峠の山小屋Ⅱ

コミミズク アミガサハゴロモ スケバハゴロモ ヒメコウゾ

 コミミズク  初見だった       野鳥のコミミズクならよく知っているが・・・  見つけたとき アワフキの仲間かと思ったが どうも違うような      帰った調べてみた コミミズク しかもミミズクの仲間だって  カメムシ目 ヨコバイ科 ミミズク亜科               コミミズク Ledropsis discolor     本州・四国・九州     出現期 4月~11月  幼虫で越冬    食草  ク...

ナナフシモドキは何モドキ

 ナナフシモドキです。   翅はないが昆虫です。 おそらく成虫 メス 肢は6本 4本に見えるのは前肢2本を前方へ伸ばして枝に擬態している  小枝に擬態しているのですが、緑の葉の上では効果は疑問 前肢も動かして移動、横から見た姿   頭部を拡大 短い触角が見える 見えにくいが目の上に角状の小さい突起がある        右目のように見える丸いものは取り付いたタカラダニ  ナナフシモドキはほとんど単為...

コガシラアワフキ 黒いヤブキリ

 コガシラアワフキではないかと思います。 草の葉の間で見つけた      頭が小さいアワフキムシということです  カメムシ目 コガシラアワフキ科 コガシラアワフキ Eoscartopis assimilis 小頭泡吹    北海道・本州・四国・九州    成虫出現期 6月~8月     幼虫はヨモギなどの根元に泡の巣を作り吸汁      泡は排泄物(オシッコ?)に息を吹き込んで作るそうだ     泡の中からホタルが生ま...

シロオビアワフキ

 9月の初め頃の写真から 今年初めて見た虫をひとつ シロオビアワフキと言います 幼虫がヨモギなどの茎に泡の塊を作り       その中で生活するアワフキムシの仲間です カメムシ目 アワフキムシ科        シロオビアワフキ Aphrophora intermedia 白帯泡吹虫   以前 テングアワフキを紹介しています  →  テングアワフキ 同じとき アオイトトンボが産卵し・・・ 道の端には ヤマジノホトトギスが...

ツクツクボウシがご訪問

 玄関の明かりの下にやってきました  せっかくなので記念写真を ツクツクボウシ♀    つまようじが約6㎝です この後お帰り願いました  庭の草むらで クツワムシが騒がしく鳴いています   もう秋です...

スケバハゴロモ 白い幼虫

 渓流沿いの草むらに白い綿毛のようなものがたくさんついています  動いています  生き物です  スケバハゴロモの幼虫です 一匹だけを見ると 尻の方からたくさんの毛が出ています ヒゲは蝋物質の分泌物で触ると簡単に取れてしまいます 成虫がいました スケバハゴロモの名はこの透き通った翅にちなんでいます セミやウンカと同じカメムシ目の仲間で、針状の口を刺して汁を吸います  少し前に紹介したベッコウハゴロモ...

ベッコウハゴロモ ヒグラシ アブラゼミ

 ベッコウハゴロモです    カメムシ目 ヨコバイ亜目 ハゴロモ科              ベッコウハゴロモ Ricania japonica 鼈甲羽衣    北海道・本州・四国・九州     クズなどの茎から汁を吸う     ヒグラシもいます そっと近づくと割と逃げない ついでにアブラゼミも  ...

林床の虫たち オバボタル テングアワフキ ウエノカワゲラ ホシウスバカゲロウ

 森の周囲にはそのほかにもいろんな虫がうろついています ホタル科オバボタル  光らないホタルと言われますが、かすかに光ります   幼虫は土壌中で生活し、ミミズなどを捕食する アワフキムシ科テングアワフキ         草の茎に白い泡の塊を作るアワフキムシの成虫です  カメムシ目の仲間なので針状の口で草の樹液?を飲みます カワゲラ科カミムラカワゲラ属の一種  時期的にウエノカワゲラかな?  幼虫は...

渓谷の道縁で イシガケチョウ ダビドサナエ ヤブムラサキ オジロアシナガゾウムシ ラミーカミキリ 桑の実 メジロ ウグイス

 ゼフィルスを見つけた渓谷では、      そのほかにもいろんなものが見られました イシガケチョウが翅を広げていました ダビドサナエも 可愛い花はヤブムラサキ オジロアシナガゾウムシ ラミーカミキリ 桑の実が熟し始めていました メジロが桑の実を食べに来ています 不意に目の前で ホーホケキョ ウグイスが鳴きました...

ニトベハラボソツリアブ ヒメコブオトシブミ ツリフネソウ

 ニトベハラボソツリアブの交尾飛行です  白い花はマツカゼソウ ヒメコブオトシブミ ヒメコブオトシブミの揺籃 出来たばかりのようです  6月頃にも作っていましたが、年に2回発生するそうです   ヒメコブオトシブミについては  →  こちらも ツリフネソウが咲いています    ...

スズムシバナ スケバハゴロモ ベッコウハゴロモ クロタキカズラ

 スズムシバナ 谷川沿いでよく見かける花です  大きな花ですがキツネノマゴ科です  花の中に蜘蛛が潜んでいました スケバハゴロモがいました   先日幼虫を見付けたのですが、もう成虫ばかりでした                    幼虫は  →  こちら  ベッコウハゴロモもいました   クロタキカズラの実が赤く色づき始めていました  クロタキカズラについては  →  こちらを...

エダナナフシ マツカゼソウ スケバハゴロモ幼虫

 エダナナフシ ♂ 成虫です 薄暗い所にいたので 明るい所に出てもらいました  ナナフシ目 ナナフシ科 ヒゲナガナナフシ亜科              エダナナフシ Phraortes illepidus 枝七節      本州・九州 ナナフシモドキ(ナナフシ)とともに最もポピュラーな種です マツカゼソウが咲いていました ムクロジ目 ミカン科 マツカゼソウ属 ケマツカゼソウ       変種マツカゼソウ Boenn...

アキノタムラソウとタムラソウ ヒグラシ ニイニイゼミ アブラゼミ

 高原の草叢に薄紫(ほとんど白い)の可愛らしい花が咲いていました アキノタムラソウではないかと思います    もう少し紫のはずなんだけど・・・  小ぶりのアザミのような花は タムラソウ     雨が上がるととたんに暑くなります なぜか山で聞こえる蝉の声は ニイニイゼミとヒグラシばかりです  声を頼りに探すと ヒグラシが見つかりました  鳴いているので当然♂です これもオス  今年最初に見つけた蝉が...

シロスジベッコウハナアブ  メジロ ウグイス

 谷川沿いの道のほとりで見つけました   最初は蜂かと思いましたがこの顔は虻です 調べてみるとシロスジベッコウハナアブというらしい  20㎜近くの大きなアブです ベッコウハナアブの仲間は変わった習性があるらしい  ハエ目 ハエ亜目 ハナアブ科 ベッコウハナアブ属        シロスジベッコウハナアブ Volucella tabanoides 白条鼈甲花虻   北海道・本州・四国    メスは 土中に巣を作るクロ...

天狗が泡を吹く? テングアワフキ

 これな~んだ? 横から見ると こんな顔  テングアワフキと言います 天狗が泡を吹いたわけではなくて 天狗のような(鼻の)アワフキムシということ  アワフキムシは幼虫が草の茎に白い泡の塊を作ってその中に隠れています    昔は この泡からホタルが生まれるという伝説がありました  ウンカ・ヨコバイの仲間なので針状の口で植物の汁を吸います 色が少し薄いのもいます  泡の塊は子供の頃からよく見ていました ...

ツバメシジミ ヒオドシチョウ ヒメアトスカシバ ジョウカイボン ヤマトシリアゲ

 梅雨の晴れ間に見つけた虫たちから  ツバメシジミ 瑠璃色の翅がひらひら綺麗です ヒオドシチョウは 緋色が鮮やか ヒメアトスカシバは蛾の仲間です ハチに擬態していると言われています  オオフタオビドロバチにそっくりです ジョウカイボンはカミキリムシではありません 漢字で浄海坊と書きます、  浄海は平清盛の出家名だそうですが関係があるのでしょうか 肉食で小型の昆虫などを捕食するようです ヤマトシリア...

スカシヒロバカゲロウ ヒゲナガハナノミ ヒシバッタ フデリンドウ

 スカシヒロバカゲロウではないかと思います     山道の法面にいました         アミメカゲロウの仲間と気が付きましたが初見の種です 黄色の頭に黒い目 細かい脈の広く透明な翅 アミメカゲロウ目 ヒロバカゲロウ科         スカシヒロバカゲロウ Osmylus hyalinatus 透広羽蜉蝣  分布は日本全土 幼虫は水生 水の綺麗な渓流に棲むが餌は不明 アミメカゲロウ目と言えばウスバカゲロウやクサ...

トビイロハゴロモ オナガササキリ ?

 このカビだらけみたいなものは ウンカに近い仲間で トビイロハゴロモといいます ちゃんと生きています カビではなく蝋質の分泌物です カメムシ目 アオバハゴロモ科 トビイロハゴロモ Mimophantia maritima   本州・四国・九州  イネ科植物の汁を吸う オナガササキリ♀です 葉に隠れた見えにくいですが体長と同じ長さの産卵管を持っています  バッタ目 キリギリス科 オナガササキリ Conocephalus ...

マツカゼソウ スケバハゴロモ  オオメダカナガカメムシ

 谷沿いの道端に マツカゼソウが咲いています ムクロジ目 ミカン科 マツカゼソウ属 ケマツカゼソウ       変種マツカゼソウ Boenninghausenia albiflora var. japonica 松風草   本州(宮城以南)・四国・九州   みかんやオレンジと同じ科      草本はマツカゼソウ属だけらしい 茎に白い毛の塊のようなものが付いています 白い毛は分泌された蝋物質、 ハゴロモ科の幼虫です   この...

ツクツクボウシ ニイニイゼミ アブラゼミ

 ツクツクボウシが 佃煮にするほど いました  目的の生物がいなくて 喧しく鳴いているセミを撮って帰りました  そこらじゅうの木でツクツクボウシが鳴いていました    ツクツクボウシ ♂  これも♂    ♂ 鳴き声を目安に見つけるとオスばかり    写真ではヒグラシとツクツクボウシは区別しにくいですが   ツクツクボウシのほうがはっきりと小さいので                 実物を見て間違え...