峠の山小屋Ⅱ

ニュウナイスズメ マミチャジナイ ミヤマホオジロ

山陽路の田園地帯では 稲刈りはほぼ済んでいますが、       それでも ところどころに まだ稲穂が残っています ニュウナイスズメが集まってきました      ほっぺの黒丸がないのが最大の特徴 スズメと 比べてみれば 違いがよく分かる     春から夏の間、この穴に巣を作っていました 里山に入ったところで マミチャジナイに出会った     林の中にすぐ消えた 道路の上の小鳥は ミヤマホオジロ! も...

まだいます ノビタキ

  ノビタキがまだいました    ノビタキのオスが セイタカアワダチソウの花に止りました    コスモスに止まるノビタキを「コスノビ」と言って秋の風物詩として写真に撮られますが      この場合「何ノビ」と呼ぼうかな 「セイタカノビ」とか「セノビ」なんちゃって (^^;)   メスが止まったのはもう咲き終わっていた        でも「女の子には花が無い」なんて言っちゃあだめですよ&n...

今朝の訪問者 

朝の庭から小鳥の声がにぎやかに聞こえてきます。 いったい何がいるのか?   確かめてやろうと庭に出て見ると 一番大きな声の主はやはり雀ですね。 いつものことですが、今年も「雀のお宿」になってますなあ おーい 家賃は体で払え!    俺のモデルになりなさい!  急いで逃げ出す奴、 やっぱり! シロハラだ、いつまでいるのかな?  枯木の梢にいるのは、シメではないか!...