峠の山小屋Ⅱ

擦り切れたノスリ

 ノスリがいました 翼が擦り切れてボロボロです 羽ばたくと羽毛が飛び散っています。 換羽が始まっているようです。 タカ類は春から秋まで徐々に換羽するそうです。繁殖期と重なっています。 カラスに見つかると 面倒なことになるんだが・・・ 少々カラスが騒いでも悠然と・・・     おっとりしているようで貫禄のあるノスリです。  ノスリについての蘊蓄は  →  こちら ...

いないときのノスリ頼み

 今年はノスリも少ないですが、   フィールドを巡ると1羽や2羽のノスリには会えます。  昔は「クソトビ」「馬糞鷹」とも呼ばれたそうですが、   野鳥がいないときに ノスリの存在はありがたいですね。 飛び出そうとする姿は堂々たる鷹ですよね。  ノスリについての蘊蓄は  →   こちら    ※「馬糞鷹」にはノスリのほかに     チョウゲンボウやサシバの異名でもあったそうです。   どれも身近にごろ...

ノスリの飛翔

 スプリンクラーに止まっていたノスリが飛び出し・・・ 滑空して                ネズミでも捕まえるか・・・と思いきや また スプリンクラーに 止まった・・・ だけでした。     何にもしなかった・・・  ノスリについての蘊蓄は  →  こちら   ...

ノスリも鷹なのだが・・・

 ノスリという鷹がいます。   ほぼハシブトガラス大、太目で堂々とした鷹です。 電柱に止まるノスリは冬の農耕地の風物詩です。  トビを除けば一番身近なタカの仲間ですが、    昔は「クソトビ」とも呼ばれたそうです。トビ以下ですね。      ネズミやトカゲしか捕らないので鷹狩に使えないから  オオタカが鷹狩の鷹として武家の権威の象徴なのと対照的ですが、  畑のネズミを捕るノスリは農民の味方(畑の守...

賢くなくても風邪はひく ノスリ チョウゲンボウ

 山と草原で野鳥と虫ばかり相手にしていたのに、  やむを得ず人ごみの中に出かけることになった。  案の定というか一発で風邪を引いた。   喉をやられ咳が止まらず、熱も出て、一週間も寝込んでしまいました。  日ごろから、ウイルスに曝されていないと免疫がなくなってしまうようです。 在庫から ノスリの飛翔  チョウゲンボウ(♀タイプ)のホバリング 逆光なので顔が暗い 電線に止まったので 間近で見えた  同...

ジョウビタキ ノスリ クサシギ イソシギ アオアシシギ

    ジョウビタキが目立つようになりました。   ♀です      身近な冬鳥の代表です。    ノスリも馴染みの冬の鷹です    水路にはクサシギに    イソシギ    アオアシシギもまとまっています。    羽ばたきながら何かを追いかけている?   コガモなどのカモ類も増えました    水浴びするアオアシシギ    アオアシシギは旅鳥と言われていますが、ほぼ年中見かけます。     居つい...

菜の花とチュウヒ ノスリ

 黄色い菜の花(野生のカラシナ?)のそばにチュウヒがいます 飛び立ち 黄色の花は 冬枯れの野に色どりを添えています 灌木の中にノスリもいました...

ノスリ

 この背中 ノスリです  いつ行っても どこかで出会うお馴染みさんです れっきとしたタカの仲間なんですが カッコいいところだってあるんですが  人気は今一なんだよなあ...

再開します  ノスリ

 ブログ更新をサボっていたら、2ヶ月が経ってしまいました。(-_-;)  そろそろ再開しようと思います     ご心配かけましたが、         これからもよろしくお願いします。 冬になりました。        いろんな鷹が見られるようになりました。 まずはノスリです。 ノスリはチュウヒと名前が入れ替わったともいわれますが、   こんな姿を見るとまさにノスリ(野擦り)ですね 二羽のノスリが争っていま...

野原のノスリ

 ノスリといえば電柱の上にいることが多いのですが  地面に降りてエサを探していました  ノスリはトビの次によく見る冬のタカです...

カラスに絡まれるノスリ チョウゲンボウも

 ノスリにカラスが絡んでいます しつこく・・・ さらに しつこく・・・ チョウゲンボウにも...

ノスリの飛翔

 ノスリが よく見られるようになりました 今のところ5羽前後がフィールドに来ているようです  タカ目 タカ科 ノスリ属 ノスリ Buteo japonicus 鵟     岡山県 準絶滅危惧   留鳥 本州中部以北、北海道、四国の山地で繁殖、   冬は平野部に出て来る 冬季大陸から渡って来るものもいる     ここのフィールドでは冬鳥だが中国山地でも繁殖しているらしい...

ノスリ

 草原の上をノスリが飛ぶようになりました 頭上を弧を描いて帆翔しています ノスリはこの辺りでは冬鳥です 一部は山間部で夏を過ごすものもいるようです 冬のこのフィールドではトンビの次にポピュラーなタカです とは言っても最近はノスリでさえも少なくなりました...

9/24 星空公園 ハチクマ130+α サシバ4 ノスリ1 ハヤブサ1 

 9月24日(土) やっと星空公園に出かけることが出来ました 9時観察開始、 9時25分 ハチクマ8 を皮切りに10時までにハチクマ40 ノスリ1 10時30分頃 一挙にハチクマ70   その後もパラパラと連続し、サシバ4 ハチクマは合計130以上  ノスリは最近ここに到着したものらしく低空で餌さがし  地付きのハヤブサも見えた  午後3時以降は見えず、5時で終了 ハチクマ 小さな鷹柱 ハチクマ鷹柱...

春のノスリ

 二羽のノスリが仲良くしていると  突然カラスが襲撃 全く油断がならない お邪魔虫のカラスです」 行ってしまったかと思ったら また襲ってきた   ノスリの恋も 障害多しですね 草原に降りたノスリ 飛び立って 低空を滑るように このような姿は まさに「野擦り」ですね  まるで蝶みたい   前を横切るヒバリがご愛嬌...

ノスリ チュウヒ コチョウゲンボウ

 電柱の上にノスリがいました この冬はノスリが少なかったが、今頃になってよく電柱の上で見るようになった いつものチュウヒがふわりふわりと飛んでいます いつもノスリがとまる枝に小ぶりの猛禽らしき野鳥が コチョウゲンボウのようです、オスのように見えますが・・・ あとひと月ほどでみんな居なくなるのだろうな...

ハイイロチュウヒ ノスリ

 毎度お馴染みの ハイイロチュウヒ(メスタイプ) 木立の上に ふわり、ふわり 降りた ハイイロチュウヒの枝止まりは珍しい 一回りして戻ってくると ? ノスリに変わった!  別に変身した訳ないだろうし 飛び立つノスリ ハイチュウに比べるとずんぐり体型  最近コミミを食ったとか、おっとりしたように見えて結構怖いね...

カンムリカイツブリ冬羽 ノスリ チョウゲンボウ

 水路に カンムリカイツブリがいました 冠羽が立ってかっこいいですが、これでおとなしめの冬羽なのです  カンムリカイツブリ夏羽の写真は →  こちら 電線に止まるノスリ 久しぶりに見ました  枝かぶりですが チョウゲンボウも   ...

オオタカ成鳥 青空にノスリ

 昨日からまた雨、 3日前の写真です              早く雨が上がってほしいです 遠くの木の枝に白っぽいものが・・・   鳥? ファインダーを覗くと、 オオタカ! 成長のようです  遠くてぎりぎりの距離  ピントが厳しいです 比較的ましなのを目いっぱいトリミング 久しぶりに会えた  鋭い目つきがかっこいいでしょ 青空をノスリがゆったりと旋回していました 今年はフィールドのノスリが少ないで...

谷の秋 紅葉 野菊 ノスリ

  谷間の木々も紅葉しました 道端には野菊 ノスリが枯木に止まっています 平地の農耕地で電柱に止まるノスリとは雰囲気が違いますね...