峠の山小屋Ⅱ

出穂  高原に秋の足音

おそらく日本で最も沢山栽培されている植物   それは  お米  出穂 文字通り穂が出ること  稲の花です     白いのが雄蕊の葯ですね  もうすぐ実りの秋     赤トンボの仲間  リスアカネのメス?   ちょっと待てよ     胸側の第1黒条が上縁に完全に届いている  ノシメトンボ? のようだ     昨年リスアカネを見た所だったから、そうかと思ったが ノシメトンボなら初撮り&nb...

真夜中の訪問者

真夜中の日付が変わる頃、窓にぶつかる大きな羽音   窓を開けると飛び込んできたのは大きなカミキリムシ   ミヤマカミキリ  日本最大級のカミキリムシです     クワカミキリでした ご指摘を頂き訂正します (^^;)        記念撮影の後  街灯の下まで お見送りしました    街灯の側の壁に張り付いていたのは      ヤママユです   大きい!  15~6cmはあるな&nbs...

昼下がりの水路にて

昼下がりの水路     クサシギが餌をついばんでいます      バンが近づいてきた          バン成鳥     カルガモ一家の お通りだ~   大きくなって親も子も区別がつかなくなった     カワウ  右の方は バン幼鳥 親に比べたら 色白だね     上陸した カワウ 濡れた翼を乾かしている  バンの若は餌さがし      初めからいる クサシギとバンの成鳥も...

セミとトンボ

セミが出てきた   先日のコノハズクの森ではヒグラシがいたが   近所のため池のほとりには、 ニイニイゼミに   クマゼミが         鳴かないと思ったらメスだった      クマゼミはニイニイゼミやアブラゼミに少し遅れて出て来るはずが、いきなり出た!       セミの成長は 春の気候によるとか、リズムが少し狂ったかな   トンボも      タイワンウチワヤン...

再度 コノハズク その2 褐色型も

赤色型の巣を別の角度から        谷の奥にいる褐色型のコノハズクも再挑戦に行くと              一か所の撮影ポイントを一人づつ交替で撮る      ちょっと離れて ほんとのピンポイントショット周囲の緑が被る    木の葉のわずかな隙間から        赤っぽく見えても褐色型です   ブナの枝には  何クワガタかは知らないけどクワガタのメスが   白い花は  ナツ...

再度 コノハズク  メス巣穴から顔を出す

あれから一週間     「メスが巣穴から顔を出した、しかもそのメスまでが赤色型!」  このニュースに、「どうする?」 「行く?」 「行こう!」      ご近所のお仲間で  行っちゃいました~  \(^o^)/    巣穴はこんな様子      いましたよ  コノハズク赤色型のメス    と言うことは、ずっと外の枝にいるのは、オスだったんですね~(^o^)      この視線の先に巣穴が...

アオアシシギ  クサシギ?

真夏のMF  久しぶりの見廻り  ヒバリとカラスとトンビばっかり   水路にもお馴染みさんが     カルガモ ダイサギ  シギもいる!      2種類いる  左後方の2羽は アオアシシギのようだ     手前の左右の2羽は  クサシギ? タカブシギではないようだが・・・      クサシギなら 旅鳥または冬鳥のはずだけど?         アオアシシギも このフィールドでは 冬鳥だ...

続々 コノハズク  百面相

コノハズク いっぱい撮ったので、  もう少しいろんな表情を           パーです                わかるかな、(^_-)            ブルッ            ...

暴風警報発令中 アオバズク大丈夫?

本日 暴風警報 発令中   終日、強風が吹きまくっています、   昨日の朝アオバズクの若が巣穴から出ていました。たった1羽だけ ??       1羽だけとは不自然、まだ兄弟が巣穴にいるのかな? それとも もう森の中?          尾羽がまだ短い、風切り羽も充分伸びてないようだ 飛べるかな?        雨が強くなったのですぐ引き上げたが、         今日は暴風雨...

続 コノハズク  赤色型と褐色型

「コノハズクは褐色型と赤色型があり、褐色型の方が多い」   図鑑などの解説にはこのようにある        珍しい方の赤色型のようだ                 「げんこつ やろか?」  にらんでる~!     少し離れたところにもう一羽いると言うので見に行った         こっちが褐色型だ      暗すぎて、  いまいちだが、 赤色型とははっきり違う        ...

ブッポウソウ  ヒナのお出まし

声のブッポウソウと言われるコノハズクの写真を整理していて   そう言えば、川上の谷のブッポウソウはどうしてるかなと気になって、   今日は久しぶりに覗いてみました。   ヒナが!  \(^o^)/       よく育っちゃって!  もうすぐ 巣立ちのようです    親は高い木の上で見守っていました    昔の人はこの鳥が「ブッポウソウ」と鳴くのだと勘違いしてブッポウソウと名付けたの...

コノハズク  初撮り

コノハズクに会いに山脈を越えてミニ遠征をしました。    フクロウ目 フクロウ科 コノハズク    体長 20㎝                  岡山県 絶滅危惧1類      「ブッポーソー」と鳴く鳥の正体  「声のブッポウソウ」と呼ぶ人もいる           あくび?   ご案内いただいたTさんお世話になりました...

チョウトンボ

チョウトンボがため池の上をひらひら飛んでいます  翅の輝きが美しいので何とかいい所を撮りたいと思ったのだけど        チョウトンボの翅は真っ黒なのだが 光の反射の具合で虹色に輝く      見ているときはもっと綺麗に見えたんだが        とりあえず今年の初撮り       トンボ目 トンボ科 チョウトンボ属 ...

ヒイゴ池湿地のトンボ  ヒメアカネ初撮り

  ヒイゴ池湿地に寄り道したときの写真から   主役のハッチョウトンボはギラギラの日を浴びて      これ実際の体長は 18mm  オス          写真に撮ると大きくしたくなるので、小ささが表しにくいねえ   メスも 同じ大きさ        地味と言えば地味だけど 味のある色だと思いませんか   やはり目立つのは ハラビロトンボですねえ        オスです   成熟し...

ダイサギ と ケリ

田んぼの中にシラサギが   チュウサギ!  と思って  カメラを向けたんだけど、 どうやらダイサギのようだ             純白のレースのような飾り羽が綺麗だなあ        チュウダイサギだな       その向こうにいるのはケリの家族かな      これは親鳥      これはこの春生まれた若鳥ですね     ほぼ同じポーズの成鳥      一目でわかる違いは...

高原のトンボたち と オオバノトンボソウ

高原の池にトンボを見つけに行きました   高原と言っても高々300m前後、吉備高原の入り口です、      キイトトンボ オス      キイトトンボ メス    シオカラトンボの交尾       アオイトトンボ メス      鮮やかな色!    アオイトトンボ  オス  羽化直後のようでまだ色が薄い       産卵するギンヤンマ     トンボはトンボで...

タンチョウ 10日目の雛 続編

たくさん撮ったので 続編です                         似たような写真ですが   走ってます    やっと追いついた    大人は足が速いから、  足元に気を付けて!    あっ! ずっこけた!    水浴びだ~    家族   いいなあ  ...

アオバズク  今年も来ました

今年も来たと聞いて逢いに行きました    2羽います  つがいと思われるけど  どっちがどっちだか?    タカなら大きい方がメスなのだけど    ちょっと大きくて堂々としている    少し小ぶりの、 宇宙人みたいなギョロメは、オスかも     フクロウ目 フクロウ科 アオバズク     岡山県 絶滅危惧Ⅱ類      2羽で見張り?  と言うことは 抱卵していない → ...

タンチョウ 10日目の雛

また「きびじつるの里」へ   ヒナは生まれて10日目になります   前回から 6日目  見違えるほどしっかりしている    親が捕ってきたのはドジョウのようです   岡山地方は昨日梅雨明け 今日は真夏の太陽がギラギラ     おぼれているのではありません  水浴びです     いい気持ち?     走る姿も、しっかりと    そんなに急いで何処へ行く?    それはも...

続 チョウチョ 他

また前回と同じ場所へ行ってみた   ツマグロヒョウモン  オスも蜜を吸いに来た       アゲハチョウ      ナミアゲハともいう  何処にでもいる普通のアゲハ    ジャノメチョウも      ちょっと暗い林のほとりにはたくさんいるが 敏感でなかなか止まらない      池の土手には また 大きなノウタケが     池の奥には ノギランが咲き始めていた    ノギラン...