峠の山小屋Ⅱ

擦り切れたノスリ

 ノスリがいました 翼が擦り切れてボロボロです 羽ばたくと羽毛が飛び散っています。 換羽が始まっているようです。 タカ類は春から秋まで徐々に換羽するそうです。繁殖期と重なっています。 カラスに見つかると 面倒なことになるんだが・・・ 少々カラスが騒いでも悠然と・・・     おっとりしているようで貫禄のあるノスリです。  ノスリについての蘊蓄は  →  こちら ...

草原のコチョウゲンボウ発進

 草原にコチョウゲンボウ♀タイプがいました。 翼を上げて・・・ 飛び出す と思ったが えっ? これはストレッチか? 伸びをしただけだったみたい しばらくして また・・・ 今度は姿勢が低い 飛んだ!  飛び出すときは姿勢が低いんだな 低空を一直線に飛んでいった  もう少し暖かくなると         北の故郷へ帰るんでしょうね。      コチョウゲンボウについては  →  こちらや  こちらなども...

いないときのノスリ頼み

 今年はノスリも少ないですが、   フィールドを巡ると1羽や2羽のノスリには会えます。  昔は「クソトビ」「馬糞鷹」とも呼ばれたそうですが、   野鳥がいないときに ノスリの存在はありがたいですね。 飛び出そうとする姿は堂々たる鷹ですよね。  ノスリについての蘊蓄は  →   こちら    ※「馬糞鷹」にはノスリのほかに     チョウゲンボウやサシバの異名でもあったそうです。   どれも身近にごろ...

再びクマタカ 

 クマタカの撮影なんて そう度々はできないのですが                  前回の続編のようなものです・・・  前回より少し離れた場所で別個体、 遠い位置からのショットです    飛び立ち       曇り空がバックではいまいちですが・・・  クマタカについての蘊蓄などは  →  前回のこちらへ     ...

枝止まり コチョウゲンボウ発進

 枝に止まったコチョウゲンボウを見つけました。  地面にはよくいますが、樹上の姿は珍しいです。     羽繕い これはストレッチ 今度は飛びたちます よーい     ドンッ!  おまけ  電線止まり コチョウゲンボウ♂ コチョウゲンボウについては  →  こちらや  こちらなども...

クマタカの棲む谷

 クマタカの棲む峡谷を 久しぶりに訪ねました。 着いてすぐ 山腹の木にクマタカ発見!          立った冠羽がカッコイイ!    睨んでますねえ 赤っぽい橙色の虹彩は堂々たる成鳥のしるしだとか     飛び立つ直前は 引き絞った弓矢のよう   一直線に飛びだして    翼を広げてふわり                                    &...

チュウヒが飛んだ

 チュウヒです。 知り合いは「毎日葦原を飛んでいるよ」と言いますが、    久しぶりに見ることが出来ました。 もともと茶色っぽい個体なのだけど  真冬の午後3時の太陽は既に夕日の色に周囲を染めていました。 睨んでる V字飛行のチュウヒはなかなか背面を見せないですね   国内産のチュウヒと思います。  以前は色模様の鮮やかな大陸産のチュウヒも見られたのですが   最近は大陸型のチュウヒって見なくなり...

電柱にハヤブサ

 電柱の天辺にハヤブサが座ってるよ~♪  しばらく  ぼんやりと・・・ のんびりと?・・・ ちょっと 伸びをして  ハヤブサ成鳥に違いないのだけど、年寄りなのかな?              なんか覇気がないような・・・ 頭をかいて・・・ 飛んでいった・・・  標準的なハヤブサ成鳥については  →  こちらとか  こちらを  ...

ノスリの飛翔

 スプリンクラーに止まっていたノスリが飛び出し・・・ 滑空して                ネズミでも捕まえるか・・・と思いきや また スプリンクラーに 止まった・・・ だけでした。     何にもしなかった・・・  ノスリについての蘊蓄は  →  こちら   ...

ノスリも鷹なのだが・・・

 ノスリという鷹がいます。   ほぼハシブトガラス大、太目で堂々とした鷹です。 電柱に止まるノスリは冬の農耕地の風物詩です。  トビを除けば一番身近なタカの仲間ですが、    昔は「クソトビ」とも呼ばれたそうです。トビ以下ですね。      ネズミやトカゲしか捕らないので鷹狩に使えないから  オオタカが鷹狩の鷹として武家の権威の象徴なのと対照的ですが、  畑のネズミを捕るノスリは農民の味方(畑の守...

2019-01-01 

 明けましておめでとうございます      今年もよろしくお願いします 飛び立つチョウゲンボウ  今年も何とか新年を迎えることが出来ました。    ...

緑の中のコチョウゲンボウ♂ 

 およそ1ヶ月ぶりにコチョウゲンボウ♂に会いました 収穫後のデントコーンの切株に止まっています。  地上20㎝程度ですが    この高さが小鳥を見つけて発進するのに都合がいいのでしょうか。 伸びを始めました。 尾羽の模様がよくわかります。 翼もストレッチ 日が当たると青みがかった灰色がも少し綺麗に見えるんだけどなあ。 発進!  またしても後姿     気付いているのだから、こっち向いては飛ばんわな...

地上のチュウヒ またもカラスが・・・

 草原の真ん中にチュウヒが座っていました。   今季は2か月前に一度撮っただけでなかなか撮影できなかった   なにかを食っているようでした。 金色の虹彩はおそらく成鳥・・・ 気配を感じて 飛び立ち・・・ ネズミか小鳥か 獲物をつかんでいます 数十メートル飛んで、降りた所にハシボソガラスが・・・  掴んでいた獲物は大急ぎで丸呑みしました。                シャッターは間に合わなかった・...

チョウゲンボウ♂ 

 チョウゲンボウが電線に止まっていました。  灰色の頭と赤みの強い背はオスの成鳥のようです  久しぶりにオスを見ました。 飛び出し 翼の裏もオスですね 少し後でもう一羽見付けた  背中はオスっぽいが尾羽は幼鳥ですね、  今年生まれのオス幼鳥(第一回冬羽)かなと思う 飛び出し 腰のあたりが少し換羽しているよう  ハヤブサ目 ハヤブサ科 ハヤブサ属               チョウゲンボウ Falc...

オオタカ お昼のメニュー

 食事中のオオタカに会いました。     この前のびしょ濡れオオタカと同一個体のようです。   真っ白い羽毛の散らばり具合から獲物はコサギでしょう。 今度は狩に成功したんだ  引き裂いた肉片を食べる            これは うどんではありません。 何だか誇らしげに見える・・・ 翼のようです。  手羽先?  羽毛に塗れているが長く鋭い爪が見えます。  オオタカの狩の獲物は様々でほぼ何でも狩るよ...

柿の木のハイタカ

 前回のガードレールのハイタカを撮った帰り道のことです。  あの悲劇の川、小田川のほとり、(幸いここは浸からなかった。)  田んぼの中の柿の木に・・・  鷹?  ハイタカ!           ハイタカだ  本日2度目  ラッキー (^^♪    でも・・・  バックはもろに民家  望遠レンズを向けにくいけど・・・   (ごめんなさい、あの鷹がどうしても撮りたいです)   何枚か連写して見咎められること...

ガードレールにハイタカ

 住宅地のそばのため池に    カモでもいるかなと覗きに行くと 小ぶりな鷹が池の土手をすべるように低空飛行して               ガードレールに止まりました。 ハイタカ!  バックにぼやけて見えるのは住宅街です 田園というより住宅地なんだけど  こんなに近いハイタカは久しぶり    ガードレールのハイタカなんて初めてです。...

草原のコチョウゲンボウ

 コチョウゲンボウが草原の真ん中に降りていました。  ♀タイプ  なかなか動かない やっと動いた ストレッチ? 翼も うーんと伸ばして ?? 飛び出しはまたも後姿  たまに コチョウゲンボウに出会えても こんなのばっかしです...

びしょ濡れ オオタカ

 オオタカ成鳥 なのですが、        なんでこんな格好をしているかというと 久しぶりのフィールド 一回りするも、               めぼしいものは見当たらず  水路沿いの駐車場に車を入れ、    水辺で餌をあさるコサギをぼんやり眺めていました。   突然襲う黒い影、 オオタカの襲撃です。     逃れようと暴れるコサギ、掴みかかるオオタカ、         水しぶきを上げて、くんず...

賢くなくても風邪はひく ノスリ チョウゲンボウ

 山と草原で野鳥と虫ばかり相手にしていたのに、  やむを得ず人ごみの中に出かけることになった。  案の定というか一発で風邪を引いた。   喉をやられ咳が止まらず、熱も出て、一週間も寝込んでしまいました。  日ごろから、ウイルスに曝されていないと免疫がなくなってしまうようです。 在庫から ノスリの飛翔  チョウゲンボウ(♀タイプ)のホバリング 逆光なので顔が暗い 電線に止まったので 間近で見えた  同...