峠の山小屋Ⅱ

青くないけど ルリビタキ ジョウビタキも

 ジョウビタキがヒッヒッと鳴いていました。 もっと鋭い声で ”ヒッ! ヒッ!”   ルリビタキかな ルリビタキ 雌タイプ(♀か幼鳥)でした   ルリビタキは冬の「青い鳥」の代表です。 頭から背中が瑠璃色の      成鳥のオスに会いたかったんだけど・・・ メスだって クリッと丸い目が可愛くて 嫌いじゃないですよ ヌルデの実を食べに来たようです。  次には青いオスに会いたいものです。     青いルリビ...

ジョウビタキ ノスリ クサシギ イソシギ アオアシシギ

    ジョウビタキが目立つようになりました。   ♀です      身近な冬鳥の代表です。    ノスリも馴染みの冬の鷹です    水路にはクサシギに    イソシギ    アオアシシギもまとまっています。    羽ばたきながら何かを追いかけている?   コガモなどのカモ類も増えました    水浴びするアオアシシギ    アオアシシギは旅鳥と言われていますが、ほぼ年中見かけます。     居つい...

白膠木の実を食べるシロハラ ジョウビタキも

 ルリビタキの好きな白膠木の実は いろんな小鳥が食べに来ます     一番たくさん食べるのは、あのお邪魔虫のヒヨドリですが  シロハラもよく食ています 不明瞭な眉斑があるのはメスだそうです 白膠木の実の果肉をしゃぶって、種子を吐き出しています  元来虫を食べるシロハラは木の実食と言っても硬い種子は食べないようです ジョウビタキも常連さんです  やっぱり 種子を吐き出していました...

ジョウビタキ ミヤマホオジロ カシラダカ

 今年は山の小鳥が少ないですね ジョウビタキ♀  ジョウビタキでさえなかなか会えない ミヤマホオジロにはやっと会えました 冠羽を立てて草の実をついばんでいました 別な場所ですが、 カシラダカも今季初見です   なぜかどれもが山間部ではなく 平野部の畑のほとりでした...

ジョウビタキ 喉から・・・

 この冬は山の冬鳥になかなか会えないですね 丸くなったジョウビタキ♂ですが やっと出会えました 咳き込むようにしながら 何やら喉の奥から はきだした 飛び出した白いものは 果皮のとれた種子のようです     ジョウビタキは 昆虫やクモ類を捕食するが、             冬はピラカンサなどの実も採餌する   本来虫食いだから 柔らかい果皮は消化して             硬い種子を吐き出して...

ルリビタキ ジョウビタキ

 ルリビタキ♂です 今季初でした 今季はなかなか会えなかったのですが、やっと出会いがありました 少し下った谷間で別の個体がいました ジョウビタキ♀にも会えました...

ハイタカの空中戦  冬の使者ジョウビタキ

 身近な冬鳥の代表 ジョウビタキ   しばらく前に到着していましたが   やっと 撮らせてくれました                   ジョウビタキ ♂ ジョウビタキ♀  何か叫んでいます スズメ目 ヒタキ科 ジョウビタキ属 ジョウビタキ Phoenicurus auroreus 尉鶲  チベットからバイカル湖周辺で繁殖冬期に南下、  日本では全国に冬鳥として渡来 最も身近な冬の小鳥             ...

菜の花にジョウビタキ

 菜の花にジョウビタキ(メス)が来ています これは 水路沿いに勝手に生えた野良のからし菜の仲間ですが   畑の菜の花もすでに満開です よく見るとユスリカでしょうか、小さな虫がたくさん飛んでいます ジョウビタキの狙いはこっちのようです まるで春のような光景ですが 今朝は我家の庭も雪化粧でした 暖冬のこの冬、やっと冬らしくなったようですが   思わぬ雪に日本中大混乱のようです    事故の無いよう気を...

裏山の小鳥 ベニマシコ メジロ ジョウビタキ ルリビタキ

 裏山を一回り 今日はまず ベニマシコの赤い子がいました なぜか1羽だけ 次に 囀りながら木の実を食べに来たのはメジロ 5・6羽の群だった ヒッヒッと言う声はジョウビタキ まだ若いオスのようだ 藪の陰で小さな声が・・・  待望のルリビタキ ただし瑠璃色ではない メスタイプ(メスか幼鳥)でした 背中が見える、尾羽だけが青っぽい  この冬はまだ青い背中を見ていない  早く瑠璃色の背中を見たいものです...

裏山散歩 ヤマガラ ジョウビタキ ルリビタキ アトリ シロハラ

 久しぶりに裏山を一回りしました 喧しく囀りながらエナガ、ヤマガラ、シジュウガラなどの                混群が通り過ぎていきました  撮れたのはヤマガラだけ ヒッ、ヒッ、   ジョウビタキ(♀)です 藪の中にちらっと見えたのはルリビタキ(♀) アトリも草の実を啄んでいました シロハラも来ました 茂みの中でアオジの声も聞こえました  裏山にも冬鳥がやって来たようです...

ジョウビタキがやってきた

 最も身近な冬の小鳥 ジョウビタキのご到着です  ジョウビタキ 尉鶲 ♂ 大口 せき込むように口を開いた瞬間 小さな黒いものを吐き出しました ある種のペリットと言えるでしょうか 銀髪で黒紋付の羽織、いかしたオジサマ 伸びをしているのですが  春までの長いお付き合いの始まりです   よろしくね      ジョウビタキについては → こちら...

裏山で ルリビタキ ジョウビタキ メジロ シロハラ

裏山を一回り やっとルリビタキに会えました ルリビタキ オス・                         ちょっと大きくなるよ ルリビタキ メス(タイプ) ジョウビタキのメスも来た メジロはペアでヌルデのレストランは大盛況 シロハラも...

雪は積もったけど ミヤマホオジロ カシラダカ アオジ ジョウビタキ

  雪が積もりました   今朝9時の積雪は 岡山市内で8㎝だそうです   うちの庭では 14㎝   新雪に猫の足跡だけが   表の道路は   雪景色は見られたのだけど・・・    これだけ降ったら、ノーマルタイヤではどこにも行けんがな (^^;)   歩く幅だけでも 困らないようにと、庭の雪掻きを始めたら      汗びっしょりで 息が上がって 心臓がバクバク もうダメ...

ミヤマホオジロを待ちながら  ベニマシコ シジュウガラ ジョウビタキ

  ミヤマホオジロが出て来るはずのところで朝から待っていました   場所が悪かったのか 14~5羽のミヤマホオジロが藪から出たり入ったりしているのだが   カメラの死角に入って撮れない (^^;)   やっと見えたメス      バックがゴチャゴチャ   枝に止まると 枝被り      待っても待っても いい所に出て来ない        やっと出てきた と 思ったら   ベ...

ジョウビタキ  

  ジョウビタキはもっともポピュラーな冬鳥です   里山の周囲、畑のほとり、民家の庭にもごく普通にいます   畑のほとりで見た ジョウビタキのオス    翼と背中が綺麗な黒でないのはまだ若者なのでしょう   ジョウビタキは漢字は尉鶲  尉は能で老翁の役、またはその能面    銀髪の頭が 能楽の老翁役を 連想させるのでしょう      鶲はヒタキ類を意味する漢語    「ひたき」...

里山の鳥散歩

  いつも行く近所の里山を一回りしました   今年は山の小鳥が少ないと聞きますが どうでしょうね   ルリビタキのメスタイプ    綺麗な瑠璃色のオスも藪の向こうにチラチラと見えたのですが 撮れなかった   よく似ているけど お馴染の冬鳥 ジョウビタキ これもメス   留鳥のヤマガラ(山雀)です   シジュウカラ(四十雀)   コガラ(小雀)も来た    一番小さいコガラが...

やっぱりハイタカじゃないかなあ

  今日はいつものフィールドで地元の探鳥会でした   カモ類を中心に45種はこの時期にしてはちょっと寂しい数でしたが楽しい探鳥会でした   中でも猛禽は ミサゴ、トビ、ノスリ、チョウゲンボウと    こいつです    誰かが 「オオタカ!」と叫ぶ     「ハイタカじゃないかなあ」という人              ああだこうだと、ワイワイガヤガヤ これだから探鳥会は楽しいね     ...

シロハラ  ジョウビタキ

  シロハラが木の実を食べに来ました      ヌルデ(白膠木)の実でしょうか  白膠木はいろんな小鳥の好物ですね      シロハラはよく山道のほとりで落ち葉を掘り返して餌を探しています        車で通ると道端から飛び出して逃げます       ポピュラーな冬鳥です         スズメ目 ヒタキ科 ツグミ属 シロハラ     おまけは ジョウビタキ     ...

ジョウビタキ

  ジョウビタキが来ました       ジョウビタキ                          メス    ジョウビタキはもっともポピュラーな冬鳥ですね      冬の使者 ジョウビタキ       今年は沢山の冬鳥が来るといいな...

フライングキャッチする ジョウビタキ 

 前回の続き カモを観察していると    手前の木の枝で、何か小鳥が飛んでいる       ジョウビタキのメス    飛び出して       また戻り     暖かくなったので 虫が飛んでいるのかな    ジョウビタキもこの冬は少なかった        もう少しで 北の故郷へお帰りかな おまけ      前方のカモにピントを合わせると        ツクシガモ マガモ ヒド...