峠の山小屋Ⅱ

マルムネジョウカイ キアシカミキリモドキ オバボタル 山道で出会った小さな甲虫

 裏山の道の辺でにいろんな虫に出会った。 まずは甲虫の仲間から マルムネジョウカイと言います。 ジョウカイボンという甲虫の一種  ジョウカイボンの漢字は浄海坊 浄海は平清盛の法名 なぜ清盛なのか?   想像だが   熱病で死んだという清盛(触れると火傷するほど熱かったという伝説)   体液に触れると火傷する火傷虫と呼ばれるジョウカイボンを       清盛の恨みや祟りになぞらえたのかも 胸部が丸い...

林床の虫たち オバボタル テングアワフキ ウエノカワゲラ ホシウスバカゲロウ

 森の周囲にはそのほかにもいろんな虫がうろついています ホタル科オバボタル  光らないホタルと言われますが、かすかに光ります   幼虫は土壌中で生活し、ミミズなどを捕食する アワフキムシ科テングアワフキ         草の茎に白い泡の塊を作るアワフキムシの成虫です  カメムシ目の仲間なので針状の口で草の樹液?を飲みます カワゲラ科カミムラカワゲラ属の一種  時期的にウエノカワゲラかな?  幼虫は...

ヒメコブオトシブミ キイロクチキムシ オバボタル

 ヒメコブオトシブミが葉を巻いて揺籃を作っています こちらでは 合体!! オトシブミについての薀蓄は → こちらでどうぞ 黄色い甲虫がいました  触角と複眼と肢が黒くてのこりの全身真っ黄色  調べてみたらキイロクチキムシのようです 甲虫目 クチキムシ科 オモナガクチキムシ亜科             キイロクチキムシ Cteniopinus hypocrita 黄色朽木虫      オバボタルもいました        ...

自然保護センターにて(2) ハッチョウトンボ オバボタル ドクガ ヒメギス 

  自然保護センターではいくつかの虫にも出会いました               その中からいくつかを紹介します  ハッチョウトンボはここでも 一番の人気者です    オス    メス    ハッチョウトンボは ここでも 少ないようです 捕食者が増えたのでしょうか  草の葉に 小さな甲虫がいました ホタルのようです  オバボタルだと思います  初見初撮りです    甲虫目 ホタル科 オバボタル属 ...