峠の山小屋Ⅱ

純粋? アメリカヒドリ 

 緑の頭と赤い頭が並んで泳いでいました。                    対照的でよくわかります。 純粋アメリカヒドリと言えそうな・・・ 恐る恐る観察していると 何と 目の前にやって来ました  人家の傍の大きな池なのでパンくずとか与える人がいるらしく           人影を見ると近寄って来ました。 日本に渡来するアメリカヒドリは        ヒドリガモとの交雑種が多いので要注意ですが ...

確定 メジロガモ 初見初撮

 白い虹彩と白い下尾筒、頭部から胸部・体側が赤褐色、黒褐色の背 灰色の嘴、下嘴基部の喉に白斑  すべてメジロガモ♂成鳥の特徴に合致している と見えるけど・・・ 翼と肢を伸ばしてストレッチ  下肢は灰色(これも一致) 腹部下面は白い、下尾筒白色部は大きくはっきりしている。  メジロガモだとしても、初見・初撮りなので                私一人だけの判断では断定しにくいです。       取...

ウミアイサ 今年は少ないですね

 ウミアイサの来る海岸へ行ってみました。   例年なら20羽前後はいるはずなのですが、      今年は 5羽? 何とかいました。  ウミアイサ♂です   ぼさぼさ頭と睨みを利かした赤い目が特徴です。 こっちが♀ 少数でも近くで見えただけ良しとしますか     以前のウミアイサは  →  こちらで  ...

綺麗になったミコアイサが・・・

 そろそろ綺麗になったかなと ミコアイサの来る池へ会いに行きました。 ミコアイサ♂  パンダガモに変身完了 茶色の頭はミコアイサ♀です    向う側のオスはまだ変身途中で、エクリプスの羽毛が残っています 次々と潜って・・・、 ミコアイサは潜水ガモです。 小魚などの動物食です。 池の対岸近くに たくさん群れていました。 一斉に飛び立った 着水しま~す 中にはド派手な着水をするヘタッピーもいます パタパ...

峡谷のオシドリ

 清流にオシドリがいました。  おどろかせたかな?   さっさと行ってしまった。 岸に上がって、岩の上で一休みするオシドリ 今年は大きな群れに出会いません。   人慣れしてないのか、小さなグループは逃げ足が速いです。  オシドリ夫婦と言いますが、     オシドリの♂は子供が出来たらサヨナラで                     毎年相手が変わるそうですよ   オシドリについては  →  こちら...

寒くなるほど元気なカモたち

 寒くなって カモの数も種類もぐんと増えたようです。 シンクロ!  逆立ちしても潜らないオナガガモ  追っかけてる子の頭はへこんでる? ヒドリガモ 換羽の途中?  キンクロハジロ  ホシハジロ のびのびと   寒くなるほど元気になるカモたち...

山陽路にマガンの群がやってきた

 鳥友の連絡で行ってみると、田んぼの中に大きなカモの群がいます。   マガンの群です  数えてみたら16羽いました。 山陰の斐伊川の河口付近に行くと      2000羽とか3000羽とかのマガンの大群がいます。  私も何度か訪ねたことがあります。 しかし 山陽路の海辺近くではマガンは滅多に来ません。 私の記憶では  2013年の12月に単独で飛来したことがあります。 この地方へマガンの群が来るこ...

ツクシガモがいっぱい

  ツクシガモがいっぱいいました   地元から少し離れた海辺の水面です   画面の中だけで20羽以上、見える範囲に80羽以上がいました     地元の池で4・5羽しか見なくなったと思ったら、ここにいたんだ 覗き込んだら、近くの群が飛び立った  ツクシガモについては  →  こちらに  ...

コブハクチョウ 珍鳥?それともカゴ抜け外来種? 

 遠くの山腹に白い鳥の群れが飛んでいます  サギではない  もっと大きい  鶴?  だんだん近づいてくる 首は長いが鶴ではない  白鳥!?・・・  白鳥だ!  でも なぜ?? 目の前に来た  コブハクチョウ!       ヨーロッパにいるはずのコブハクチョウです 悠然と通過する   大きいなあ    六羽の群の三羽しか入らない   カモ目 カモ科 ハクチョウ属 コブハクチョウ Cygnus olor 瘤...

谷川のオシドリ

 谷川の岸辺でオシドリが休んでいました 対岸からそっと覗いたのですが  すぐに気づいてそわそわと逃げ出しました    オシドリについては  →  こちらもどうぞ...

ウミアイサも恋の季節

 磯の隣では ウミアイサが騒いでいました メスの前で追いかけっこをするオスたち 揃ってアピール  アピ-ル・・・  溺れそうなこの姿勢がウミアイサのプロポーズ あっちでも、こっちでも    春ですねえ   カモ目 カモ科 アイサ属 ウミアイサ Mergus serrator 海秋沙      ユーラシア大陸、北米大陸中北部で繁殖、冬は南下     日本では冬鳥として九州以北に渡来            ...

ウミアイサ

 海辺に行くと   ウミアイサの数が増えていました すぐ近くまで寄ってきました...

ミコアイサと淡水のカモたち

 池の真ん中に 白っぽいカモと茶色の頭のカモがいます  ミコアイサの雌雄です ミコアイサ♂ 白黒の模様でパンダガモなどと呼ぶ人もいます ミコアイサ♀ 目の周りが黒いので目が分かりにくいです ミコアイサは20羽ぐらいはいたようです ホシハジロ♂ 一緒にたくさん遊んでいました ハシビロガモ♂  これも多いです ほかにもヒドリガモ、オカヨシガモ、コガモ、キンクロハジロなど   淡水性のカモがたくさん集まって...

峡谷のオシドリ

 峡谷の流れに10羽ほどのオシドリが遊んでいました 川岸に上がったオシドリ 地味な一羽がメスなのですが たくさんのオスが取り巻いています    オシドリについては  →  こちらも...

マガンの里にて マガン ヒシクイ

 マガンの里はマガンだらけです  当然ですが  この周辺だけで3000羽とも5000羽ともいわれます 現在は宮城県の伊豆沼を中心に全国に60,000羽が渡来するそうです マガンの中に黒っぽい嘴のものがいました オオヒシクイです マガンの中に少数が混ざっています  ヒシクイ(亜種については保留)としておきます 300羽前後の群れが飛び立った時の一部  カモ目 カモ科 マガン属 マガン Anser albifrons 真...

マガンの里にて コハクチョウ 大山

 友人に誘われて 山陰はコハクチョウとマガンの里に行ってきました   お目当ての鳥には全く会えずでしたが コハクチョウとマガンはそこら中にごちゃごちゃするほどいて、   誰も相手にしない状態です コハクチョウを幾つか撮ってみました 山陽路の海辺に現れたら大騒ぎの大珍鳥なのにね ここでは見向きもされない 二番穂の籾を食べています この田に100羽近くが遊んでいました カモ目 カモ科 ハクチョウ属 コ...

カモがいっぱい オカヨシガモほか ウミアイサ 

 水路のほとりでカモがたくさん遊んでいます オカヨシガモ ヒドリガモ マガモなどが見えます 手前がヒドリガモ♂ 後ろがオカヨシガモ♀ オカヨシガモの2ペア 海辺に行くと ウミアイサが来ていました 左 オス成鳥  右メス ディスプレイをしています 左手前の地味な方は若いオスのようです カモ類もたくさんやってきて 冬らしくなりました...

ツクシガモ

 この冬は姿を見せないのでどうなったのかと気にしていたら 現れました ツクシガモです 10羽以上が水路に散らばっていました 知人によると近所の池に数十羽の群がいるそうです シンクロ!  逆立ちして餌を探しています   お腹の色の違いは個性?  「腹の黒い」のもいるとか (笑) 黒い頭に黒い目は なかなか見えないです マガモより少し大きいツクシガモはその色模様もあって   美しく貫禄のあるカモです ...

オシドリ 渓流で遊ぶ

 我町を流れる川に オシドリがやって来ました 手前がメス、ペアのように見えますが ただ並んだだけ これから徐々にペアが出来ていくようです 奥の方では追っ駆けっこが・・・ 「おしどり夫婦」と言いますが、実際のオシドリは毎年相手を変えるらしいです 「俺はカッコイイだろ」と言ってるみたい 岸辺に上がって 青草を啄んでいます アラカシの実(どんぐり)が好物なのですが緑の葉も食べていますね このとき上流から...

ミコアイサがいっぱい

 ミコアイサが来ています     パンダガモなんて安っぽい呼び方はしないでほしいなあ 綺麗な冬羽に変身完了 綺麗なオスをちょっと大きく まだ変身途中のも   この頃はちょっとお気の毒ですね メスです 真ん中はメスですが 前後は変身前のオス(エクリプス)でしょう 冠羽が立ち上がるボサボサ頭がアイサ類の特徴ですね 小さなため池ですが 約50羽ものミコアイサが来ています カモ目 カモ科 アイサ属 ミコアイ...