峠の山小屋Ⅱ

桜メジロ  花はこれからウソはまだ

そろそろウソが来るころと  期待しながら出かけましたが 迎えてくれたのはメジロでした 花はまだほとんど蕾ですが 一応桜メジロです蜜をなめているのかなあ 小さな舌が見えてます 正面顔 横顔は花に隠れて 逆立ち ...

ベニマシコ ついにGET!

遂にゲットだベニマシコ 待ちに待ったるベニマシコ 小さい小さいベニマシコ ピンの外れたベニマシコ ブレにブレてるベニマシコ それでも大事なベニマシコ 捨ててはいけないベニマシコ 今季初撮りベニマシコ これがノートリ ベニマシコ ここまで切りだすベニマシコ こいつでどうだベニマシコ 彼女も連れてるベニマシコ ...

ウグイス 雄   待っていたのは来なかったけど・・・

辛抱強く待ってましたが会えなかったのはベニマシコ。先週もちらっとだけ見えたんだけど写真は撮れなかった。 待ってる間に来たのが、このウグイス、ホーホケキョ!  と歌ってくれました。  ...

春の渓谷(その2)

少し奥まで足を延ばしました。と言ってもいつもの峡谷のほんの少し上流です。 この辺りは、沿岸の平野部と内陸の吉備高原の境界にあたり幾本もの川が深い峡谷を刻みながら流れ下っています。○○峡とか、○○渓谷と名づけられ自然公園に指定された所などが沢山あります。自然林原生林が残っていて林床の草花にも珍しいものがあります。 谷の入口に近い山です。昔は人の手の入った落葉広葉樹林の里山(ドングリの山)だったの...

山陽路の滝

 この滝は結構有名です。上から覗き込んだ位置ですが、下流から遊歩道が滝つぼまであり、下から見上げる滝も壮観です。...

カワラヒワ 森に居ます 

カワラヒワは今期河原には居ません、森に居ます。 鳥がいないといわれる中で比較的目にするのがカワラヒワですね。それも冬場に大群になる葦原でなくて、繁殖期を過ごした森の中で小さな群をつくっています。    ...

春の峡谷 

この連休は、天候不順もあり、近場の谷間の森と周辺の山をうろついていました。まだ紹介していない花をいくつか、   たんに私の好みです。 スミレですが なにスミレかは知りません。葉が丸いのでただのスミレではないと思うのですが    ニオイタチツボスミレかな ヒトリシズカ もありました とても小さい株です イチリンソウ だと思います、 ヤマルリソウはまだ山肌に張り付いていました ヤマアイ...

ヒレンジャク!  ウソじゃなかろか!

そろそろ桜の木にウソが来るころと出かけて行きましたが、まったくいません。 しょんぼりと帰っていると、向こうの枝に何やら鳥のシルエットが・・・ ヒヨにしてはずんぐりと、近くに桜の木があるし、ウソかも?  えっ!ウソ―ッ! ウソじゃない! ウソみたい!?・・ああ!!  ややこしい! ヒレンジャクダーッ! なんで? どうして? こんなとこに? 一羽だけ?   たった1羽のヒレンジャク  会いに...

ヒバリ  在庫より

ヒバリの爪を確かめようと過去の写真を探して見つけました。ちゃんと写ってました。   長ーい爪が        撮影は 1009(間違えてました) 2009/5/9  見事に長い爪が見えます    足を持ち上げて見せてくれています     顔もいいですね     ...

ユキワリイチゲの大群落!!

もうユキワリイチゲも終わるころですが、何と偶然にも大群落を見つけました。  少しくたびれかけた花もありますがこれだけ密生していると圧巻です。 実はここ、幼馴染のIちゃんのお家に入る小道のほとりの斜面(路肩)なのです。峠の山小屋から2kmほど山道を登ったまったくの山の中の一軒家なのですが、子供の頃はこのあたりで鬼ごっこなどをしてよく遊んだものです。今回久しぶりに通りかかり初めて気がつきまし...

イカル  近寄ってくれないので在庫から 

イカルは今回も高い樹上から降りてくれません。               2010/3/20 撮影 30羽以上の群で鳴き合っているのですがね くやしいので昨年春に撮った画像をUPしましょう                       以下はどれも 2009/2/8 撮影  食べているのはヌルデの実     ...

この花知ってますか

とても小さい花です。ひとつの花は5㎜もないです。アブラナ科のようですね。         ユリワサビと言います。    アブラナ科ワサビ属ユリワサビ ワサビの名に恥じず葉をちぎって揉み、口に含むと鼻にツンとくる辛みと香りがあるんですよ。  株は1cmほどの球根状でユリ根によく似た鱗片葉に包まれています。 それでユリワサビ      ...

シロハラ  やっと?  撮った! 

今期の野山で一番よく出会った冬鳥はシロハラだったかも?山道を車で通ると必ず道端から飛び立つ、フロントガラスの向こうを飛んでいく後ろ姿、見えているのに邪魔ものが、フロントガラスのない車がほしいと思う時です。 次の機会があるだろうからと、気にせず移動気がつくと、撮らないままにシーズンも終わりかけに ・ ・ ・ 今回も  山道で  車の前を飛び出しました、  30mほど先の道端の茂みに、しばらく...

ジョウビタキ♂   なぜか今期初撮り??

ジョウビタキの雄はブログ開設以来一度もUPしていないことに気付きました。 何処にでも居て、何時でも撮れそうで、気付いたら1枚も写真が無い!? ジョウビタキ雄はこれが今季の初撮りでした! 雌は結構撮ってるのにねー?? 居なくなる前に、一度は撮っておきましょう。 撮影 2010/3/14  NIKON D300 300㎜/F4 +TC14EⅡ      ...

ミヤマホオジロ   もう暫らくは居るかも

確か昨年は4月までミヤマホオジロがいたはずだと去年最後に見た場所に行ってみると、やはり、いましたね舗装道路のほとりで5羽ほどが草の実をついばんでいました。雄です。300㎜では遠すぎますね昨年の最後に写したミヤマホオジロを探し出してみると4月5日の撮影です。場所は今回と同じ所です。満開の桜の下でした。至近距離で撮ってます。これは雌です。   ...

ウグイス

先週は地域の行事でだめ、今週になると風邪をひいてまただめか・・・日曜日になると少し元気が出てきたので、御昼前に300mmを下げて裏山に散歩に出かけました。檜の木陰から顔を出したのはウグイスでした、「ホーホケキョ」、すぐ近くで鳴き声が聞こえているのに、この個体は鳴く気配がない所を見ると雌なのかも谷筋に沿って暫らく行くと、沢沿いの藪から「ホーホケキョ」   これは近い!じっと様子をうかがっていると、いた...

ミヤマホオジロ♀  今期の見納めか

先週末は撮影に行かれなかったので、2月28日の在庫から。久しぶりに出会った、ミヤマホオジロです。先にUPしたキクイタダキが隠れたときに、傍の梅の枝にやって来ました。1輪でも梅の花が咲いていればよかったのですが・・・・少し遠いのでミヤマホオジロが小さくなりました。これが今季の見納めになるかもと思って、記録としてUPしておきます。...

ミヤコアオイのようです

前回のカンアオイの記事で自生地かどうかも分からないと書きましたが、どうやら自生地であることは間違いないようです。                    前回の記事は  →  こちら   谷川を挟んだ対岸の林にも沢山の株が生育していました。その中には、1.5cmほどの小さな葉を1枚だけ付けた幼苗と思われる株もあり、    自生していることは間違いないでしょう。種名は  ウマノスズクサ科 カンアオイ属 ミヤコ...

下からのぞくと純白の・・・

ホソバナコバイモのことですよー。釣鐘型の小さな花を付けるホソバナコバイモの花の中を何とか写真に撮りたいと思っていました。崖沿いの小道を、林の方を見上げながら歩いて行くと、崖の上に咲いていました。下からのぞくと純白の花芯が見えます。葯に色の付いた亜種があると聞いていましたが、これは間違いなくホソバナコバイモですね。バックに白い靄が掛かって、小雨にけぶる林床の風情が出るショットになったかなと思いながら...

エナガ  みんなに好かれてますね 

エナガは冬には群になりシジュウカラやコゲラと混群を作ります。キクイタダキが飛び去ったらエナガが来ました。ほとんど真上にやって来て逆さまにぶら下がってこっちを見ています。見上げるほうは首が痛くなる梅の枝に手前の紅梅がもろに被って・・・    よく言えば前ボケがピンクのフィルターになりソフトフォーカス・・・...