峠の山小屋Ⅱ

セツブンソウとニホンミツバチ

 数日前 遅すぎたかなと心配しながら      セツブンソウの花を見に行きました。 まだ何とか満開状態が見られました。 セツブンソウです。 ニホンミツバチが蜜を集めていました。   オオイヌノフグリも咲き始め セイヨウタンポポも咲いていました。   セツブンソウについては  →  こちらなど...

セツブンソウの花にニホンミツバチが訪れた

 セツブンソウが咲きました 立春寒波などでもっと遅いかもと思いながら    峠を越えて北隣の町へ行ってみたら、自生地は今が満開でした 白い花弁に見えるのは愕、黄色い蜜腺が本来の花弁に相当、    沢山の雄しべ、いくつかの葯がはじけて花粉をこぼしています        中央に小さな雌しべが見えます  保護管理された自生地は花のじゅうたんです。    蜜を求めて蜂が訪れていました。 蜂はニホンミツバチ...

トリガタハンショウヅル チゴユリ

 トリガタハンショウヅルが咲き始めました 葉は三出複葉 花弁のように見えるのは愕 花弁はありません  樹木に絡まって伸びる蔓植物です キンポウゲ科 センニンソウ属 トリガタハンショウヅル                                              Clematis tosaensis 鳥形半鐘蔓  本州(関東以西...

セツブンソウ 今年も咲いた

 最近の寒波でセツブンソウの開花も遅れそうだと聞いて   のんびりと訪ねてみたら すでに満開を過ぎていました ここでは毎年2月10日ごろに咲いています セツブンソウは春に先駆けて一番に咲く花ですね キンポウゲ科 セツブンソウ属         セツブンソウ Shibateranthis pinnatifida 節分草    関東地方以西に分布 石灰岩地帯に多い    環境省 準絶滅危惧    岡山県 準絶滅危惧   ...

セリバオウレンの花にハネカクシ アカガエルもお目覚め

 セリバオウレンに白い花が咲きました 雌蕊が見えないのは雄花です 左下方の雌蕊が目立つ雌花 右の花にはハナムグリヨツメハネカクシの一種が ニホンハナムグリヨツメハネカクシでしょうか  この種はよく似たたくさんの仲間があり、確かなことは不明です 甲虫目 ハネカクシ科 ヨツメハネカクシ亜科 ハナムグリヨツメハネカクシ属        ニホンハナムグリヨツメハネカクシ Eusphalerum japonicum   本...

早春の峡谷 ケスハマソウ セツブンソウ ユキワリイチゲ ヤマネコノメ

 近所のユキワリイチゲも咲いて  保護地のセツブンソウも咲いたのなら  あの谷の ケスハマソウも咲いているかもと 行ってみました ケスハマソウの白い花が ぽつぽつと咲き始めていました  先日の寒波のせいか、早く咲いた花は茶色く傷ついたものもあります 日陰には微かに雪も残っていました  日当たりのあまりよくない峡谷の春は 周囲より少し遅れて来るのですが  それでも もう咲きだしています ケスハマソウ...

セツブンソウ 気付いたら終盤に

 セツブンソウは例年2月10日前後に咲き始めます    節分(2/3)には咲いていたよ 今年はどうなっているんだろ 先輩の話を聞いてあわてて行ってみました             なんとか終盤に間に合ったようです  満開状態 離れて見ると 雪のように...

セリバオウレンと訪花昆虫 ユキワリイチゲ フキノトウ

 フキノトウが顔を出しています 谷間では セリバオウレンが咲きました  オウレンはキンポウゲ科の常緑多年草、生薬(胃腸薬)として有名   葉の形でキクバオウレン、セリバオウレン、コセリバオウレンの変種がある 虫が集まってきます   クロフトモモホソバエのようです  沢山の小さな虫がいます ハナムグリヨツメハネカクシの一種のようです     ニホンハナムグリヨツメハネカクシではないかと思います ユキ...

スズシロソウ ケスハマソウの赤花? アズマイチゲ ヤマネコノメ テングチョウ ハエ?

 急に暖かくなりました 谷を歩くと汗が・・・ スズシロソウの花が咲きだしています ケスハマソウは満開です 淡いピンクのケスハマソウ  白花しかないと言われていますが    ほんのわずかピンクがかったものも アズマイチゲが咲いていた ネコノメソウも     ヤマネコノメかな 花が咲くと 虫が来るのは自然なこと テングチョウは越冬からお目覚め アブと思ったら ハエのようです 何バエでしょう    ハエ...

セツブンソウ 白花? イブキスミレは蕾

 セツブンソウがまだ咲いていた    全く管理されていない 野生のセツブンソウは か細く見える白い萼片 黄色い蜜腺(本来の花弁)青紫の葯が 美しい花だ 変わったセツブンソウを見つけた 葯が真っ白 白花?  素心と呼ぶらしい   相当珍しいようだ 一部の愛好家の間では珍重されているらしい これも白花   いつまでもひっそりと咲き続けてほしいね スミレはまだ蕾 おそらくイブキスミレと思う   暖かくな...

雪のセツブンソウ

セツブンソウが咲いたと聞いて峠を越え北の隣町へ 日陰には前日の雪がまだ残っています 日当たりのいい場所では大きな群落が                          大きくなります キンポウゲ科 セツブンソウ属 セツブンソウ    関東地方以西に分布 石灰岩地帯に多い       環境省 準絶滅危惧      岡山県 準絶滅危惧...

チゴユリ トリガタハンショウヅル スミレいろいろ

  山道にチゴユリが咲きました   チゴユリはホウチャクソウの仲間ですが                里山の中腹から尾根筋の乾燥気味の場所に生えます   谷の底に降りると 白いハンショウヅルが咲いています    トリガタハンショウヅルです          高知県の鳥形山で発見されたのでトリガタハンショウヅル         キンポウゲ科 センニンソウ属 トリガタハンショウヅル ...

トウゴクサバノオ

  私のホームグラウンドと言ってもいい裏山続きの峡谷に   「トウゴクサバノオが咲いたよ」 街から来た知り合いが教えてくれました          灯台下暗しですね  (^^;)   トウゴクサバノオは初見初撮りです    キンポウゲ科 シロカネソウ属 トウゴクサバノオ     宮城以南の本州、四国、九州に分布     岡山県・広島県 絶滅危惧Ⅱ類    黄色い花が可愛い   ...

イチリンソウ スミレ2種 ユキワリイチゲも

  五分で行ける峡谷に   イチリンソウが咲きました     私の知る範囲では ここが一番早く咲くようです   花びらに見えるのは萼片です   裏がほんのりピンク色    スミレも咲いています  アオイスミレだったかな  少し前から咲いていました   ナガバタチツボスミレも咲きました   気温が上がったためか、そろそろ終りのユキワリイチゲが満開でした    ...

ケスハマソウ

   ケスハマソウが満開でした    キンポウゲ科 ミスミソウ属 ケスハマソウ   三つにくびれた葉の形が 角張っているのが ミスミソウ(三角草)、  葉の角が丸っこいのは 祝いの席に飾る島台の州浜に似ているのでスハマソウ(州浜草)、  スハマソウの葉の両面に毛があるものを ケスハマソウと呼びます      分類としては同一種で 亜種や変種の違いらしい     ところが 葉の形も、...

セリバオウレン ユキワリイチゲ  峡谷の春はいよいよ

  石灰岩の大地の 深くえぐられた峡谷に   セリバオウレンの花が咲きました      セリバオウレンはオウレンの種内変異です、   葉の形がセリの葉に似ているから芹葉、  茶色い変色は日焼けか低温か      コセリバオウレン、キクバオウレン等というのもあるね  クモとハチもいるけど判るかな    雄蕊と雌蕊がそろった普通の花に、    雄蕊だけの雄花        ほぼ雌蕊だけ...

ユキワリイチゲ ホソバナコバイモ アオイスミレ 春は廻って

  谷間の森に   ユキワリイチゲが咲きました     薄い紫の花が 一斉に咲き始めます     ユキワリイチゲが咲くと、春が来たなと思います   淡いピンクに見える花も     ホソバナコバイモも満開です      斑入りの葉や    緑の葉   褐色タイプも   ユリワサビも咲いています    ワサビの仲間ですが、小さい花です    葉をもむと つんとワサビの香...

セツブンソウ 春はもうすぐ

  セツブンソウが咲いたとニュースが飛び込んできました     峠を超えて北の隣町へ見に行きました   大雪でついこの前まで雪に埋もれていたので、             花が咲くのも少しは遅れるかと思ていたのに     時期が来たら 忘れずに咲きました   キンポウゲ科の花です 白い花びら様の部分は萼片、橙色の蜜腺が花弁の変化したもの       キンポウゲ科 セツブ...

シギンカラマツ アキカラマツ ミヤマママコナ

 雨上がりの山道に シギンカラマツが咲いていた    線香花火のような花なのに 雨に濡れて綺麗に広がらない     キンポウゲ科  カラマツソウ属 シギンカラマツ    アキカラマツはこの前からたくさん咲いている    キンポウゲ科  カラマツソウ属 アキカラマツ       峠の山道で 赤い可愛い花が ママコナ?           帰ってPCで大きくしてみると ミヤマママコナ...

イチリンソウ と ヒトリシズカ 

  谷間の沢沿いにイチリンソウが咲きました   キンポウゲ科 イチリンソウ属 イチリンソウ  ユキワリイチゲやアズマイチゲも同じ仲間   花弁でなくて、萼片なのだが 数も形もいろいろだ      ほんのりピンクに見えるのは 裏の色   ウラベニイチゲと言う別名もあるそうだ、    紅色の出方はさまざまだ    崖にはナガバノタチツボスミレが咲いている   スミレの側に ヒトリシ...