峠の山小屋Ⅱ

産卵するホソミイトトンボ夏型 ショウジョウトンボ オオイトトンボ クロイトトンボも産卵

 高原のため池で ホソミイトトンボ夏型が産卵していた 産卵中のホソミイトトンボにモノサシトンボが近づく  危ない、危ない 連結して飛翔するホソミイトトンボ ホソミイトトンボは成虫で越冬するトンボ、年に二度発生する     ホソミイトトンボと越冬蜻蛉について詳しくは  →  こちらで ショウジョウトンボは全身真っ赤なトンボ 池の畔では珍しくない オオイトトンボ  この辺りでは高原の池でよく見かける ...

真夏のトンボ ヒメサナエ オオイトトンボ ホソミイトトンボ夏型 モノサシトンボ

 渓流沿いの道でトンボを見た  サナエトンボの様だ ヒメサナエかな ヒメサナエ ♀  で間違いなさそうだ  ヒメサナエは渓流のサナエトンボだ      ヒメサナエについては  →  こちらで そのまま山道を上って 高原のため池を覗いてみた  ブルーのイトトンボがいる  オオイトトンボ♂ 腹部をくねくねさせて ストレッチをしているかのよう  翅の一部が変形している。羽化の時の事故だろうが       ...

里山のため池 チョウトンボ モノサシトンボ コウホネ ショウブ ガガブタ

  里山のため池を覗いてみたら・・・ 水辺の草にチョウトンボがいた   チョウトンボの翅は光の反射で虹色に見えますが、じつは黒です。 池の中のコウホネの葉にモノサシトンボが産卵していた。 水際の剣のような細い葉はショウブ(菖蒲) 花が咲いていた  ショウブ目 ショウブ科 ショウブ属 ショウブ Acorus calamus 菖蒲  端午の節句の菖蒲湯の菖蒲です。     花菖蒲は別の植物です。 池の土手では ツバ...

モートンイトトンボに会いに・・・

 先日の廃止された丘の公園とは別の所です。 車で一時間半かけて山のちょっとした公園に行ってみた。 休耕田を利用した湿地にモートンイトトンボが飛んでいました  オスです  モートンイトトンボ♂は成熟するにつれ黒・水色・橙色がより鮮やかになります。 オスの上半身拡大 モートンイトトンボ ♀  羽化直後に発色すると橙色になる  数日後には 頭部から黄緑色が広がり  最終的には腹部背面の黒と鮮やかなグリーン...

閉鎖の公園にハッチョウトンボ大発生 モウセンゴケ ケラ フタスジサナエ キイトトンボ ヨツボシトンボ

 昆虫や野草の撮影地として親しんできた  丘の上の公園は 昨年の西日本豪雨災害により閉鎖されていました。 今年度になって復旧が困難としてビジターセンター、キャンプ場などの廃止が決まりました。 湿地の周辺がどうなったのか気になって覗いてみました。 駐車場に車を停め、徒歩で湿地に行くと、   ハッチョウトンボが足元から群がって飛び立ちます。     こんな密集したハッチョウトンボは見たことがない、大発...

平地ではポピュラー アオモンイトトンボ

 ため池で一番たくさん飛んでいたのは   アオモンイトトンボでした。 アオモンイトトンボ  オス アオモンイトトンボは平地のため池では ふつうに見られます。  しっぽの先(腹部8・9節)があざやかなブルーなので青紋というらしい オスのように見えますが同色型の雌です 見分ける一番はオスの副性器ですがこの画像では見えにくいです。 見えるところでは縁紋の色と 腹部の太さの違いでしょうか。 これが普通の雌  ...

ムスジイトトンボ

 前回に続き 平地のため池のイトトンボから  ムスジイトトンボです   オス  上半身の拡大  頭部、胸部の詳細がよくわかります 前回の セスジイトトンボとの違いを比較できますムスジイトトンボのオスは鮮やかなブルーのイトトンボです ムスジイトトンボのメス    トンボ目 イトトンボ科 クロイトトンボ属         ムスジイトトンボ Paracercion melanotum 六条糸蜻蛉       宮城県以南...

イトトンボがたくさん セスジイトトンボ クロイトトンボ

 田園地帯のため池にイトトンボがたくさん飛び回っています。 まず目についたのは セスジイトトンボ  オスです 頭部、胸部 詳細 セスジイトトンボ メス  トンボ目 イトトンボ科 クロイトトンボ属         セスジイトトンボ Paracercion hieroglyphicum 背筋糸蜻蛉   朝鮮半島、中国、ロシア極東部    北海道・本州・四国・九州     平野部のため池や緩い流れに産卵、   成虫出現期5月...

オツネントンボ 産卵する

 高原のため池で オツネントンボ が産卵していました。  オスとメスが連結して水中や     水辺の植物などに産卵します。  水鏡  静かな水面にシンメトリー    枯草でメスを待つオス   オツネントンボは成虫で越冬するトンボです。  オツネントンボなど       成虫で越冬するトンボについて詳しくは →  こちらに   ...

晩秋の虫 リスアカネ キトンボ オオアオイトトンボ コバネイナゴ ハネナガヒシバッタ

 高原のため池のほとりで出会った虫たちです。   霜が降りる季節になってもまだ虫はいました。 朽ちた竹の上で日向ぼっこをしていたのはリスアカネです。 岩の上にも・・・?  !? ちょっと違う  あれはもしやキトンボか? 間違いない!  キトンボ♂です  県北の鯉ヶ窪湿原で2,3度見ただけ、市内で会えるとは意外でした。  トンボ目 トンボ科 アカネ属 キトンボ Sympetrum croceolum 黄蜻蛉   北...

ニホンカワトンボ ミツバウツギ ラショウモンカズラ ヒメウツギ ツマキチョウ ヤマブキソウ

 うっかりしていたら季節は進み、   写真はどんどん賞味期限切れに・・・ カワトンボです。 ニホンカワトンボかアサヒナカワトンボか迷うのですが この翅色がいるので、ニホンカワトンボかなと思っています。 これはメス ミツバウツギ ラショウモンカズラ ヒメウツギ チョウが上になったり下になったり   ツマキチョウです。 上がオス、下がメス ムラサキケマンで吸蜜するツマキチョウ♀ ヤマブキソウ...

オツネントンボ早くも産卵 カナヘビ アセビの花

 越冬から目覚めた オツネントンボ♂ です オスとメスが連結して産卵行動に見えます 普通、抽水植物の緑の葉や茎に産卵するのですが   未だ新芽も出ていないので水面の枯草に産卵しているのでしょうか  いつもならホソミイトトンボが一番早く見つかるのですが     今年最初のトンボはオツネントンボでした  オツネントンボなどの越冬トンボについては  →  こちらもどうぞ 池のほとりにはニホンカナヘビも日向...

ヒメサナエ

 渓流沿いの小道でアキアカネほどの小さなサナエトンボを見つけました   オジロサナエに似ていますが       調べてみたらヒメサナエでした  ♀です  私には初めて見た蜻蛉でした  トンボ目 サナエトンボ科 ヒメサナエ属           ヒメサナエ Sinogomphus flavolimbatus 姫早苗蜻蛉    本州・四国・九州  日本特産種 生息地は局所的    流水性のサナエトンボ 河川中流域で羽化し上...

ミヤマアカネ

 ミヤマアカネ♀  ミヤマアカネはノシメ斑の翅をもった赤トンボ(アカネ属)です  メスは赤くならない  ミヤマアカネ♂ 羽化してしばらくすると成熟して赤くなります  顔まで赤い  ミヤマアカネについては  →  こちらも   ...

ハグロトンボ キツネノカミソリ ヒメハナバチ?

 ハグロトンボ♂です 翅を広げています 5月からミヤマカワトンボが飛ぶ渓流、        7月下旬にはハグロトンボがたくさん出てきます  アオハダトンボが見たいのですが、いるのはハグロトンボばかり ハグロトンボ♀  トンボ目 カワトンボ科 アオハダトンボ属               ハグロトンボ Calopteryx atrata 羽黒蜻蛉    本州・四国・九州  中流域      比較的汚染に強いのか他...

ベニイトトンボ繁殖地 チョウトンボ ショウジョウトンボ タイワンウチワヤンマ モノサシトンボ アオモンイトトンボ

 ベニイトトンボは何年か前       山口県まで行ったときにたまたま撮影したことがあるだけでした    岡山県は生息しないとされていました   →  以前の記事  3年前、岡山県内で生息地発見のニュースが流れ、      何とか見たいものと思っていましたが、やっと会えました。 ベニイトトンボ ♂ この一頭しか見つけられなかったのですが       この池で確かに繁殖しているそうです  トンボ目 イ...

ムラサキシキブ コオニヤンマ アジアイトトンボ オオイトトンボ アキノタムラソウ

 谷川のほとりに紫の小さな花が咲いています  ムラサキシキブの花です  冬には紫の丸い実をつけます 流れの岩にトンボがいます  コオニヤンマ♂ です 流れの上でホバリングをしているのは♀です しっぽ(腹部先端)で水面をチョンと叩きました  産卵です   コオニヤンマは流水に住む代表的なサナエトンボです 高原のため池では アジアイトトンボが産卵しています アジアイトトンボ♂ オオイトトンボも連結してい...

エゾトンボ産卵 ツマグロヒョウモン交尾 タイワンウチワヤンマ ハッチョウトンボ アオイトトンボ キイトトンボ オオバノトンボソウ ノギラン

 5月の末以来久し振りに丘の上の湿地を訪ねました まず目についたのはツマグロヒョウモン 交尾中        右上の派手な色彩の方がメスです  ツマグロヒョウモンについては  →  こちらを  池のほとりのアザミの花にタイワンウチワヤンマが止まっています  ここでもウチワヤンマの影が薄くなりました   タイワンウチワヤンマについては  →  こちらを  キイトトンボは今が最盛期のよう  オスです  ...

アオモンイトトンボ セスジイトトンボ

 田園地帯のため池のほとりにも小さなトンボがいました アオモンイトトンボの少しゆがんだハートマーク  橙色の綺麗なアオモンイトトンボ♀ まだ未熟かな 小さな虫を捕食するアオモンイトトンボ♂ セスジイトトンボ♂ セスジイトトンボ♀  アオモンイトトンボとセスジイトトンボは平野部の池ではありふれた種類です...

自然保護センター ハッチョウトンボ オオイトトンボ チョウトンボ アサヒナカワトンボ ビロードハマキ オオムラサキ ムラサキシキブ ヤブキリなど

岡山県自然保護センターへ何年振りかで行ってきました入り口の池の土手で今回もネジバナが迎えてくれました道筋にはオカトラノオが白い花お咲かせていました自然保護センターといえばハッチョウトンボの生息地です   ♂と  ♀チョウトンボはたくさん飛んでいますオオイトトンボです 今年は初めて見ましたアサヒナカワトンボだそうです ♀です  ニホンカワトンボとの区別は私には判りません           分布域から...