峠の山小屋Ⅱ

オオタカ若  ダルマさんが転んだ  

最近お馴染みのオオタカの若、この日は近づくとすぐに飛立つ、 何度も繰り返してやっと近づく、   不機嫌そうににらんでいる  この後また飛び去る  午後4時をだいぶ過ぎて、西に傾いた太陽は黒い雲に遮られ、もはや夕暮れ間近という頃に、  最初に見た木に戻っていた、  今度は慎重にと、まず遠くから何枚か抑えに写して、   5m前進しては数枚連写、また3m前進して連写、まるで「達磨さんが...