峠の山小屋Ⅱ

タヒバリと冬のコオロギ 

 畑の中を小鳥が歩いていました。  ヒバリ?・・・ ではない 私は誰でしょう?    タヒバリでした~♫ なんか咥えてる クモではない、昆虫? 肢の形と長い触角がかすかに見えるので    コオロギの仲間のようですが、真冬でも生きているのかな? 虫をくわえている画像を拡大して見た  やはりコオロギ類の幼虫に見えます。 調べてみたら コオロギの仲間は一般には卵で越冬し、成虫は死滅します。 しかし...

セッカ タヒバリ ホシムクドリ

 葦の穂の上で こっちを見ているのはセッカだよね セッカは留鳥です  いつでも居るんですが撮りにくい鳥です 風に吹かれて耳の穴がぽっかりと見えた 背中の模様(白い筋)が特徴  水たまりのそばにタヒバリが 電線にホシムクドリが並んで止まっていました  最近は冬になると何十羽ものホシムクドリが来るようになりました...

タヒバリはクモがお好き

 田圃でタヒバリが      尾羽をひょこひょこ振りながら餌を探していました  セキレイの仲間なので尾羽を上下に振りながら歩きます 掴んだのはクモのようです 冬は虫が少ないので冬眠しないクモは貴重なタンパク源なのでしょう タヒバリはさほど珍しい冬鳥ではなく、冬の田圃ではよく見かけます スズメ目 セキレイ科 タヒバリ属 タヒバリ Anthus spinoletta 田雲雀、田鷚  ユーラシア東部から北米のツンド...

ニュウナイスズメ タヒバリ

 取り入れの終わった田圃のほとりに ニュウナイスズメ Passer rutilans がやってきました   オスです ほっぺが黒くないのが特徴 電線に20羽ほど並んでいました メスもいます 草むらで  下には普通のスズメが・・・  タヒバリ Anthus pinoletta もいまじた...

蓮田のシギチなど

     新しい顔ぶれでもいないかと 蓮田を覗いてみた       タシギが水浴びしている        ここでは集団で越冬しているお馴染みさん        タシギの前を歩くのは ヒバリシギかな        ヒバリシギも 越冬組だ       目の前にイソシギが現れた こいつは留鳥       ケリも留鳥 蓮田がホームグラウンドだ           ここで 子育てをする        6・7...

タシギの池  ケリとイカルチドリ

  以前紹介したタシギの池です                以前の記事は あれと  これと  今もタシギは健在です    いっぱい繁っていた緑の菱は跡形もなく   沢山いたタシギも5羽前後ですが    少し水の張ったため池の底で餌を探していました   ケリのつがいが飛んできた    よく見渡すと 小さな千鳥もいる  イカルチドリのようだ             タヒバリも...

その後のタシギの群   クサシギとタヒバリ?も

  ひと月ほど前に 水を抜いたため池に集まったタシギを記事にしました                        この前の記事は こちら   先日訪ねてみると、     この前は菱の葉に覆われて緑がいっぱいだった池の底は 緑が枯れ、灰色の泥だけ    モノトーンの世界に生き物の影など全くない・・・    あった!   双眼鏡でのぞくと イタ イター!      5羽も かたま...

コアオアシシギ タヒバリ ツグミ

フィールドの水路にシギがいた    コアオアシシギ?  ここではお馴染みのアオアシシギかと思ったが    シギの頭上を飛ぶ小鳥がいる ヒバリと違うようなので撮ってみた      タヒバリかな  遠いので小さすぎてよく分からないが      場所柄 ビンズイではないので タヒバリだろう      バックが煩雑でわかりにくい          スズメ目 セキレイ科 タヒバリ    ...