峠の山小屋Ⅱ

ジョウビタキ♂  ペリット?

裏山で、目の前に来たジョウビタキ♂です  開いた口の奥に 何やら黄色いものが   吐き出した!   落ちていく黄色い物体が写り込んでいる!!    食べた木の実の種子だろうか     消化できないものを吐き出すということではこれもペリットの一種かな      発芽可能な種子ならば、これも種子散布の一形態か      未消化の種子が糞と一緒に排泄されるのが一般的なのだろうが・...

カヤクグリ やっと出会えた

カヤクグリかクロジがいないかと奥の山へ あちこちうろついた揚句薄暗い峡谷で出会ったのがこいつです   アオジがいるような場所だったのでクロジ?と思ったけどカヤクグリですね     カヤクグリは 初見初撮りです   スズメ目 イワヒバリ科 カヤクグリ    日本固有種で亜高山帯以上のハイマツ帯などの山地で繁殖し冬は低地に移動する    後ろの白く輝いているのは氷柱、まるで氷の...

イカルとシメ

在庫から   シメ    イカル      仲良く一緒   どっちも怒ったような ひどいご面相だ            怒っている訳ではないのにね   目つきが悪いと損だね    正月に公園で出会った鳥たちです  明日は朝から仕入れに行かないと、在庫が切れて・・・...

またトラフズク  

先週末の取り置きから、            またトラフズクです   右と左の瞳の大きさが違います、日の当たる方が瞳が小さくなっています      羽毛の手入れ   現在はもう居ません  ずっと同じ枝に泊まっていましたが、場所を変えたようです    え?  私が脅したかって?     いえいえそんなことはしませんよ~   工事用車両がすぐそばに出入りするようになって、場所を...

ミコアイサ キンクロハジロ

前回の続き・・・ ネタが切れてきた(^^;) ミコアイサのメス                やはりアイサの仲間だなあ、胴長だ    ついでにオスも ちょっとピンぼけだけど    ずんずん接近するのは?  キンクロハジロのメスだろ  別物みたい      羽ばたくマダムキンクロ   見慣れたはずのカモだが渋い魅力があるね ...

潜るミコアイサ

久しぶりにミコアイサの池に寄ってみた。 一時期は50羽ほどもいたのがこの日は15羽ぐらいが散らばって餌を採っていた 1羽のオスが近づいて目の前で   潜った              バイバーイ ...

トラフズク  真ん丸目玉をパッチリ

トラフズクは見に行くと、いつも目をつむって居眠りをしている      何かの拍子に目を開けると真ん丸目玉がとてもかわいい!                                    この日は一羽だけだった...

オシドリ  分散した模様

先週初めて見たときは50羽ぐらいの群れでしたが 今度見に行ったら、20羽程度の小さな群れがいました。 一部がお出かけ中なのか、分散して移動したのか、 それでも小さな川にこれだけの群れが、残っていることはうれしいですね   流れに乗って下るオス   なるべく陰の部分を通る       一羽のオスがメスの後を追いかけて    メスの腰を後ろからつついています    ...

トラフズク  1羽じゃなかった

トラフズクは1羽だけではなかった。   トラフズクは雌雄の差はなく、羽色などは個体差が大きいそうだ    なので、オスかメスかわからないが、左上の赤っぽい方が少し大きいのでメスかも・・・     前回とまったく同じ枝にいた        こいつは丸見えだけど 隠れてるつもりなのかなあ?      外敵が近づくと体を細長くして木に擬態するそうだが、その様子もないね ...

トラフズク  風に吹かれて日向ぼっこ

トラフズクです  しばらく見なかったのですが  前回の木と3mほど隣の木で昼寝しています。   身を切るような寒風ですが、        陽射しを浴びながらうとうとしている姿からは、             風に吹かれて気持ちよさそうにしか見えませんね     うつらうつら・・・      ちょっと無防備過ぎない?...

ホンドギツネ  野犬ではありません

キツネです  野犬ではありません  私が見ていることに気づいて全速力で逃げました、     少し車で追跡したもので・・・  ごめんね      疾走する姿が素晴らしく綺麗だった 山のふもとにたどり着いて一安心    ネコ目 イヌ科 アカギツネ 亜種ホンドギツネ  ユーラシア大陸に広く分布するアカギツネ(キタキツネも含む)の本州亜種       野生のキツネはかっこいいですね          この...

キクイタダキ  ISO6400の挑戦

キクイタダキです                                       クリックするととても大きくなります   スズメ目 ウグイス科 キクイタダキ科 キクイタダキ                           日本で一番小さい鳥と言われているらしい 最近、針葉樹の中でちらちら見え隠れする小さい鳥に気づいていた きっと、キクちゃんだ どうやって撮ろうか?  暗い木...

オシドリ  うちの町にもやって来た

夕暮れ間近の川にカモの群れが餌を採っている いつものカルガモかコガモだろうと・・・  ん!  え?  色が違うぞ~! オシドリ?  オシドリの群れだ~!  30羽はいる!   いや、後からもう一群れが、20羽ぐらいか・・・  50羽以上だ!!  午後4時50分の光線は弱すぎる  もっと光がほしい!    それにしても、お立ち寄りだろうか? それとも長期ご滞在か?      ...

イカル シロハラ 

ルリビタキが木の実を食べている枝の上の方に、イカルの群れが来ました ちょうど雲が切れて青空をバックのイカルです    イカルは高い梢が好きですね  低い所の枝にもイカルと同じぐらいの大きな鳥が来た、   シロハラだ   シロハラもヌルデの実が好物のようだ  道のほとりや畑の中で落ち葉を蹴散らす姿はよく見ますが     枝に止まったシロハラを見上げて撮るのはあまりないことです...

たっぷりと青いルリビタキ メジロも

雪で危険になる前に上流の峡谷へ行ってみようと、 初夏のころにオオルリを見に通った、サンコウチョウは声だけがいつも響いていた。 誰もいないキャンプ場の広い駐車場に車を停めて、しばらく待つとルリビタキの声が・・・           いくらかくすんではいるが青い背中のルリビタキだ    メスもいる  脇の橙色も尾羽の青も色が薄い、間違いなくメスだ、   青いオスをたっぷりと見るのは久し...

ルリビタキ ベニマシコ カケス

今日は風が強くて寒かった。 粉雪が舞い、雲の切れ間から時に陽が射すものの風は刺すように冷たかった。 裏山を一回りしても、真っ青なルリビタキには逃げられ、真っ赤なウソは見失い、 出会えた鳥は 青くないルリビタキ     この子はよく撮らせてくれた      青くはないが可愛い   南向きの谷道の途中でやっとベニマシコに会う    今日の好みはセイタカアワダチソウではなかっ...

オオタカ 若の舞い踊り

年末の取り置きから、塩漬けになる前にUPします      うれしくて舞い上がっている訳ではありません   こいつがちょっかいを出して       いいかげんにしろよ!     にらんでます                          大晦日の最終にUPした1枚の前後でした...

ルリビタキを待ちながら

今回は一か所に陣取ってじっくりとルリビタキを観察してやろうと目論んで、 道のほとりに車を止め、窓からレンズを覗かせて待っていました 最初に来たのはメスタイプ、前回と同一個体かも  向こうの山にカケスの声が  いることはいたが、遠い! ピクセル等倍まで拡大    青いのが来たが  前ボケがかぶった         枝がじゃま~             綺麗なオスだ          ...

ルリビタキ  青い鳥にも再挑戦

ベニマシコを探しながら青い鳥ルリビタキも探しました 最初に出会ったルリビタキは、さい先良く青い背中のオス   綺麗なオスなのはわかったけど、背中を見せてくれない・・・  メスなのか若いオスなのか 背中の青くないやつはバッチリなんだけど・・・   やっと撮れた青い背中  遠すぎて大トリミング ボケボケだけど証拠写真にはなる   帰る道で撮った1枚  まるっきりボケボケ...

ベニマシコ 再挑戦はまずまず成功

昨日の赤い鳥青い鳥作戦が散々だったので、今日も午前中再挑戦に行きました まずまずの成果があったので まずは赤い鳥の成果を    昨日と同じ場所、 しばらく待っていると10羽ほどの小さな群れが来た、        撮れる場所に出たのはこの1羽だけ         綺麗な赤いオスだ   ルリビタキも探しながら次々と移動して、 昼前になって、     ルリのポイントのはずがベニの群...