったり、降ったり    声はしても  まず見つからないセミですが、 慣れると見つけやすくなります      松林に住むセミなので、松枯れで生息地が減少しています                           多くの都県でレッドリストに記載されています     松が枯れていくとハ...

シオヤトンボ クロイトトンボ オオイトトンボ オグマサナエ フタスジサナエ

  丘の湿地と溜池の周りに、たくさんのトンボが飛び始めました   シオヤトンボ オス  白い粉を吹いています    春一番に出て来るシオカラトンボの仲間です      シオヤトンボ  メス     オスも羽化直後は同じような色です   クロイトトンボ  オス  色が濃くなりました     クロイトトンボのオスも成熟すると全身に白い粉を吹きます 今が一番綺麗な時       クロイト...

ヒメクロサナエ?  ラショウモンカズラ ヤマブキソウ 

  連休の最終日に 杉林の中を流れる細流のほとりで                  羽化して間もない早苗トンボを見つけました    今までに見たことのあるどのトンボとも違う 初めてのトンボでした     いろいろ調べた末 たどり着いたのが ヒメクロサナエ ですが 自信は全くない (^^;)     トンボ目 サナエトンボ科 ヒメクロサナエ属 ヒメクロサナエ     日本固有種で本...

クロイトトンボ  ニョイスミレ アリアケスミレ

  クロイトトンボが出て来ました    羽化後間もないクロイトトンボ オス   まだ色が出ていません     メスもいた   これも 羽化直後で色が薄い    多少色の付いたオス    クロイトトンボは 一番早く出てきて、一番ポピュラーなイトトンボです   周囲に花が沢山咲いていた   白いスミレと黄色い花はキジムシロかな    白いスミレは ニョイスミレと    アリアケ...

今年の初オオルリと 谷の花

  里山で夏鳥の代表と言えばオオルリとキビタキでしょうか   キビタキはこの前撮影できたので  今回はオオルリです   渓流の側で盛んに囀っていました   ライバルがいるようで谷の両側で鳴き合っていました   尾羽の白い部分がよく目立ちます  こんなに白かったかな    背中の瑠璃色もきれいです          歌っている姿を撮ろうとすると似たよう...

今年の初トンボはカワトンボ

  今年初めてのトンボは ニホンカワトンボ でした   橙色翅型のオス 未熟個体ですね           ニホンカワトンボの翅色のタイプについてはこちらもどうぞ   羽化後間もない未熟個体オス     今回のはどれも未熟個体でした 羽化が始まったところのようです   淡橙色翅のオスは翅脈が橙色   無色翅のオス 翅脈は黒い    淡橙色翅のメス    メスにはほかに無...

吾妻山 ダイセンキスミレ スミレサイシン エンレイソウ ボタンネコノメ・・・

  中国山地の中央部 比婆山系に吾妻山があります    標高1238mの山頂は広島県と島根県の県境です                南麓1000m付近にロッジやキャンプ場があります    前から一度行ってみたかったのですが、やっと行けました  エンレイソウが迎えてくれました   花弁がないはずのエンレイソウに花弁がある! 謎のエンレイソウ?      追記 花弁に見えるのは雄...