峠の山小屋Ⅱ

ノビタキ 

 この秋2度目のノビタキです 今回はメスです...

9/30 星空公園 ハチクマ2 ノスリ1  ノビタキお立寄り

 今日の星空公園は朝から曇り、東の風やや強い トビとカラスは騒いでいるが、タカは渡らない 10時半を過ぎた頃 ノスリが1羽 低い位置を風に乗って飛んで行った 11時頃 晴れ間が広がったが 相変わらず強い東風  風のせいか今日は見通しがいい  はるか北方に 中国地方の最高峰 大仙が見えている 風に乗って低い位置をハチクマが1羽、しばらくしてもう1羽 11時40分を過ぎて、どんどん雲が増えて、完全な曇...

オオルリのメス?

 薄暗い林の中で出会った サメビタキ! と思いましたが オオルリのメスのようです   サメビタキは西日本では春と秋に通過する旅鳥ですね    ご指摘 有難うございました 大きな声で チーチーと囀るように鳴いていましたが 警戒音だったようです この谷はたくさんのオオルリが囀っています    メスはなかなか姿を見せないです  きっと 近くにヒナがいたのでしょうね...

オオルリ やっと会えた

 オオルリは10日ぐらい前から声は聴いていました やっと撮れました ボケボケだけど  いろいろ声は聞こえてきます   今日はコマドリも鳴いていました キビタキの声も聞こえました       なかなか撮るのは難しいですね...

春の里山 探鳥会 

 今日は地元の探鳥会でした 里山と周囲の田園を一回り  桜は散りましたが春の里山は花いっぱいです アケビの花 大きいピンクの花が雌花 小ぶりなのが雄花 コバノミツバツツジは満開 里山を紫に染めています  雄しべが10本あります 東日本に多いミツバツツジは雄しべが5本です ウグイスが 大きな声で囀っています  囀りがだいぶ上達しています 足元にスミレの群生があります ノジスミレと思ったのですが  側...

ニシオジロビタキ

チフチャフを見に行った帰りに  ちょっと寄り道をした ニシオジロビタキ  これも相当な珍鳥らしい 当然これも初見初撮 ジョウビタキと追っ駆け合いをしていた特徴的な ヒタキ類のポーズ 喉の橙色はオスだそうだ スズメ目 ヒタキ科 キビタキ属 ニシオジロビタキ   (日本産鳥類としては検討中の種) オジロビタキというのがいる  オジロビタキとニシオジロビタキは亜種とする説があったが  日本産鳥類目録改訂...

裏山で ルリビタキ ジョウビタキ メジロ シロハラ

裏山を一回り やっとルリビタキに会えました ルリビタキ オス・                         ちょっと大きくなるよ ルリビタキ メス(タイプ) ジョウビタキのメスも来た メジロはペアでヌルデのレストランは大盛況 シロハラも...

ノビタキ

  ノビタキをこのフィールドで確認したのは10月1日でした  最近はたくさんのノビタキを見ることができます  ススキの穂で風に吹かれて  セイタカアワダチソウの花も咲いて  もうしばらくは楽しませてくれそう...

ジョウビタキ  

  ジョウビタキはもっともポピュラーな冬鳥です   里山の周囲、畑のほとり、民家の庭にもごく普通にいます   畑のほとりで見た ジョウビタキのオス    翼と背中が綺麗な黒でないのはまだ若者なのでしょう   ジョウビタキは漢字は尉鶲  尉は能で老翁の役、またはその能面    銀髪の頭が 能楽の老翁役を 連想させるのでしょう      鶲はヒタキ類を意味する漢語    「ひたき」...

オオルリ探鳥会

  日曜日は私の町を流れる川を中流域から上流の峡谷まで車で移動しながらの探鳥会でした   小雨が降ったり止んだりのあいにくの天気でしたが、大勢の参加者で楽しい探鳥会になりました   ダイサギ、コサギ、キジ、イワツバメなどから始まって、最終は今回の目玉オオルリです   オオルリは高い梢に陣取って囀っていました   近くに降りてこないので、豆粒みたいでした、声はしっかり聞こえましたが&n...

今年の初オオルリと 谷の花

  里山で夏鳥の代表と言えばオオルリとキビタキでしょうか   キビタキはこの前撮影できたので  今回はオオルリです   渓流の側で盛んに囀っていました   ライバルがいるようで谷の両側で鳴き合っていました   尾羽の白い部分がよく目立ちます  こんなに白かったかな    背中の瑠璃色もきれいです          歌っている姿を撮ろうとすると似たよう...

春のノビタキ キタテハも

  先日の日曜日 地元の探鳥会に参加しました   田園と丘を巡る会でした、   ケリ、タシギ、アトリ、ニュウナイスズメ、ノビタキなど33種が見られました   頭の黒い夏羽のノビタキ オス です    遠くてこれが精一杯  今年の初見    秋から冬は頭の黒さがとれてメスと似たようになります  そういえば去年も 探鳥会の時に、この場所で ノビタキの初見を体験したのだった     ...

珍鳥 オガワコマドリ

  もう2週間も前のことです   オガワコマドリに 会いに行きました      2ヶ月ぐらい前から、珍鳥が来たと聞いていました、会えたらいいなと思っていました       遠いし 都合もつかなくて、もう居ないのではと諦めかけていたら      「まだいるから行こうよ」 友人に誘われて 急きょ 海外(?)遠征 橋を渡りました    オガワコマドリのオスだそうです         ...

ルリビタキ オン ステージ

  ルリビタキは裏山の冬のアイドル  幸せの青い鳥なんて言われたり   結構 いるのだけど、なかなか撮らせてくれない   最近いい場所を見つけた      ルリビタキの若いオスが      ステージでスポットライトを浴びているような     古い切り株も立派な お立ち台(懐かしい言葉)      下に降りてもいいですね    女の子も     バックが暗いと  きりっと引き...

シロハラ  ジョウビタキ

  シロハラが木の実を食べに来ました      ヌルデ(白膠木)の実でしょうか  白膠木はいろんな小鳥の好物ですね      シロハラはよく山道のほとりで落ち葉を掘り返して餌を探しています        車で通ると道端から飛び出して逃げます       ポピュラーな冬鳥です         スズメ目 ヒタキ科 ツグミ属 シロハラ     おまけは ジョウビタキ     ...

キクイタダキ ルリビタキ カワガラス

赤いのや青いのや黄色いのに会いたくて   裏山に・・・     赤いのにも、青いのにも、黄色いのにも 会えませんでした (T_T)   山に上がってすぐ、出会ったのは   キクイタダキ       トラックの通る広い道の堀切の斜面に生えた若いアカマツの中にいました     一瞬たりともじっとしていない     日本一小さい野鳥      体重3~5グラム 1円玉が1gだから 1円玉...

裏山の小鳥たちから メジロ ルリビタキ

  この前紹介したアカウソを撮った時に裏山で出会ったそのほかの小鳥からいくつかを   メジロは留鳥でいつでもいるお馴染     ルリビタキは裏山の冬鳥の代表ですが まだ人前にはあまり出てきません         幼鳥も同じような色ですが  これはメスかな      ルリビタキ  オス  成鳥      声だけ聞こえていたのがやっと出てきた       2月になるころには...

ルリビタキ シメ

  冬鳥が続々到着しています   ルリビタキです       綺麗なオスですが  高感度で撮ったのでざらざら    同じく ルリビタキ  メスだと思う        幼鳥もメスに似ているけど これは雌ではないかな     追記  若オスという意見もありますが どうでしょう、 とりあえず メスタイプということで    シメもいた  ...

秋のノビタキ

  稲刈りの始まっった田園地帯にノビタキがお立ち寄りです     北の山岳地帯で繁殖したノビタキは今南国へ移動の途中です   刈ったばかりの稲株に止まるノビタキのオス      冬羽に換羽中、目の周りは黒いが頭は茶色になってますねえ     大きくなるよ     換羽は完了しているそうです    これはこれで趣があっていいですが                      かっこいい...

エゾビタキ

   エゾビタキに 思わぬところで会いました   猛禽ランドと呼ぶ私の一番のフィールドです      海辺に近いゼロメートル地帯だから       エゾビタキは毎年鷹の渡りを見に行く丘の頂上で見ていました       丘から丘へと渡っていくのかと思っていたら 海辺にも立ち寄るんですね       スズメ目 ヒタキ科 エゾビタキ   日本では旅鳥        この前 丘の上で見...