峠の山小屋Ⅱ

あれから4か月の小田川にて イカルチドリ イソシギ ほか

 西日本豪雨災害から4か月  倉敷市真備町と上流の小田川流域では今も復旧工事が続いています。  上流部の我町でも堤防の決壊、護岸の崩壊、家屋の流失など大きな被害が  有りましたが、応急手当のままで本格復旧工事はまだこれからです。 それでも 平素の小田川は水の少ない穏やかな流れです  井堰にチドリが遊んでいました。 イカルチドリだと思います イソシギもいた  イソシギはその名に似合わずかなり上流まで...

カワセミ  

 お目当ての鳥が出て来なくて  目の前に来たカワセミを撮ってみました  くちばしが上下とも黒いのはオスですね 背中のブルーが綺麗です  漢字では翡翠です、   ヒスイと読めば宝石ですが 漢字の語源は鳥の名でカワセミのこと   翡翠のように美しい玉のことも翡翠と呼ぶようになったそうです   日本語ではカワセミとヒスイと呼び分けますが、漢語ではどっちも翡翠です 水路に飛び込んで、小さなエビを捕ってきた...

飛び込むカワセミ トキソウ カキラン シソバタツナミソウ?

 飛び込むカワセミ     カワセミは普段撮らないのですが 偶々いたのと 久々に出会った野鳥ということで シャッターを押しました 湿地ではトキソウや カキランが咲いていました 暗い林のほとりに 浮かび上がるように青白い小さな花が咲いていました   近付いてみるとタツナミソウの一種のようです 草丈は10㎝ぐらいで背の低い草です シソバタツナミソウではないかと思いますがよくわかりません  誰か教えてほ...

カワセミ ダンス?

 水路の葦の切り株にカワセミが止まっていました 飛び出すのかと思ったら 風に吹かれて  ダンスしているみたい 飛び出しても バランスをとるのも難しい...

カワセミ

 渓流のほとりにカワセミがいました 獲物はカワヨシノボリのようです 頭から丸吞み 背中のブルーが綺麗です  下嘴が橙色は♀です カワセミのブルーも雉や孔雀の羽色と同じで色素ではなく構造色です つぶらな瞳がかわいい 後姿をもう一枚 ブッポウソウ目 カワセミ科 カワセミ属 カワセミ Alcedo atthis 翡翠、魚狗  ヨーロッパから極東まで広く分布  日本では北海道で夏鳥、本州以南で留鳥  翡翠をヒ...

ミヤマガラス カワセミ チュウヒ

在庫から ミヤマガラス Corvus frugilegus が来ています 大陸から渡ってくる冬鳥です   数羽のコクマルガラスが混ざって来るのですが、今年はまだいないようです 水路に カワセミがいます  オス成鳥のようです  目の前に来たので、ついシャッターを押してしまった 午後の陽を浴びて チュウヒが飛翔しています 目先をちょろちょろする小鳥はヒバリかな 真上に来た  チュウヒは低空を滑るように飛ぶので...

カワセミ幼鳥 なかよし? 

 カワセミの幼鳥 2羽います    胸が黒っぽいのは幼鳥の特徴 大きな声をあげながら追っかけあいをしています ケンカというよりじゃれ合っているように見える ぶつかり合っても離れない 行くよ~   さあ来い! 仲の良い姉妹みたいに見えるのは思い過ごしだろうか 大物ゲット わーい! 捕ったど~♪ 久しぶりに カワセミに遊んでもらいました    他に何にもいなかったので・・・ ブッポウソウ目 カワセミ科...

仰々しい? オオヨシキリ   カワセミも

オオヨシキリです   声だけは、だいぶ前から、聞こえていましたが、   やっと姿を見ました  今季初撮りです    いい顔だねえ        やはり大声を張り上げて歌っている所がいいね おまけは      カワセミ  エビを獲ってる    わお!  丸呑み  自分用か~~  雛に運ぶのかと・・・  カワセミは撮らないつもりだったのに、目の前に飛び込んでくるのでつい撮っ...

カワガラス  餌取りに大忙し

カワガラスは餌取りに大忙し     なにしろ巣にはおなかをすかした子供が待っています  水中から頭を上げると、咥えているね、小さい川虫 カワゲラの仲間かな   これはちょっと大きい カワトビケラの仲間のよう     これは分かりにくい  カゲロウかな  泳ぎながら潜っては虫を捕って顔を上げ    水しぶきが綺麗  いい顔している 小さくて足の長い虫は何だ?  おまけは&n...