峠の山小屋Ⅱ

ヒメアカネ キイトトンボ イチモンジセセリ イヌビワの実

 湿原を取り巻く 草むらに ヒメアカネがいた   まだ黄色い 羽化後間もないオスのようだ  止まっている花のつぼみはヒヨドリバナか 成熟すると赤くなる国内最小の赤とんぼ(アカネ属)    成熟したヒメアカネについては  →  こちらを参照   トンボ目 トンボ科 アカネ属         ヒメアカネ Sympetrum parvulum 姫茜      東アジア・極東     北海道・本州・四国・九州      丘...

庭にミヤマアカネ ツマグロヒョウモン サギソウ ホザキノミミカキグサ キイトトンボ ヒメアカネ ツクツクボウシ

 昨日 出かけようとすると 庭の隅に ミヤマアカネが   先日20㎞も離れた隣町の高台まで会いに行ったのに     ミヤマアカネの方から来てくれました  それだけ 我家が山の中 ということなのですが・・・  久しぶりに丘の湿地を訪ねました まず出迎えてくれたのは ツマグロヒョウモン♂ お目当ては サギソウでした ちょうど綺麗に咲いたところ 湿地には ホザキノミミカキグサの可愛らしい紫の花も咲いてい...

エゾトンボ? ヒメアカネ キイトトンボは産卵へ

  エゾトンボ? が飛び始めました  エゾトンボとタカネトンボは捕まえて細部を見ないと区別は困難だそうです          エゾトンボについては  →  こちらもどうぞ  ひとまずエゾトンボとしておきます  ほとんど止まることのないトンボなので    補虫網を持たないトンボ撮りにとっては       ホバリングを狙うしかないのですが       数撃ちゃ当たる作戦だけで ピンボケの大量生産 ...

スイランは菊です ヒメアカネ産卵 ミズトンボ

 丘の上の湿地に行くと  一面に黄色い花が咲いています  スイランと言います  見て分かるようにキク科の花です   キク科 スイラン属 スイラン Hololeion krameri  水蘭    本州中部以西・四国・九州  貧栄養の湿地、ため池の水際など     絶滅危惧Ⅰ類 長野・島根・徳島・愛媛・長崎     絶滅危惧Ⅱ類 京都・香川・熊本     準絶滅危惧  滋賀・和歌山・高知  情報不足 佐賀     ...

オオルリボシヤンマ飛翔 アオイトトンボ産卵 他 

 ため池の上をオオルリボシヤンマ♂が飛び回っていました オオルリボシヤンマの飛行を撮影できたのは今回が初めてでした やっと近くで撮れました  ♂です   トンボ目 ヤンマ科 ルリボシヤンマ属         オオルリボシヤンマ Aeshna crenata 大瑠璃星蜻蜒    ヨーロッパ・ロシア・朝鮮半島・日本    国内では北海道・本州・九州          南に行くにつれて分布域の標高が高くなる    ...

高原の秋 稲穂は実り 赤とんぼが舞う

 高原の稲はもうすぐ収穫期            平野ではまだ穂が出たばかりなのにね ゲンノショウコは赤花と白花      この付近では 赤花が多い ナツアカネ Sympetrum darwinianum ♂ です 全身が赤い赤とんぼ 暑さに弱いアキアカネが高原(1000m級)に避難する夏も身近にいます      アキアカネは10月の終わりまで帰ってきません 最も赤くない赤トンボ ノシメトンボ Sympetrum infus...

サギソウ ヒメアカネ ミズトンボ ホザキノミミカキグサ コガンピ

 サギソウのニュースが聞かれるようになりました 丘の小さな湿地にも 白い可憐な花が咲いています   白いサギが翼を広げているような風情にサギソウと呼ばれます  ラン科 サギソウ属 サギソウ Pecteilis radiata  環境省 準絶滅危惧   岡山県 絶滅危惧Ⅱ類 この湿地にもハッチョウトンボが発生していましたが  松くい虫防除の空中散布の後に消えてしまいました 最近になってヒメアカネ Sympetrum parvul...

高原のトンボ オオルリボシヤンマほか

  昨夜からの雨が続いています  昨日の写真の整理がまだできないので、       先日 高原の池で見たトンボです  アオイトトンボ オス  ホソミイトトンボ メス  オオルリボシヤンマ オス     オオルリボシヤンマは 夏に来た時には 池の上をすいすい飛び回っていましたが      速いので、カメラで追いきれなくて、悔しい思いをさせられました       役目を終えた 老熟のオオルリボ...

ミズトンボ ヒメアカネ キキョウ

  ふと気づくともうミズトンボの時期は終わりかけています  丘の湿地を覗いてみると何とか間に合ったようです        枯れ始めた ミズトンボ  子房が膨らんでいます   まだみずみずしいものも残っていた      ながくて 複雑な 唇弁と距が面白い        毎年 気になって 見に来るのだけれど 見逃さなくてよかった      ラン科 ミズトンボ属 ミズトンボ       環境省 絶滅危惧...

秋の鯉が窪湿原(1) アケボノソウ ビッチュウフウロ サギソウ サワギキョウ ヒメアカネ マユタテアカネ

  久しぶりに 鯉が窪湿原に行ってみました  9月の半ば過ぎだというのに、11月並に涼しくて 蚊には刺されなかった  まずアケボノソウが満開で迎えてくれた     センブリの仲間で 大きいものは草丈が1m以上になる  ビッチュウフウロはそろそろ終わり  蜜を舐めに来たのは ヒラタアブですか     ビッチュウフウロは備中地方の標本により命名されたフウロソウです  サギソウもまだ咲いていた     ...

夏のトンボ色々  オオバノトンボソウも 

  丘の上のため池に ウチワヤンマがいます  よく似ていますが タイワンウチワヤンマです    タイワンウチワヤンマは外来種とは言えないですが、分布域を北へ広げています    キイトトンボが産卵しています  クロイトトンボも産卵中 湿原に ハッチョウトンボのメスがいました    一ヶ月前には湿原を埋め尽くすほどいたのが 2頭のメスをやっと見つけただけでした   オスはもういなかった   モウセンゴ...

秋の鯉が窪湿原(2) ヒメアカネ他 赤トンボ色々

  鯉が窪湿原にもいろんな赤トンボなどがいました 入口の近くで ハートマークを作っていたのは ヒメアカネです    メスを待つオス                           トンボ目 トンボ科 アカネ属 ヒメアカネ   アカネ属の中で最小 湿原の赤トンボ       キトンボです                        メスのようですが この1頭だけしか見つからなか...

フシグロセンノウ ノシメトンボ ヒメアカネ ヤマアカガエル?

 賞味期限が来る前に 在庫一掃 (^^;)   フシグロセンノウは何度かUPしましたが  まだ咲いていました    花びらの形には細いのや巾の広いのや      吉備高原に上ると、田んぼの稲穂は黄金色に実り    取入れを待っています   田んぼの辺で ノシメトンボに会いました、    メスですね    ヒメアカネも赤く色づいています   叢をガサゴソ動くものが...

丘の湿地に サギソウが咲いた

 丘の小さな湿地に サギソウが咲きました    白いサギが翼を広げた姿に似ているから サギソウ    湿原の叢にたくさん咲いています    長い距には蜜がたまっているそうです   ラン科 ミズトンボ属 サギソウ          環境省 準絶滅危惧       岡山県 絶滅危惧Ⅱ類     ホザキノミミカキグサの小さな花もまだ沢山咲いていた                   ...

ここにもいたハッチョウトンボ、 ヒメアカネも出た

  食虫植物のモウセンゴケの花を撮ろうと湿地のほとりを覗き込んでいると   え?  これは!  ハッチョウトンボ!!   メスだ    ここは あの 丘の上の小さな湿地   もう4年も通っているのに 一度も見たことがなかった。    かつてはいたかもしれないが、すでに絶滅したものと、思っていた。       生き残っていたんだ \(^o^)/    気を付けて湿地の中を探す い...

ヒメアカネとミズトンボ ホザキノミミカキグサほか 

   ヒメアカネは一番小さい赤とんぼです      未熟なオス  虫を食べている   もう何度も紹介しましたが     いつもの丘の湿地です      赤く色づいたオス       ハッチョウトンボに比べれば大きいが キイトトンボよりは確実に小さい           この日はオスばかり目立った   水辺にはもう一つのトンボ ミズトンボが 今年も咲いた         トンボと言っても...

(続) 盛夏のヒイゴ池

  ヒイゴ池湿地の続きです   ところでヒイゴ池の「ヒイゴ」って分かります?    どうも岡山弁のようです、子供のころは共通語だと思っていた、どの範囲で通じるのかな   「ひいごん子がくちゅう開けてまちょうるよ」などと使っていましたねえ、え?意味が分からん?    翻訳すると「ツバメの子が口を開けて待ってるよ」となります、      ヒイゴはツバメの事でした (^ー^*)   ...

ヒメアカネ オオアオイトトンボ

夏にヒメアカネのいた所に   マイコアカネ?    調べて見たら、やはりヒメアカネでした 白い顔になるんですねえ     この角度から見ると間違いなくヒメアカネ   トンボ目 トンボ科 アカネ属 ヒメアカネ  オスです    木立の間にはオオアオイトトンボ   オス       見分けの決め手は第10腹節だけが白い                これがメス      メス  背中...

エゾトンボ? 初撮り

サギソウの咲く湿原の上を飛んでいました  エゾトンボの仲間だと思います     エゾトンボ属のトンボは、     「近畿地方以南以西の西南日本では,      エゾトンボ とタカネトンボ  とハネビロエゾトンボ の3種しか分布しない」         そうだが、とてもよく似て区別が難しいという            どれにしても私には初見初撮り  とりあえず エゾトンボとしておこ...

近場の湿地 サギソウとウバタマムシその他

MFの一つ  近場の丘の上の湿地に  サギソウが咲きました   サギソウが見られる一番近い場所です    ホザキノミミカキグサも小さい花がたくさん咲いていた            この前は 黄色いミミカキグサの方が多かったのだが     最も小さい赤トンボ ヒメアカネも 赤くなりました      そしてこんなのもいました  ウバタマムシ  甲虫目 タマムシ科         私には...