峠の山小屋Ⅱ

トウゴクサバノオ オオマルバコンロンソウ ヤマルリソウ イチリンソウ ヤマブキ

 ヤマブキがあっちでもこっちでも満開です   七重八重花は咲けども山吹の実の一つだになきぞあやしき(後拾遺1154) 有名な和歌ですが 野性の山吹の花は一重です  ちゃんと結実します  八重のヤマブキは栽培品種で実を結びません。   「七重八重・・・」の和歌は    10世紀には八重山吹が国内で栽培されていたことを示しています。 山道のほとりにいろいろ咲いていました。  イチリンソウ ヤマルリソウです...

コバノミツバツツジ ナガバノタチツボスミレ タチツボスミレ ヒメウズ ヒトリシズカ ヤマルリソウは白花も

 峡谷を散策しました コバノミツバツツジは いつのまにか 盛りを過ぎていました ナガバノタチツボスミレは茎を延ばしています タチツボスミレも花盛り ヒメウズは5㎜程の小さな花ですが 接近して見ると 意外と美しい花です ヒトリシズカもそっと咲いていました  ヤマルリソウは白花も並んで咲いています...

春を探しに 高原から峡谷へ

 マクロレンズ一つをもって吉備高原に行ってみました キバナノアマナはまだ蕾 カタクリもまだ蕾  2月の雪の影響で花の時期が遅れているようです それでも ヤマエンゴサクが咲き始めていました フキノトウも花を開きかけています 越冬から目覚めたテングチョウが日向ぼっこ 高原から峡谷へ下っていくと 道のほとりに ユキワリイチゲが咲いていました ヤマルリソウや ユリワサビも 花をつけています 渓流のほとりに...

渓流の小さき花たち シロバナネコノメ ヤマネコノメ トウゴクサバノオ ヒトリシズカ ヤマルリソウ コチャルメルソウ イチリンソウ ナガバノタチツボスミレ  ヒシバッタ

 谷川沿いに散策すると  小さな花が こっそりと咲き始めていました シロバナネコノメは白い花に赤い葯が鮮やかです ヤマネコノメも地味に花開いています 黄色い花は 珍しいトウゴクサバノオです トウゴクサバノオについては →  こちらも ヒトリシズカの花も顔をのぞかせました ヤマルリソウは茎を伸ばし コチャルメルソウは花盛り イチリンソウはウラベニイチゲとも呼ばれるそうです   ナガバノタチツボスミレ...

ヒメウズ ヤマルリソウ フタバアオイ ヒトリシズカ コショウノキ

峡谷の渓流の側にはちょっと暗めで湿った環境の好きな花が咲きます  ヒメウズは 5㎜程のとても小さい花です   畑や石垣の隙間など割といろんな所に生え、 草丈は30㎝程になります   近寄って見ると  白い萼片 中の花弁は黄色なんだ    キンポウゲ科 ヒメウズ属 ヒメウズ   ヤマルリソウは崖のような所に生えます         ムラサキ科 ルリソウ属 ヤマルリソウ     名...