峠の山小屋Ⅱ

岡山県自然保護センター  トンボ観察会に参加して

 およそ1年ぶりに岡山県東部にある自然保護センターを訪れました 朝露に濡れたユウスゲの花 センター主催のトンボの観察会の一行に合流させていただきました 最初の池のほとりでチョウトンボ モノサシトンボのたくさん飛ぶ林縁の道で 綺麗なハムシを見つけました アカガネサルハムシというそうです オニヤンマの羽化を発見 翅が伸長したところのようです 産卵弁があるのでメスです 一回りした帰り道でオニヤンマのオス...

自然保護センターにて ネジバナ ホタルブクロ カワラナデシコ オグラセンノウ クサレダマ コオニユリ コウホネ

  岡山県自然保護センターというところがあります  県内とはいえ 西端の広島県境に住んでいると、    東の端にある自然保護センターは わざわざ行くにはちょっと遠いです     岡山に行く用事があったので、ちょっと足を延ばして行ってみました   約100ヘクタールの里山の自然を生かした学習・研修施設です   タンチョウの飼育をしていることでも有名です  ネジバナが池の土手で出迎えてくれます珍しくは...

鯉が窪湿原の花 オグラセンノウ コバギボウシ コバノトンボソウ 他

鯉が窪湿原にオグラセンノウが咲き始めたと              ニュースで言っていました さっそく週末に出かけました              オグラセンノウ 今年も会えました                 ナデシコ科 センノウ属 オグラセンノウ   絶滅危惧Ⅰ類の希少植物です クサレダマ 「腐れ玉」ではありません 草レダマ    サクラソウ科 オカトラノオ属 クサレダマ&...

鯉が窪湿原の花と虫

 鯉が窪湿原は岡山県の北部、   新見市哲西町にあり、 標高550m、  「鯉ヶ窪湿性植物群落」として国の天然記念物に指定、  西の尾瀬沼と称される          観光案内風に言えばこんなところ  今年になってからは、初めて行ってみた      今は夏から秋へ 移行の時期  まず迎えてくれるのは サワギキョウ     オグラセンノウは 鯉が窪湿原のマスコット的存在    九州の...

鯉ヶ窪湿原 ビッチュウフウロとオグラセンノウ ムラサキシジミも

鯉ヶ窪湿原は雪解けの時期から秋の終わりまでに 色とりどりの花が咲きますが、  サギソウと並んでこの時期を代表するのは ビッチュウフウロです      フウロソウ科 フウロソウ属 ビッチュウフウロ          岡山県 準絶滅危惧       中部,近畿,中国の限られた地域に生息する    岡山県の標本をもとに命名されたフウロソウ  フウロソウにはイヨフウロ、ツクシフウロ、ハ...