峠の山小屋Ⅱ

アオバズクの巣立ち やっとヒナの顔が見られた

  雨の合間に もう そろそろだろうと  アオバズクを見に行くと いた~!  ヒナだ  2羽並んでいる やっと巣立ちだ   親鳥  お父さんアオバズクだ  お母さんの顔が見えないが・・・    拡大して見る   産毛が残っている いい顔だねえ  しばらく見ていると  親鳥が  ふわっと  飛んできた  どこだ?  下だ  ほとんど葉に隠れている  親子の顔が見えるところを探したら 一羽のヒナの顔が...

アオバズク お母さんも顔を見せたが

 ちょっと太めなアオバズク お母さんアオバズクだ  貫禄十分  メスが出て来たなら、ヒナの巣立ちももうすぐ 身だしなみにも気を配り なんか目つきがきついんだが、警戒しているのかな お父さんもいつもの位置で 任せとけと言ってるみたい  早くヒナの顔が見たいよ~...

アオバズク 見守るお父さん

 アオバズクが気になって      何度か 栴檀の木を見に行った  前回のアオバズクは  →  こちらに       いつもオスが 一羽だけで じっと見張っている   メスの抱卵期間はもう過ぎたはず、 ヒナはまだ小さいのだろうか、     ヒナが育つと 温めていたメスも外に出てくる  そろそろ メスも出てくる頃なのだが・・・ 羽繕い 樹上で頑張るお父さんはエライ!  早くヒナの顔が見たいな    ...

アオバズク ただいま抱卵中

 今年もアオバズクが帰ってきました。   ここが生まれ故郷なので「帰ってきた」と言っていいでしょう オスです  見張っています。 メスはこの栴檀の大木にある樹洞で抱卵中 睨んでいる?  頼もしいお父さんの顔です 白髪眉の怖い爺様?  いやいや 瞬きをして目が閉じる瞬間です。   過去のアオバズク雛については  →  こちらに...

アオバズク巣立つ

 7月20日のことでした   まだかまだかと待っていたアオバズクの雛が巣から出ました 産毛の残った雛が1羽だけ高い枝に止まっています  メス成鳥と     オス成鳥が別の枝で見守っていました 次の朝も見に行くと 雛が1羽だけでいました  親鳥が見えません 撮影しながら見ていると 前日の雛と違うような・・・ 君は昨日の子とは違うのかな? アオバズクの雛は一つの巣に3羽から5羽のことが多いので...

アオバズク

 久しぶりに覗いたアオバズクは  つがいが並んでいました おそらくメス こっちがオス だと思う  無事にヒナの顔が見られますように...

オオコノハズク

 「オオコノハズクを見に行かない?」   鳥友に誘われて 山を越えて会いに行きました 初見初撮りのオオコノハズク 片道四時間もかけて会いに行ったのですが、お休み中? 粘った末に何とか撮れた顔  まん丸目玉は見えなかった それでも それなりにサービスしてくれたのかな?  三日後頃にはヒナが出てくるだろうとのことでしたが   日帰りの予定だったので二時間近く粘った末、帰路につきました  フクロウ目 フ...

やっと来たアオバズク チョウトンボ オオコフキコガネ

 アオバズクが帰ってきました  例年なら6月初旬に姿を見せるのですが、今年はなかなか見えなかった  実は昨年、この木に営巣していたアオバズクの巣が            何者かに襲われ放棄してしまいました   今年はもう来ないかと心配していました    遅ればせながら来ました 無事に子育てに成功してほしいです  ぎょろ目がユーモラスです 一羽だけが見張っていました オスのようです         ...

コミミズクが路肩に

 コミミズクが路肩に降りました 目線があった  近すぎたのかすぐに飛び立った  低空飛行 青空へ  ...

コミミズク またもカラスに迫られる

 草むらに隠れながら 周囲をうかがっています またしても カラスが追い出して 身をかわしながら  高く舞い上がっていきました  今年は コミミズクによく逢えます     こんな年に この場所にいることができて 幸運だと思います...

暗闇のコミミズク ヘッドライトに照らされて

 前回のその後です とっぷりと日が暮れてから           あのコミミズクのいた畑の隣の道でした 自動車のライトの光の端に動くものを感じて停車し   路肩から畑へ光を向けてみました コミミズク!  きっと夕方飛んでいった奴だ モグラを探していたのかな  畑のほとりを歩くコミミズクに慎重なハンドル操作でライトを当てます    逃げるなよと呟きながら 車を降りて 500mmを付けたカメラを手持ち...

コミミズク 夕暮れに目覚める

  パソコンが壊れました  仮のPCなのでうまく使えません   前回の続きです           夕暮れのころ  コミミズクのところへ戻ってみました    薄暗くなってお目覚めのようです     伸びを始めました  高感度でざらざらの画像ですが   これが見たかった  f4 SS⁼1/160 ISO45600  こんな条件で写せる時代になったんですねえ ...

キャベツ畑のコミミズク

 「コミミズクがおるでー」   鳥仲間から連絡をもらって飛んで行きました なんと! キャベツ畑の畝の間にちょこんと座っているじゃあないですか  「10時頃見付けて     みんなで代わる代わる撮ってもちっとも動かん            もう帰るわ」って、              もう午後の4時やがな  誰もいなくなったので       独り占めで、しばらく見ていました 横顔もいいでしょう 頭か...

地上に降りたコミミズク

 コミミズクが 地上に降り立ちました  真ん丸目玉でこっちを見つめています                       ちょっと大きくなるよ そろりそろりと草むらに身を沈めていきます  すっかり隠れたつもりでしょうか          実際 目を離すと見失いそうです...

コミミズク カラスに迫られる

 コミミズクとカラスは仲良しではありません  カラスが背後から迫って来ます   およそ15m 飛んで逃げました 追いかけて来る しつこいカラス 結局また飛んだ そのまま行ってしまうかと思いました この前と似た絵柄ですが 切り取ってみました...

青空にコミミズク(2)

 前回の続き コミミズクの「その2」です   まだまだ続きます              お楽しみに (^_^)v...

青空にコミミズク

 コミミズクです      カラスに追われて飛び出しました 慎重に狙ったのですが この前よりはピントが合っているかな                          ちょっと大きくなるよ 基本 夜行性だから 昼間はなかなか見られないのですが・・・   フクロウ目 フクロウ科 トラフズク属              コミミズク Asio flammeus 小耳木菟  日本ではほぼ全国に越冬のため飛来する冬...

コミミズクが飛んだ

 「なんか飛んでる!」    声に応じて レンズを向けると 後姿が只者ではない?? なんと! コミミズクです カラスにモビングされて茂みから飛び出したようです あわてすぎて ぼけぼけ コミミズクは何度か地面にいるところは撮ったことがあるし   飛翔姿も見たことはあるが撮影は初めてのはず やったね \(^o^)/ フクロウ目 フクロウ科 トラフズク属 コミミズク Asio flammeus 小耳木菟  日本ではほ...

アオバズクの巣立ち

 アオバズクが巣立っていきました ヒナが出たよ 知らせがあって、すぐに見に行きました アオバズクのヒナです   巣穴から出てすぐの太い幹にちょこんと座っていました    もうすっかり羽が生えそろっているように見えます 睨みつけているようなお父さん  別に怒っている訳ではありませんが 下をうろつく人間を警戒しています お母さんも見守っています 翌日の午後見に行くと  ヒナは隣の桜の木に移動していまし...

アオバズク ヒナはまだ出て来ない

 2週間前のアオバズク♂   巣穴のある栴檀の大木で じっと見守っていました 1週間前 まだ頑張っていました お父さんですね ぐるっと見回すと 反対側の枝にもう一羽のアオバズクが・・・   ちょっと太めで一回り大きいのはお母さんです  巣穴から出てきたということは、      ヒナが大きくなって、巣穴が狭くなった          抱いて温めなくても大丈夫になった      もうすぐ雛が顔を見せる頃...