峠の山小屋Ⅱ

マミジロハエトリ ヤブラン キンミズヒキ

 マミジロハエトリの正面顔 大きなぎょろ目が何となく可愛い  マミジロの所以の目の上が白いのはオス 獲物を見つけ、跳びかかって仕留めるハエトリグモは目が特に発達している  大小合わせて4対8個の単眼を持つ 江戸時代には 獲物を襲う様子が鷹に似ていると、  座敷鷹と呼ばれ愛玩用に飼育されたそうだ  マミジロハエトリの蘊蓄については  →   こちらや こちらに ヤブランの花が咲いていた キンミズヒキも...

巨大な牙のコアシダカグモ 足長はザトウムシ

 巨大な牙が不気味に光り 八個の単眼が二段に並ぶ 肢には特徴的な豹紋  おそらくコアシダカグモだろう  クモ目 アシダカグモ科 コアシダカグモ属          コアシダカグモ Sinopoda forcipata 小脚高蜘蛛   本州・四国・九州 19世紀ころの外来種らしい、   大型の徘徊性蜘蛛 ゴキブリ、バッタ、子ネズミなど小動物を捕食  アシダカグモが主に屋内に生息するのに対して  コアシダカグモは自然度...

シュンラン マミジロハエトリ タカハシテンナンショウ ヤブツバキ

 林床にシュンランが咲いていました マミジロハエトリ♂  ハエトリグモです 大きな丸い目です外側のちいさく丸いのも目です  白い房毛のある触肢、その間の黒い2本が鋏角(上顎)です 横顔では4対8個の単眼があることがわかります  1㎝に満たない小っちゃいハエトリグモですが                  接近して見ると迫力ありますね  ハエに飛び掛かる姿が鷹のようだから座敷鷹と呼ばれたそうです   ...

マミジロハエトリ クサグモ

 マミジロハエトリの♂です  目の上が白いハエトリグモという意味です  前方の一番大きい一対の目を綺麗に撮りたかったのですが    黒い体色に黒い目玉はモデルには手ごわい相手でした 横顔を見ると 4対8個の目が頭をぐるっと取り巻いているのが見て取れます 体調1㎝足らずの小さな蜘蛛ですが      ぎょろ目がとてもかわいいという人は多いのです    マミジロハエトリの詳細とメスについては  →  こちら...

イオウイロハシリグモ

 草の上で大きなクモを見つけました   イオウイロハシリグモの斑色タイプかなと思います イオウイロハシリグモの体色は基本 次の写真のタイプです  ほかに スジブトハシリグモに似た縦筋模様のタイプもいます アシダカグモと見まがうほどの大きな蜘蛛です 顔のアップ  蜘蛛には八個の目がありその配置は種類によって異なります      この顔の目の配置はキシダグモ科の配置です  クモ目 キシダグモ科 ハシリ...

マミジロハエトリ

 マミジロハエトリ♀   ハエトリグモです  正面顔はとてもユニーク  ぎょろ目が可愛い       目は全部で8個あります さて どこでしょう? 蠅や蚊、ゴキブリの幼虫など小さな虫を捕食します 家の中にもいます  (人体に影響するほどの)毒はない  人は咬みません いわゆる蜘蛛の巣は作らず、動き回って虫を捕ります 家の中にも入ってきますが、ゴキブリ(の子供)を捕まえてくれるいい奴です 体長の20...

シロカネイソウロウグモ ナガコガネグモ

 裏から見たナガコガネグモの巣です  背後にごみのような物が・・・ フォーカスをずらして見ると  左にイソウロウグモ ナガコガネグモの脱皮殻 獲物の食べカス シロカネイソウロウグモのメスです 先日トビジロイソウロウグモを見つけて調べていくうちに  イソウロウグモの生態に興味がわき 探して見たくなりました                        →   トビジロイソウロウグモ ナガコガネグ...

トビジロイソウロウグモ オオシロカネグモ

 山道のほとりにオオシロカネグモがたくさん網を張っています 近づくとすぐに草の陰に隠れます クモ目 アシナガグモ科 シロカネグモ属           オオシロカネグモ Leucauge magnifica  大銀蜘蛛  体長 ♀13~15㎜ ♂7~10㎜   山間の水辺の近くに水平の丸い網を張る 全国で普通に見られる   オオシロカネグモが隠れた後のクモの巣の隅の方に何か動くものが・・・  小さなクモ...

アカサビザトウムシ ヒコナミザトウムシ 不明のザトウムシ オオシロカネグモ

 薄暗い林床に肢の長い虫が ゆらゆら・・・   ザトウムシのようです 蜘形類というクモ、ダニ、サソリなどの仲間   アカサビザトウムシ  頭胸部と腹部が一体でくびれが無い ダニに近い体型   体長5㎜と言っても長い肢を広げると15㎝は楽にある    小さい虫? 巨大な虫? どっちなの? 頭胸部に飛び出した小さな一対の単眼、腹部第2節に棘  ザトウムシ目 カワザトウムシ科 アカサビザトウムシ...

アカサビザトウムシ? 在庫より

  ちょっと前の在庫より ザトウムシの一種です   アカサビザトウムシのようです           英語では Daddy Longlegs(足長おじさん) と言うそうだが       1対の小さな単眼と 背中に1本のツノ             雨に濡れている     節足動物門  鋏角亜門 ( きょうかくあもん )  クモ綱      ザトウムシ目 カワザトウムシ科 フシザトウムシ亜科 アカサビザトウ...

巨大なヤスデ

  この前の谷底で 巨大なヤスデに会いました    おとなの小指ほどもある とても大きなヤスデ     いろいろ調べてみた      多足亜門 ヤスデ網 オビヤスデ目 ババヤスデ科 の1種だろうことは分かった        アマビコヤスデの仲間か ミドリババヤスデのどれからしい      こんなでかいのが日本にいるとは驚きです        それも吉備高原の谷底にいたとはね...

ザトウムシの仲間  何ザトウムシだろう?

  ザトウムシという生き物がいます    8月の初めに 山の峡谷の薄暗いコケの斜面で見つけました  途方もなく 長~~い足 英語では            Daddy Longlegs(足長おじさん)と呼ばれているそうだ       体長 約7㎜     ザトウムシと言っても 目がないのではない 頭部に一対の単眼がある   いろいろ調べてみて        節足動物門   鋏角亜門 ( きょうかくあもん ...