峠の山小屋Ⅱ

ウミアイサ 昼寝中でした

  ミコアイサを見に行ったので、ウミアイサも見たくなって   MFの隣の海辺に様子を見に行きました   毎年30羽ほどのウミアイサが越冬するところです   いましたよ、ウミアイサのオス  バックのぼやけているのがメス      20羽ほどいたのですが、あいにくみんなお昼寝タイム、 何とか目を開けているのを     やっとメスが 羽ばたいて      この後 また、居眠りポーズに戻っ...

巫女アイサと溜池の水鳥たち

  ミコアイサの来る溜池があります   久しぶりに覗いてみました      たくさん来ています    近寄ってきたのは 綺麗に冬羽に衣替えしたオス    この子は 換羽完了にはあと一歩かな?     ハシビロガモは集まってぐるぐる回りながら採餌中      オカヨシガモが目の前まで来た                      オス    キンクロハジロのオスはきかん気...

ウグイスとオシドリ

  裏山を川まで降りたところで  河原の枯れた葦の中を動く影   ウグイスです      目の前に出てきました                                  大きくなるよ     ウグイスは当然留鳥 でも今は「ホーホケキョ」とは鳴きません     地鳴きと言ってオスもメスも「ジャッ、ジャッ」と小刻みに鳴きます       ほとんど茂みの中から出てきません    ...

裏山の小鳥たちから メジロ ルリビタキ

  この前紹介したアカウソを撮った時に裏山で出会ったそのほかの小鳥からいくつかを   メジロは留鳥でいつでもいるお馴染     ルリビタキは裏山の冬鳥の代表ですが まだ人前にはあまり出てきません         幼鳥も同じような色ですが  これはメスかな      ルリビタキ  オス  成鳥      声だけ聞こえていたのがやっと出てきた       2月になるころには...

探鳥会の最後に キクイタダキ

  今日は「猛禽ランド」で今年最後の探鳥会でした   カモなどの水鳥を中心に冬鳥を探す会でした   あいにくの曇り空で、風も強く、見つけた鳥もお馴染の鳥がほとんどでしたが、約50種   目玉と言えるのは カンムリカイツブリとウミアイサ ぐらい    猛禽は トビとノスリ、遠くのハイタカの飛翔だけ、チョウゲンボウもコチョウゲンボウも見なかった    最後の最後に出会ったのがキクイ...

アカウソ?

  ひとまず雨が上がり、日も差してきたので久しぶりに裏山へ行ってみた   枝の向こうに何かいる!      ウソだ! ホントにウソだ  腹のほうまで赤い アカウソだろうか?     枝被りは残念だが、たしか2年ぶり やっと会えた  それもアカウソのようだ         木の実を食べに来たようです   なんという木だろう    やっとあまり被ってない所へ                ...

ミサゴ

   ミサゴが電線に止まっています       なんだか変?  ちんちくりん  尾羽がこんなに短かったかなあ       ミサゴは翼が大きいので 初列風切りが尾羽より長くてもおかしくないけど        なんかバランスが悪くない?   換羽途中で伸びきってないのかな      あっ 飛ばした!          お尻を持ち上げてもやはり短く見えますねえ     ちょっと前の写真から ...

冬のケリ

  ケリです      チドリ目 チドリ科 タゲリ属 ケリ    留鳥で主に関西~東海地方に多く、関東以北では少数、北海道では旅鳥、   九州では数少ない冬鳥        だそうですが    岡山県南部の田園地帯では 繁殖するし、冬にも普通にいます                          夏のケリはこれとか これとか    冬にはタゲリがやって来るので ケリはあまり注目...

コチョウゲンボウ オスにも会えた

  またまた 遠くのコチョウゲンボウですが、  今回はオス成鳥      霧雨のそぼ降る草原に ポツンと佇んでいました     コチョウゲンボウは今季のMFでは よく見る猛禽ですが オスの成鳥は 初見です       正面に回ったらちょっと近づけたかな        これだけでは寂しいので         最近の在庫から メス(タイプ)のコチョウゲンボウを             ...

ハヤブサ

  ハヤブサが飛び出しました      地上から飛び立ったので 小鳥を襲っているのではないのですが    驚いて逃げ惑う小鳥が 迫力満点ですねって ボケボケの写真ばっかりですが(^^;)     その5分後 狩りに成功していました     夢中で食べているのを見ると やっぱり   カワイイ ♪~          カワイイはハヤブサに失礼かな   でも・・・   追記 ...

ニュウナイスズメ

  田園地帯に群になって飛ぶ小鳥と言えば カワラヒワにアトリ、    そしてニュウナイスズメ  当然留鳥のスズメもいるけど    畑の辺の樹木にニュウナイスズメの群が来ました      木と電線と田圃の中を行ったり来たり      上の2羽がオスのニュウナイスズメ  下は普通のスズメ    女性上位の2ショット (古いなあ・・・)                上がニュウナイスズ...

アトリ 

 田園地帯に アトリがいました      50羽ほどの群です     田圃に降りて落穂を拾っているようです      ちょっとしたことに驚いて、近くの樹木に逃げ込みます    しばらくすると電線に整列       拡大してみた              おやおや 一番下にいるのはニュウナイ雀かな    スズメ目 アトリ科 アトリ属 アトリ    アトリ科を代表する鳥ですね ...

白いカワラヒワ

  最近 白いカラスが世間をにぎわせていましたが   白いカワラヒワです   20羽ほどのカワラヒワの小群を見ていたら あれ? 白いのがいるよ!      枝被りで、 重なっているし     翼の黄色い部分は残っているが後は真っ白のようだ          アルビノですかね  目が黒いから白化個体と言うべきかな     稀にあることなんだろうけど、昨今は、環境汚染によるものかもとか...

オオヒシクイ 

8日の午後から9日にかけて 全国的に大荒れの天気だったようですが   峠の山小屋にも初雪が降りました    朝には野も山も一面真っ白に雪化粧     朝日に会えばすぐに溶ける淡雪ですが 冬になりましたねえ    それはさておき、8日の土曜日は昼近くからウロウロしてもめぼしい成果はなく   夕方近く、帰路の途中、田圃の中に鴨のようなシルエットが一つ、    なんとなく気に...

コチョウゲンボウ アタック! 

   またまた 遠くにコチョウゲンボウがいます    超低空飛行の行先は     もう一羽のコチョウゲンボウ!     アターック!!     やられたほうは ビックリしたよう          どっちも  メスタイプのようだ      電線に止まった後姿  爪についた白い綿毛はアタックの結果?          それとも  小鳥を食べたのかな      少し離れて...

タゲリ やっとお近づきに

  タゲリが畑に降りていました   この前まで近づくと逃げていたのが 何とか少しお近づきに      背中が日光を浴びてメタリックに光っている    100羽以上いたはずが分散したのか約50羽の群だった    青緑に光る所が何とも言えず良いんだなあ      おまけでもないけど       お邪魔虫のハシブトガラスがやって来たのだが      下の嘴が折れているようだ これ...

コチョウゲンボウ 少し近づけた

コチョウゲンボウはこの前と同じ個体のよう     この前はこちらから   この前よりはお近づきになれた  でもまだ遠い  目いっぱいトリミングしています      メスタイプ  幼鳥かも    辺りを見回す    足場は枯草の塊かな     ブルブルッ    上空を見上げる  小鳥にとっては恐怖のコチョウゲンボウもオオタカなどは怖い天敵     飛び出し     (ブレブレだ~...