峠の山小屋Ⅱ

秋の鯉が窪湿原(1) アケボノソウ ビッチュウフウロ サギソウ サワギキョウ ヒメアカネ マユタテアカネ

  久しぶりに 鯉が窪湿原に行ってみました  9月の半ば過ぎだというのに、11月並に涼しくて 蚊には刺されなかった  まずアケボノソウが満開で迎えてくれた     センブリの仲間で 大きいものは草丈が1m以上になる  ビッチュウフウロはそろそろ終わり  蜜を舐めに来たのは ヒラタアブですか     ビッチュウフウロは備中地方の標本により命名されたフウロソウです  サギソウもまだ咲いていた     ...

秋の鯉が窪湿原(1) アケボノソウ他 花色々

  久しぶりに鯉が窪湿原に行ってみました                       鯉が窪湿原の概要は こちらで   この時期のお目当ては もちろん   アケボノソウです     ハナグモが隠れています    センブリの仲間だが、花は倍ぐらい大きい、草丈も80㎝超のものもある   花びらが4裂のものもあります    リンドウ科 センブリ属 アケボノソウ    サワギキョウは そ...

鯉が窪湿原の花と虫

 鯉が窪湿原は岡山県の北部、   新見市哲西町にあり、 標高550m、  「鯉ヶ窪湿性植物群落」として国の天然記念物に指定、  西の尾瀬沼と称される          観光案内風に言えばこんなところ  今年になってからは、初めて行ってみた      今は夏から秋へ 移行の時期  まず迎えてくれるのは サワギキョウ     オグラセンノウは 鯉が窪湿原のマスコット的存在    九州の...

アケボノソウ

アケボノソウです  初見 初撮り        鯉が窪湿原にて     2011/9/24 撮影          リンドウ科 センブリ属   これが撮りたくて 鯉が窪湿原に 行ってきました    花冠の紫の斑点と黄色い点(蜜腺)を曙の空に見立てて アケボノソウという     大きいものは1m以上になり たくさんの花を付ける        花のサイズもセンブリよりは大きい     ...

鯉ヶ窪湿原 ビッチュウフウロとオグラセンノウ ムラサキシジミも

鯉ヶ窪湿原は雪解けの時期から秋の終わりまでに 色とりどりの花が咲きますが、  サギソウと並んでこの時期を代表するのは ビッチュウフウロです      フウロソウ科 フウロソウ属 ビッチュウフウロ          岡山県 準絶滅危惧       中部,近畿,中国の限られた地域に生息する    岡山県の標本をもとに命名されたフウロソウ  フウロソウにはイヨフウロ、ツクシフウロ、ハ...