峠の山小屋Ⅱ

炎天下のコオニユリ チダケサシ

 強烈な日差しを受けて コオニユリが開きました  炎のような色です  よく似たオニユリは野生化したものもありますが、  栽培品種(食用ユリ根)として奈良時代に渡来したものだそうです  多量のムカゴが出来ますが、種子はできません(3倍体)   ※オニユリは苦みがあり、現在ではコオニユリを改良した栽培品種が    食用ゆり根として広まっているそうです コオニユリは自生種と考えられているようです、種子が実...

鯉が窪湿原の花 オグラセンノウ コバギボウシ コバノトンボソウ 他

鯉が窪湿原にオグラセンノウが咲き始めたと              ニュースで言っていました さっそく週末に出かけました              オグラセンノウ 今年も会えました                 ナデシコ科 センノウ属 オグラセンノウ   絶滅危惧Ⅰ類の希少植物です クサレダマ 「腐れ玉」ではありません 草レダマ    サクラソウ科 オカトラノオ属 クサレダマ&...

鯉が窪湿原の花と虫(2) 

鯉が窪湿原の その2です                      エゾミソハギ            チダケサシ                      蜜を吸うのはコチャバネセセリ ヤマジノホトトギスも花が咲き始めていました        ユリ科 ホトトギス属 ヤマジノホトトギス 鯉が窪池の土手には ユウスゲも咲いていた        午後3時25分 咲き始めたユウスゲの...