峠の山小屋Ⅱ

ソリハシシギ チュウシャクシギ ホウロクシギ

 干潟を忙しなく走り回る小型のシギがいます   ソリハシシギでした チドリ目 シギ科 ソリハシシギ属 ソリハシシギ Xenus cinereus 反嘴鴫  旅鳥 干潟などで秋によく見られる  ずーっと 遠くに 嘴の長いシギがいました 大きいほうがホウロクシギ、小さいほうがチュウシャクシギです  チュウシャクシギが近くまで来ました  長い嘴を泥に差し込んで餌を探しています  嘴の長さでダイシャク、チュウシャク、コ...

干潟のシギチ(2) ハマシギ ダイゼン チュウシャクシギ

  夏羽のハマシギの群れ  大きいのはダイゼン    キアシシギもいます   羽ばたくダイゼン    夏羽のダイゼン  冬羽のままのダイゼンと夏羽のハマシギ    夏羽のハマシギは赤茶色の背中と黒い腹が特徴   飛び出すハマシギ  ハマシギは数百の群れで行動していた  チュウシャクシギです  獲物はカニ  満潮時に貯木場の材木のうえで休むチュウシャクシギ  ...

ダイゼン ハマシギ キアシシギ アオアシシギ チュウシャクシギ

  干潟にシギが集まっていました   大きいのがダイゼン 右手前がキアシシギ その向こうがハマシギかな     ダイゼンは周囲に6羽、ハマシギ4羽、キアシシギ2羽 まとまって居ました      中央はキアシシギ    右上が冬羽のハマシギで 左下がいくらか夏羽の残るハマシギでしょうか     なんだか別種のように見えるほど          ゴミが有ると見るに堪えないです    や...

ホウロクシギとチュウシャクシギ

  ホウロクシギがいました    若鳥のようです  クチバシがもっと長かったような気がするんだけど・・・    日本で見られるシギの中では最大    満潮だったので 材木の上で休憩中    チドリ目 シギ科 ホウロクシギ (焙烙鷸)     シベリア北東部で繁殖する     フィリピンからオーストラリアで越冬する       日本では旅鳥       環境省 絶滅危惧Ⅱ類       岡...

チュウシャクシギ  キアシシギ  ソリハシシギ

 隣町の干潟に シギを探しに行きました  チュウシャクシギは2・30羽の群が、あちこちで見られ100羽以上いるようです        泥の中に嘴を差し込んで  虫やカニを探している      短めの肢でせわしなく走り回っているのは       キアシシギです     カニは 一度洗って泥を落として 食べます      水たまりまでくわえて走る        キア...