峠の山小屋Ⅱ

中国山地の脊梁へ その1 ヒガラだけ?

友人に誘われて 中国山地の脊梁、標高1200mの山まで行ってきました  吉備高原を突っ切って、山脈に突入、1000mあたりから深い霧(雲?)の中へ、  視界が100m弱はありそうなので、晴れることを期待して、山道へ  霧の中から聞こえてきた声は コマドリ!    あこがれのコマドリに違いないが、まったく姿を見せない   ブナの原生林はしっとりと霧に濡れ、今まさに芽吹き始め  ブナ林の限界を超...